メニュー

ERROR

2023.10.01

秋季関東大学リーグ戦 9月30日 神奈川・慶大日吉記念館

専大に第3セットを奪われるも、次セットで立て直し勝利!

 秋季関東大学リーグ(秋リーグ)、4戦目は左利きの2人を主軸とする専大との対戦。第3セットに大量リードを許し、水町泰杜主将(スポ4=熊本・鎮西)、途中出場の佐藤遥斗(スポ1=東京・駿台学園)を中心に追い上げを見せるも、惜しくも逆転はならず。セットカウント3―1(25-18、25-20、21-25、25-15)で勝利した。

 第1セットは、サイドからの攻撃に加え、MB伊藤吏玖副将(スポ4=東京・駿台学園)のクイック、OH山田大貴(スポ4=静岡・清水桜ヶ丘)の緩いサーブによるサービスエースで順調な滑り出し。中盤には、タイムアウトを挟みながらも両者の高い壁による2連続ブロックポイントがあり、16-11とリードし、点差を保ちながら終盤へ。途中出場の佐藤のサーブで崩し、伊藤のクイックでセットポイントを握る。続くラリーはものにできなかったが、リベロ荒尾怜音(スポ4=熊本・鎮西)、佐藤のディグによるが光った。最後は山田がエンドライン際にクロススパイクを決め、セットを先取した。

身長185センチながら、高い到達点をほこる安食

 続くセットでは、前半は一進一退の攻防が続いたが、OP畑虎太郎(スポ2=福井・福井工業)のアタックやサービスエースから流れを引き寄せる。終盤は相次いで選手を入れ替えた。21-17の場面で水町に代わって安食浩士(スポ1=宮城・東北が)コートに入ると、高い打点からバックアタックを決めた。これまで攻撃を強みとしていた安食だが、サーブレシーブにも参加した。ディグリベロの布台駿(社4=東京・早実)が片手でスパイクを跳ね返してつなぎ、山田が決めきる。25-20でこのセットも奪った。

喜ぶ荒尾(手前)、山田(右)、水町主将

 第3セットは、専大のブロックポイントが続き、序盤から5―10と引き離された。再び佐藤がコートに入り、強力なサーブを入れるも、なかなか点差は縮まらない。その後、水町のクロススパイクでブレイクして15-20とすると、流れが早大に傾く。水町のノータッチサービスエースを含む3連続ポイントで、21―23まで点差を縮めるも、逆転は叶わなかった。21-25でこのセットを献上。第4セットでは、水町のサービスエース、セッター前田凌吾(スポ2=大阪・清風)の1枚ブロックで会場を沸かせ、再び主導権を握る。セット後半では、アジア競技大会帰りの麻野堅斗(スポ1=京都・東山)が出場。麻野のクイックが決勝点となった。

(記事 指出華歩、五十嵐香音 写真 芦刈れい)

 

セットカウント
早大 25-18
25-20
21-25
25-15
専大
スタメン
アウトサイドヒッター 水町泰杜(スポ4=熊本・鎮西)
アウトサイドヒッター 山田大貴(スポ4=静岡・清水桜が丘)
ミドルブロッカー 伊藤吏玖(スポ4=東京・駿台学園)
ミドルブロッカー 板垣慧(政経2=京都・洛南)
オポジット 畑虎太郎(スポ2=福井工大福井)
セッター 前田凌吾(スポ2=大阪・清風)
リベロ 荒尾怜音(スポ4=熊本・鎮西)
途中出場
布台駿(社4=東京・早実)
浅野翼(スポ3=宮城・東北)
麻野堅斗(スポ1=京都・洛南)
安食浩士(スポ1=宮城・東北)
佐藤遥斗(スポ1=東京・駿台学園)
菅原啓(教1=山形南)
コメント

伊藤吏玖副将(スポ4=東京・駿台学園)

――今日の試合を振り返って

 1、2セット目に関しては、自分たちのやりたいことができたかなと思います。3セット目は、相手が何かやってきたといよりは、つなぎのボールのミスなどが原因で点差がててしまった。それに対して自分たちも何もせずというか、何も工夫せずにずるずると点差が開いて落としてしまっていて、春リーグや東日本インカレでも課題だった部分でした。そこを改善できると思いますし、まだまだ自分たちのミスが多いなと思います。

――ご自身のプレーについてはいかがですか

 前半こそブロックであったりクイックであったり点を取れていたのですが、後半あまり決められていないので、そこは自分がもっと工夫することで点を決めるような展開に持っていけたらいいなと思います。

――専大は左利きが2人でライト主体のチームでしたが、結構珍しいですよね

 そうですね。アウトサイド( OH)と対角(OP)両方が左利きというのはなかなかないかなと思います。

――ブロックをする上で気をつけていたことはありますか

 攻撃の軸が左利きなので、まずはブロックの位置、そして出し方ですね。クロスに打たれることが多いので、右手をしっかり出していくということを意識はしていたかなと思います。

――秋リーグをどのような大会にしたいですか

 自分たちは秋リーグももちろん優勝したいんですけど、1番優勝したいのは全日本大学選手権(全日本インカレ)なので、まずはそれに向けて土台作りというか、チームとしての完成度を高めていけるような大会にしていきたいと思います。なおかつ、自分たちの代が始まったときに4冠という目標を掲げたので、秋リーグでも優勝したいです。

――次戦への意気込みをお願いします

 明日は中大戦ですが、今年の戦績でいうと春はフルセットで負けていて。秋リーグの中でも結構山場だと思うので、チーム一丸となって頑張りたいと思います。

安食浩士(スポ1=宮城・東北)

――久々の公式戦出場だったと思いますが、まずは夏の間どんなところに力を入れていましたか

 出場できる機会が少ないので、その中で少しでも与えてもらったチャンスを生かせるように、トレーニングやレシーブ練習には特に意識的に取り組んできました。

――今日のご自身のプレーを振り返って

 久々に入って緊張したのですが、最低限のプレーはできたかなと思います。

――水町主将と代わること、何か感じますか

 泰杜さんみたいにとかは全く思わない、思えないんですけど、その中で1年生らしくということを意識してプレーできたかなと思います。

――今日の試合の収穫は

 ベストではなかったんですけど、その中でも自分の力で1本決めきることができたのは、自分にとってプラスになったと思います。

――ベストではなかったとは

 1本サーブレシーブが短くなってしまったことです。あの1本を返せるかどうかということがすごく重要だと思ったので、そこは返せなかったのが悔しくて。まだ完璧ではないです。

――秋リーグの目標を教えてください

 まだ4戦目でこれからも先は長いんですけど、しっかりやることをやりつつ、期待を与えていただいたら、自分の役割を全うしたいと思います。