メニュー

ERROR

2022.04.01

春季オープン戦 4月1日 神宮球場

神宮大会覇者に10安打9得点の大勝! リーグ戦へ弾みをつける/中央学院大戦

TEAM
中央学院大
早 大 X

 東京六大学春季リーグ戦(リーグ戦)開幕まで残り2週間を切った1日、早大は昨年の神宮大会優勝校の中央学院大との1戦に臨んだ。

 早大の先発は加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)。初回に先制を許すも終始落ち着いた投球で試合を作る。ここ最近繋がりを欠いていた打線は先制を許した直後の1回裏、連打と死球で1死満塁のチャンスを作り、打席には生沼弥真人(教3=東京・早実)。3球目を捉えた当たりは左前適時打となり、同点に追いつく。次の吉納翼(スポ2=愛知・東邦)も右前安打と続き一挙に逆転に成功。この回もう1点を追加し、2点をリードする。3回には、印出太一(スポ2=愛知・中京大中京)の適時2塁打などで3点を追加し、試合の主導権を握る。その後も7、8回と得点を重ね、投手陣も序盤のリード活かし、丁寧な投球で昨年日本一に輝いた強豪を3点に抑え込む。接戦が予想された試合であったが、終わってみれば9対3と早大の快勝となり、リーグ戦に向け自信をつけた一戦となった。

2打点を上げた印出

先発で試合を作った加藤

好調をキープしている吉納

好救援した中森光希(文構2=大阪・明星)

(記事 山本泰新、写真 湊紗希)

※記事中の学年は新年度のものです。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、試合後の選手へのインタビュー取材、ならびにコメントの掲載を控えています。