メニュー

ERROR

2023.09.23

秋季関東大学リーグ戦 9月23日 立大新座キャンパス

フルセットの激闘の末、今季初勝利!

 秋季関東大学リーグ戦(秋季リーグ戦)も中盤に差し掛かり第5日目を迎えるが、早大は未だ勝ち星がない。今節の対戦相手は春季リーグ戦でストレート負けを喫した国際武道大。春のリベンジを誓い、コートへと向かう選手たちの眼差しには闘志が宿っていた。1セット目から相手ブロックに的を絞らせない攻撃を展開し、2セットを先取する。中盤こそ劣勢になったものの、粘り強く戦い、見事フルセットマッチを制した。

 第1セット、大松美羽(スポ1=沖縄・首里)のライン際のスパイクや、南里和(商3=東京・女子学院)の2連続サービスエースなど、序盤から上々の立ち上がりを見せる。流れを掌握した早大は、先に20点台に乗るが、サーブミスなどの自陣のミスで20―16と差を縮められる。しかし、秋重若菜主将(スポ3=大阪・金蘭会)が渾身のバックアタックを決め、チームの士気を高める。そのまま、最後は相手のサーブミスで25点目を取り、1セット目を先取した。第2セットは終始一進一退の攻防戦が繰り広げられる。10-10の場面で秋重がレフトからのスパイクで3点を連取し、ブレイクする。しかし中盤、相手のクロスコースに決まるスパイクに苦しみ、20-20とまたも競った展開に。しかし、ここで西崎梨乃(スポ1=大阪国際滝井)のクイックでまたもブレイクする。再び流れを呼び込んだ早大、最後は相手のスパイクミスでセットを連取した。

相手サーブをレシーブする山崎葵(社2=岡山・就実)

 このままストレートで勝利を収めたいところだったが、勝負はそう甘くはなかった。3セット目は国際武道大が一歩リードの状況が続く。僅差のまま19―21となった段階で、またもディグが乱れ、連続失点。終盤も速攻系の攻撃で果敢に攻め、逆転の兆しは垣間見えたものの、最後はブロックアウトで、第3セットを落とした。続く第4セットも厳しい展開が続く。第3セット同様、終始拮抗した展開の中、19-16と早大が一歩リードの場面でサーブミス、ホールディングなど立て続けにミスが出てしまい、逆転を許してしまう。またも流れを明け渡してしまった早大。最後はライトからのスパイクで25点目を決められ、セットカウントは振り出しに戻った。

 後がない最終セット。序盤は4セット目の流れのまま、国際武道大が優勢に。あらゆる方向からのトスワークで攻撃に翻弄された。7-8と先に8点目を取られ、コートチェンジ。僅差の状況で一歩リードを許し、なんとかブレイクが欲しいところでエース・秋重が中央突破の強烈なパイプ攻撃を決め、会場を沸かす。大松も負けじとライトからエンドライン際にスパイクを決め、早大はブレイクに成功する。リズムを取り戻した早大は主導権を取り戻すと、最後は秋重がレフトからクロスコースに痛烈なスパイクを叩き込む。フルセットに及ぶ激闘の末、今季初勝利を手中に収めた。

得点を決め、笑顔を見せる神戸彩有(文構4=長野・松本県ヶ丘)(左から3番目)

 今季、競った場面で流れに乗り切れなかった早大。この日も2セットを先取しながらも、国際武道大の反撃に押され、セットカウント2-2まで持ち込まれた。これまでなら踏ん張り切れなかったかもしれないが、今節に懸ける彼女たちの想いは並大抵ではなかった。笑顔を絶やさず、明るい雰囲気を保ち続け、土壇場で息を吹き返した。逃しかけた初勝利を手繰り寄せたこの試合は「成長につながる試合になった」と秋重が振り返ったように、早大にとって殻を破ることができた一戦となっただろう。秋季リーグ戦は折り返しを迎え、残るはあと4試合。激闘を制した勢いに乗り、最下位に沈んだ昨季からの逆襲を果たしたい。

(記事 帖佐梨帆 写真 星野有哉)

セットカウント
早大 25-18
25-21
20-25
22-25
15-12
国際武道大
スタメン
レフト 秋重若菜(スポ3=大阪・金蘭会)
レフト 神戸彩有(文構4=長野・松本県ヶ丘)
センター 徳山奈々美(スポ3=兵庫・加古川西)
センター 西崎梨乃(スポ1=大阪国際滝井)
ライト 大松未羽(スポ1=沖縄・首里)
セッター 南里和(商3=東京・女子学院)
リベロ 山崎葵(社2=岡山・就実)
コメント

秋重若菜主将(スポ3=大阪・金蘭会)

――今季初勝利となりましたが、率直な感想を教えてください

 嬉しいです!

――今日の試合を振り返っていかがでしょうか

 春は負けてしまった相手で、向こうも成長してきているので、その中で勝てたのは今後の試合にも大きく影響してくると思います。本当に勝ててよかったし、 成長につながる試合になったなと思います。

――春季リーグ戦ではストレート負けした国際武道大に今日勝利できた要因はどこにあると思いますか。

 新しいディグのフォーメーションが上手くハマって、相手より上げられる本数多かったり、なんか粘り勝ちできる場面が多かったりしたので、そこが勝てた要因かなと思います。相手の攻略が上手くできたのが勝てた要因かなと思います。

――今日の反省点はありますか

 反省点はやっぱり自分がちょっと3セット目で(足を)つりそうになって、そこからミスが多くなって、周りもちょっとそれに影響されて、自分たちの自滅が多くなっちゃったのが、良い流れを切ってしまった原因だと思います。自滅をなくして、 相手からのミスを誘うぐらいのプレーを明日は出していきたいなと思います。

――今季はブロードやクイックなど多様な攻撃を仕掛けていますが、現在のコンビの感触はいかがでしょうか

 コンビの感触はすごくいいです。 完成度がまだまだ低くて、少しミスも多いのですが、ものにできたら、攻撃の幅も広がって、 さらに強くなっていけるのではないかなと思います。

――秋季リーグ戦も中盤に差し掛かりましたが、今季のチームの目標を教えてください

 チームとしては2部優勝で、その目標は大会期間中ずっと変わらないです。今日以降の試合で絶対に1セットも落とさないという目標もあるので、勝ち切りたいです。

――明日の立大戦への意気込みをお願いします

 もうぶちかましたいと思います!

林穂乃花(スポ2=東京・国分寺)

――サービスエースが多く決まっていましたが、ご自身で振り返っていかがでしょうか

 今までリリーフサーバーで出させてもらう機会があった中で、なかなか自分で得点を取る機会がなかったのですが、安定してサーブが入るようになって、自分で点数取れたので、すごく今まで頑張ってきてよかったなと思いました。

――林選手がコートに入ると、チームの雰囲気が明るくなる印象があります。コートに入る際に意識していることはありますか

 自分はバレー関係なく、チームの中でうるさい担当というか、盛り上げ担当みたいな感じだと思っているので、 チームが劣勢になった時に一気に流れを変えられるのは点数取ることももちろんですが、空気がすごく大事だと思うので、そこを意識してやっています。

――ピンチサーバーとしての起用が多いですが、どのような狙いでサーブを打っていますか

 相手のレセプションする人で前衛の人がいたらそこを狙ったり、自分が得意なコースを狙ったりしています。あとはアナリストがデータを出してくれるので、そこでCE率が高い人を少し意識的に狙ったりとかしています。

――林選手の一番の持ち味を教えてください

 持ち味は笑顔です!

――次戦の立大戦への意気込みをお願いします

 気持ちよく勝った試合は久しぶりなので、この流れを明日も持ち越せるようにして、残りの試合も全勝できるように頑張りたいと思います。