メニュー

ERROR

2020.09.20

第52回東京都大学連盟秋季リーグ戦 9月19日 福生野球場

リーグ戦初戦はインカレ王者に4回コールド負け

秋季リーグ戦
日体大       12
早大      
(4回コールド)●増田―渡邊
◇(二塁打)なし ◇(三塁打)なし ◇(本塁打)なし

 残暑がすぎ、秋の訪れを感じるグラウンドで、ついに早大の東京都大学連盟秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)初戦が行われた。試合は1回、相手に先制を許すと、2回以降もインカレ(全日本大学選手権大会)王者・日体大の猛攻を止められず、12失点。一方の打撃は相手投手に4安打無失点に抑えられ、4回コールド負けを喫した早大。しかし、久しぶりの公式戦に全員で臨み、『ソフトボールが出来ている喜び』を感じることの出来た試合でもあった。

 1回、先発の増田侑希(スポ3=香川・高松南)は、先頭打者の宮本(怜実)に二塁打を浴びると、犠打、犠飛で手堅く走者を返され、1点を献上する。2回には先頭打者に四球を与えると、連打や失策で3点を失い、徐々に引き離される展開に。3回には先頭から相手打線が爆発し、6連打を浴びる。この回、早大はバッテリーエラーも絡んで6点を失った。4回には6番・山田(柚葵)にダメ押しのツーランホームランを浴び、点差を12点に広げられる。一方の打線は、毎回単打で走者を出すものの、相手投手の速球に押され、打線が繋がらない。そんな中でも、けがから復帰し約1年5か月ぶりの公式戦だった2番・隈元愛子(スポ4=神奈川・木更津総合)は「迷いなく打つことが出来た」と2安打を放ち、存在感を示した。しかし得点には結びつかず、4安打無得点に封じ込まれた。早大の秋季リーグ戦初戦は、4回コールド負けと悔しい結果に終わった。

チームを盛り上げる隈元

 インカレ王者・日体大の強さを改めて見せ付けられた試合だった。しかし、堀奈々美主将(スポ4=千葉経大付)は「特に試合の内容は気にしていない」と語る。選手全員の健康を何より重視し、感染対策を徹底してきた早大。約5か月全体練習は中止され、全体練習の開始は秋季リーグ戦1週間前だった。そのため、今日は全員で公式戦に臨み、ソフトボールが出来る喜びを噛みしめてプレーした。「純粋にソフトボールを楽しむ」(堀)ことを重視するが、もちろん勝利へのこだわりはある。見据えるのはインカレ代替試合の出場だ。今年はコロナウイルスの影響でインカレが中止となり、秋季リーグ戦は11月に行われるインカレ代替試合の予選を兼ねる。秋季リーグ戦で3位以内に入り、インカレ代替試合の出場権を掴めるか。明日、明後日と続く早大の戦いから目が離せない。

(記事 新井万里奈、写真 横澤輝)

コメント

堀奈々美(スポ4=千葉経大付)

――今日の2試合を振り返っていかがですか

まず今日が自粛明け初めて全員揃ったので、全員でリーグ戦に臨めたことが良かったです。試合をすること自体ちょうど半年ぶりということと、1週間ほどの全体練習でこのリーグ戦を迎えました。ものすごく緊張してる選手もいたんですけど、純粋にソフトボールが楽しかったです。特に試合内容は気にしていません。どんな形であれ、一瞬一瞬、今できるベストを尽くすのみです。

――コロナウイルスの影響も大きかったと思いますが、秋リーグに向けてどんな準備をしてきましたか

とにかく全員が健康面においてベストな状態でいることを大事にしていました。結果的に全員揃ってリーグに入れたことが何よりも良かったです。全体練習を始めてからは紅白戦を重ね、リーグに向けて気持ちを高めることを大事にして準備してきました。

――日女体戦では6回に適時打が出ましたが、振り返っていかがですか

やっぱりこういう場面で回ってくるのかと思いました。ここで絶対返さないといけないと思って、意地のポテンヒットでしたね。打球がしょぼすぎたので、思いっきり喜べはしなかったんですけど、ランナーを返すことができて内心すごい嬉しかったです。</p>

――次戦に向けての意気込みをお願いします

明日も接戦になると思います。でも今日の日女戦のようにピッチャー中心に耐えて、全員でしぶとく戦いたいです。あと、明日の試合に小野寺が来られないんですけど、良い報告ができるように、あと怒られないように頑張りたいと思います。

――秋リーグ全体の目標をお願いします

秋リーグは全員で純粋にソフトボールを楽しみたいと思います。あとは、どんな泥試合になっても何でもいいので、3位以内に入って安城に繋げたいと思います。

できるように、頑張っていきたいと思います。

隈元愛子(スポ4=神奈川・木更津総合)

――今日の2試合を振り返って

勝敗に関わらず、ソフトボールができているという喜びを選手一人一人から感じることができた試合でした。

――自粛明け初の公式戦でしたが、影響はありましたか

様々な影響はありましたが、限られた時間の中で最大限の力が発揮できるよう準備してきました。

――日体大戦では2安打がありましたが振り返っていかがですか

怪我復帰後約1年5ヶ月振りの公式戦の打席だったので緊張はありましたが、迷いなく打つことができて良かったです。

――ご自身の調子はいかがですか

調子を見極める程今大会までに試合数を重ねることができなかったですが、残り3試合で絶好調だと言い切れる結果を残すよう頑張ります!!

――次戦に向けて意気込みをお願いします

純粋にソフトボールができているということに感謝の気持ちをもって、一生懸命頑張ります!