メニュー

ERROR

2020.12.01

関東学生2020特別大会 11月29日 駒沢オリンピック公園陸上競技

丸田組ラストゲーム 宿敵・慶大に敗れ優勝には一歩届かず

  1Q 2Q 3Q 4Q
早大
慶大
▽得点者
森久、片山、北野

 丸田組が迎えた最終戦。FINAL、さらに相手は宿敵・慶大という最高の舞台だ。先週行われた中大とのFINAL4を制した早大は今年も「関東王者」に君臨すべく、FINALに戻ってきた。また、別ブロックで慶大が勝ち上がってきたため、新型コロナウィルスの影響で中止になった華の早慶戦がFINALで実現することとなった。一昨日、早大はMF徳増慶太(政経4=東京・早大学院)率いるBチームが準リーグで優勝し、新人戦無冠に終わった丸田組に初タイトルをもたらしたばかり。チームは一層、今大会優勝に向けて士気が高まっていた。

 独特の緊張感の中、試合の火蓋は切られた。負けられない一戦、開始直後、立て続けに慶大の立石真也主将に得点を決められてしまう。だが動じることはない。ここから点差を詰め、さらには逆転し突き放すのが早大だ。しかしその後相手ディフェンスに阻まれ切り込めず、ゴールが遠い状態が続く。第1クォーター(Q)終了間際、またしても慶大、立石主将に得点を許し、第2Qへ。互いにシュートが決まらずこのQは両校無得点のまま、0−3で試合を折り返す。流れを引き寄せたい第3Qは、FOからの流れで慶大のロングシュートが決まり0−4に。点差が広がってしまった。差を詰めたい早大は、3Q開始5分、MF森久優太(商3=埼玉・早大本庄)から待望の得点が生まれ、ようやく1点を返し、そのまま1−4の3点ビハインドで運命の最終Qを迎える。

 

2得点目を決めスタンドに向けてガッツポーズをする片山

 

 少しずつ早大に流れは来ていた。4Q開始1分半、今大会自らのゴールで試合の転機をつくってきたAT片山浩平(スポ4=長野・上田西)が左からのシュートを決め、追加点をもたらした。スコアは2−4、早大が誇るライドが機能し、G佐藤真(商4=東京・早大学院)の好セーブもあり、試合はさらに盛り上がりをみせる。その後、追加点を狙い果敢にシュートを打つも決まらず、試合時間は残り4分に。早大はチームタイムアウトを取り、最後の勝負に出る。タイムアウトが明け、試合時間は残り2分半、ここにきて、AT北野夏飛人(商3=東京・明星)が1点差に詰め寄るシュートを決めてみせた。会場の盛り上がりは最高潮に。まだ勝敗は分からない。そう信じ、何が何でも追いつかなくてはならない早大は攻の姿勢を続ける。しかし残り1分、ゴールを揺らしたのは慶大だった。試合を決める得点を許し、思わずその場になだれ落ちる早大の選手たち。慶大に一歩及ばず、3−5で試合終了のホイッスルが響いた。同時に、大会準優勝という結果で丸田組4年生は引退となった。

 

相手に試合を決める得点を許しその場に座り込む北野

 

 FINALの舞台で交わるべくして交わったともいえる早慶。勝ち進んできた両校の実力が拮抗(きっこう)し、最後までどちらが勝つか分からない展開だった。新型コロナウィルスの影響で学生王者や日本一を決める大会は中止になったが、早稲田の伝統を背負い、与えられた大会の頂点である「関東王者」を目指して進んできた丸田組。惜しくも、FINALで敗れてしまった。試合後、主将・丸田敦司はこう強く放った。「勝っても後悔することはある。けれど負けたらもっとある」。誰よりも勝負の世界の厳しさを噛み締めたゆえ出てきた言葉だ。周囲の4年生も異口同音に「勝負の世界では勝てなければ意味がない」と語り、大学ラクロスを終えた。「関東王者奪還」、「真の日本一達成」という目標だけでなく、『勝利への執念』が、共に悔しさを味わった後輩たちに引き継がれたに違いない。「後悔しないように」。丸田組の軌跡の上に、新しい、さらに強い早稲田が築かれていく。

(記事 後藤泉稀、写真 内海日和、後藤泉稀)

コメントは別途インタビュー集として掲載しております
関連記事

もっとラクロスをしたかったです(丸田)/丸田組引退インタビュー集(11/29)