メニュー

ERROR

2019.05.11

東京六大学春季フレッシュリーグ 5月11日 神宮球場

投打のニューヒーローが活躍!立大下し、2勝目/立大戦

※連盟規定により7回打ち切り

TEAM
立 大    
早 大    
(早)服部、○雪山、原―尾﨑
◇(二塁打)今井 ◇(二塁打)清水 ◇(二塁打)今井1号ソロ(2回)

 東京六大学春季フレッシュリーグ(フレッシュリーグ)の初戦・東大戦に完勝した若き早大ナイン。勝って弾みをつけたい2戦目は立大と対戦した。先制した早大は一時同点に追い付かれるも、清水大翔(スポ2=大阪・早稲田摂陵)に走者一掃の2点適時打が飛び出し勝ち越しに成功。以降は、3回途中から登板した雪山幹太(教1=東京・早実)の力投に打線が応えるかたちとなり、今季フレッシュリーグ2勝目を挙げた。

 試合が最初に動いたのは2回裏。4番・今井脩斗(スポ2=埼玉・早大本庄)が初球、外角への直球を捉える。今井の打球は神宮の青空に大きな弧を描き、右中間スタンドに吸い込まれた。この試合、先発を任されたのは服部雅生(社2=東京・早実)。先制点をもらった直後の3回、先頭の3番の中莖翼(2年)に安打を許す。すると6番・片山悠(2年)に中前適時打を打たれ同点にされると、ここで降板。首脳陣に十分にアピールすることはできなかった。代わってマウンドに上がったのは、東大戦で堂々の大学デビューを飾った雪山。雪山はこの試合でも、6回まで3回1/3を投げ1失点5奪三振の好投を見せ、チームに流れをつくった。

好投を見せた2番手・雪山

 すると4回、2死二、三塁の好機で8番・清水が中堅手の頭上を越える2点適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功。さらに円陣を組み直した早大ナインは、続く7回。先頭が四球で出塁すると、続く2番・小西優喜(文構2=東京・早実)、3番・澤田健太朗(文2=福井・高志)にも連打が飛び出し、無死満塁とする。打席に立つのは、2回に先制本塁打を放った今井。左翼線へ鋭いライナーを飛ばし、走者2人が生還。3打点目を挙げた今井は、仲間の歓声に笑顔とガッツポーズで応えた。投げては雪山、7回のマウンドに上がった左のサイドスロー原功征(スポ1=滋賀・彦根東)が立大打線に反撃を許さず。連盟規定の時間制限で7回打ち切りとなり、5−2で早大が勝利した。

長打力が自慢の今井は十分にアピールした

 投の雪山、打の今井。この日の試合は、観客に新たなヒーローの誕生を予感させた。ルーキーの雪山は、大学野球の厳しさを痛感しつつも、自分の持ち味は「大崩れしないこと」と語る。東大戦に続き、この立大戦でもその持ち味は十分に発揮されていた。さらに、ピンチの場面でも直球で押していくマウンド度胸に、失点してもすぐに切り替える冷静さ。雪山の今後の成長に、期待せずにはいられない。また、今井も1本塁打3打点と、しっかりと4番の役目を果たし、大きなインパクトを残した。自身もこの結果を「自信になります」と振り返る。東京六大学春季リーグ戦のベンチ入りに向け、「代打枠から狙って」いくと語ったが、今後、今井が早大の真の4番に座る日が来るかもしれない。まずは、フレッシュリーグでの優勝を目指し、若きホープたちの戦いは続いていく。

(記事 松下瑞季、写真 大島悠希、宅森咲子)

コメント

今井脩斗(スポ2=埼玉・早大本庄)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

立教ということもあって、(東大戦から)投手のレベルも上がってきて。3週間しっかりと調整して、その練習の成果がみんな出せたのは収穫かなと思います。

――2回に本塁打を打った球は

初球の外の真っすぐでした。

――待っていた球でしたか

そうですね。初回に三人で打ち取られた時に、「外に真っすぐとスライダーを徹底的に投げてくる」と言われていたので、外張って踏み込んで打ちました。

――5回の2点適時二塁打に関してはいかがでしょう

高めのスライダーでした。球種というよりかは、追い込まれていたので、ゾーンで待っていて。当てにいってゲッツーになるのが嫌だったので、しっかり強振して外野に飛ばそうと思っていました。

――東大戦でも長打を放っておりましたが、自信になっていますか

東大戦は長打出たんですけど、その他の打席で打ち損じが多かったので。ミスショットをなくそうと修正してきたので、きょう結果が出て良かったです。自信になりますね、大いに。

――1軍のベンチ入りも見えてくると思いますが、いかがでしょう

(東京六大学春季)リーグ戦でベンチに入れるかは分からないですけど、自分の持ち味は長打とかホームランだと思うので、その武器を出せるように、まずは代打枠から狙って一打席一打席集中してやっていきたいです。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

次は3週間後の早慶戦なんですけど、絶対勝って、全勝で(東京六大学春季)フレッシュリーグ優勝できるように、みんなで一丸となって頑張っていきたいです。

雪山幹太(教1=東京・早実)

――きょうの投球を振り返っていかがでしょうか

途中からだったのですが、いつも通りのピッチングができたと思います。

――5回に打たれた適時打の球種は何でしたか

真っすぐです。インコースが甘くなりました。

――逆に、良かった点はありましたか

そこで打たれてしまった後も切り替えて、後のバッターに集中できたことが良かったと思います。

――直球で押す場面が多く見られました

そうですね。ピッチャーの生命線だと思っているので、いつもストレートを軸に立ててピッチングをやっています。そこはきょう良かったかなと思います。

――大学1年目ですが、高校までとの差を感じることはありますか

やはりきょうタイムリーを打たれた場面もそうですし、甘い球は一発で持っていかれてしまうなと。前回の試合からも思っていたのですが、今後に向けてそこは修正していきたいです。

――今後、アピールしていきたいポイントを教えてください

大崩れしないことが自分の持ち味だと思っています。失点しないことが一番大事なのですが、きょうのように失点した後もしっかり後のバッターのことを考えてゲームをつくっていけるようにしたいと考えています。

――次戦に向けて一言お願いします

今回以上にチームのモチベーションも上がってくると思うので、しっかりと流れに乗って、勝利に貢献できるように頑張ります。