メニュー

野球部

2015.09.02

夏季オープン戦 8月13日 早大東伏見グラウンド

吉永が久々の登板で好投!打線も奮起し快勝

TEAM
神戸学院大
早 大 ×

 夏季オープン戦(オープン戦)、この日早大は神戸学院大と対戦。序盤は先発の吉永健太朗(スポ4=東京・日大三)が4回を無安打に抑え、ロースコアでのゲームが展開された。1-1で迎えた6回、田中龍之介(人3=兵庫・滝川)が相手上位打線につかまり勝ち越しを許すも、直後に5点を返し逆転。試合の行方を決定づけた。リーグ戦出場経験の少ない選手も多く、若いチームであったが、総力をあげ勝利をつかんだ。

 先発は、今夏1軍オープン戦初登板となる吉永。この日は制球、キレともに冴えわたっていた。4回を投げひとりの走者も許さない完璧な投球。大学ラストシーズンに向け、調整の順調ぶりをアピールした。後を受けた投手陣は小刻みに得点を与えてしまう場面も見られたが、後続を断ち試合の流れは渡さない。要所を締める投球で相手打線を3点に抑え、勝利を呼び込んだ。

4回パーフェクトの好投を見せた吉永

 一方打線は、序盤から好機を演出するものの、なかなか得点は挙げられない。4回にも2死三塁とするも、後続が続かず、もどかしい展開が続いた。主導権を早大がつかむきっかけとなったのは5回。真鍋健太(スポ3=東京・早実)が四球を選び出塁すると、次打者の初球で二盗。相手の守備の乱れに乗じて、さらに三塁を陥れる。その後相手の暴投で生還し、無安打で同点に追いついた。6回には宇都口滉(人2=兵庫・滝川)の左前適時打を皮切りに打線がつながり、5点を追加。神戸学院大を突き放し、試合を優位に進めた。

 決して安打数が多いわけではないが、勝負どころでの強さが光ったこの試合。先制のホームを踏んだ真鍋、適時打を放った宇都口など、昨季は控えとしてチームを支えたメンバーの活躍も目立った。若い選手たちの奮起は、将来への大きな期待も感じさせる。投手陣も4投手のリレーで大量失点を防いだ。秋も優勝を目指す早大にとって、きょうのような勝ち方は理想だといえる。リーグ戦に向け、今後もこのような試合展開でさらに経験値を積んでいきたいところだ。

(記事 菖蒲貴司、写真 藤川友実子)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。