メニュー

ソフトボール部

2015.08.30

全日本大学選手権 8月29日 三重・磯部ふれあい公園

インカレ4連覇へ、初戦白星発進

TEAM
早   大
神戸学院大
○松木、吉田―大嶋
◇(三塁打)水本、塩沼
◇(二塁打)塩沼

 部史上初の4連覇が懸かった全日本大学選手権(インカレ)が開幕した。ワセダは4回までチャンスを生み出せない苦しい時間が続くが、5回に9番・塩沼泰成(スポ2=福島・安積)の二塁打で先制。続く6回にも塩沼の三塁打が飛び出し、相手を突き放した。投手陣は6回に2番手でマウンドに上がった吉田尚央(人2=長崎・佐世保西)が1死満塁のピンチを招くも、粘りの投球と味方の好守で無失点にしのぐ。インカレ4連覇に向け、苦しみながらも初戦を突破した。

 今月上旬に行われた東日本大学選手権から好調が続く2年生がチームを勝利に導いた。ワセダは4回まで打線がつながらず得点の糸口が見いだせない。一度も三塁を踏めないまま迎えた5回、ワセダは先頭の8番・水本将文(人3=長崎・佐世保西)がファールで粘り四球で出塁。続く9番塩沼がフェンス直撃の二塁打を放つとその間に水本が生還し、チームに待望の先制点をもたらす。6回にも水本が2死から三塁打で出塁しチャンスをつくるとまたもや塩沼が見せた。2ストライクと追い込まれた3球目、左翼の頭上を越える三塁打を放つ。この日2打点と活躍した塩沼。「チームに貢献できるようなプレーがしたい」(塩沼)。チームに対する熱い気持ちがプレーに表れた。

先制の適時打を放ち、塁上で大きくガッツポーズする塩沼

 投げては先発の松木俊皓(スポ3=宮崎・日向)が5回を1安打に抑え、神戸学院大打線にリズムをつくらせない。エースの3年生が安定した投球で先発の役目を果たした。2番手の吉田は立ち上がりの6回、先頭打者の打球が足に当たるアクシデントに見舞われる。その直後、吉田は1死満塁とこの試合一のピンチを招いた。しかし次の打者を三振に打ち取ると、一塁手の吉野恵輔(スポ4=福岡・城南)が鋭いゴロを好捕。チーム一丸となってこのピンチを切り抜ける。二人の投手の好投で、無失点で試合を締めくくった。

最大のピンチを無失点で切り抜けた吉田

 4連覇を狙うインカレ初戦を勝利で飾ったワセダ。一方で打撃面ではクリーンアップが無安打に倒れるなどまだまだ万全とはいえない。「打つべき選手が打てなかったというのは課題」(溝口聖主将、人4=長崎・佐世保西)という言葉からも、打撃の中軸が期待に応えられていない状態もうかがえる。4連覇という偉業を達成するにはまだまだ厳しい試合が続くが、3日間の過密日程の中で打撃の向上は見られるのか――。ワセダの底力に期待したい。

(記事 小川由梨香、写真 廣田妃蘭、郡司幸耀)

コメント

溝口聖主将(人4=長崎・佐世保西)

――全日本大学選手権(インカレ)初戦を迎えるにあたり、試合前にどのような話をされましたか

まずいままでやってきたことを徹底して試合で出そうということと、トーナメントで負けたら終わりという状況なので、一球一球を無駄にせずに一球入魂というかたちで全員が戦っていこうということをチームで共有していました。

――苦しい展開でしたが、緊張はありましたか

かなり緊張していました。僕は試合前に緊張するタイプなのですが、いままでにないくらい緊張していました。

――序盤はチャンスを得点につなぎ切れないもどかしい展開でしたが、チームにはどのような声掛けをさされましたか

先発の松木(俊皓、スポ3=宮崎・日向)の状態が良かったので、松木が抑えてくれるから早く松木を楽にしようということを話しました。あとは戦術もチームで共有して徹底してより点を取りやすいようにもっていこうという風に声掛けをしました。

――試合を通してきょうの打線はいかがでしたか

打つべき選手、僕だったり大嶋(翼、スポ4=群馬・新島学園)が打てなかったというのは課題だと思いますし、塩沼(泰成、スポ2=福島・安積)、1、2番や6、7番の選手が小技でチャンスをつくってくれたのはあすにつながる結果だったかなと思います。

――守り切った投手陣の印象は

本当にいつも通りというかたちで冷静に投げてくれていたので、守備も守りやすかったです。

――あす以降も厳しい戦いが続くと思いますが、今後への意気込みをお願いします

もう勝つしかないのであす2つ勝って、最終日につなげることができるように頑張りたいと思います。

松木俊皓(スポ3=宮崎・日向)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

5回まで低め中心でいって、要所で相手バッターをゴロで打ち取れたので良かったと思います。

――初戦でしたがどのような心境で臨みましたか

とりあえず初回に失点しないことと、バッターは打ってくれると思っていて5回まで任されるというのは決まっていたので、そこまではしっかり抑えようという気持ちで臨みました。

――緊張感はありましたか

自分はきょねん経験しているのであまりなかったです。でもちょっとしました。周りがプレッシャーをかけてきて、無駄に緊張させなくてもいいのに緊張させてきて(笑)。正直ちょっと緊張しました。

――5回無失点という結果についてはいかがですか

最近ドロップを指導してもらってそれをうまく生かせてるのではないかと。そのドロップで大きい当たりではなくゴロで相手チームの良いバッターを打ち取れるので、これが今の自分にとってインカレの中でカギになるボールになってくると思います。

――ご自身の調子はいかがですか

結構良いと思います。年間通しても良い位ではないかと思います。

――あす以降に向けて意気込みをお願いします

あしたは多分立命館大、国士舘大と当たるので、恐らく自分は国士舘大で投げます。どちらも先発するかわからないですが、先発を任されたらきょうみたいに5回まで試合をつくれるように投げたいと思います。

塩沼泰成(スポ2=福島・安積)

――インカレ初戦お疲れさまでした。初戦を終えて一言いただけますか

きょねんは応援という立場でインカレに出させてもらっていたので、2年生という立場で、今年初めて選手として試合に出る立場になって緊張が大きかったです。

――きょうは2打点という活躍でしたが、この結果をご自身ではどう捉えていますか

1打席目に少し合っていなかった部分があったので、2打席目は引きつけて打つことを意識して、しっかりミートして打つことができたので良かったです。

――1打点目が生まれた5回の2打席目はチームとしてもなかなかチャンスが作れない中で回ってきた打席でしたが、どんな気持ちで打席に入りましたか

僕が打席に入る前にコーチの高杉さん(聡コーチ、平10理工卒=群馬・前橋育英)の方から、「塩沼が当たっているから今回もやってくれるよと監督が言っていた」という言葉がけをしてもらい、調子がいいので自分のスイングをしようという気持ちで打席に入って、結果的にしっかり捉えられたのでよかったと思います。

――第2打席での1打点目となる二塁打は、打ったときに自分でも手応えがありましたか

ちょっと低い球だったのですが打ったときはいったなと思いました。

――2塁ベースを踏んだときに大きなガッツポーズが出ていましたね

2年生という立場で出させてもらっているので、やはりチームに貢献できるようなプレーがしたくて。それまで0-0の緊張した状態で試合が続いていたので、そこで1本打てたので緊張が解けて(ガッツポーズが)出てしまいました。

――2打点目が決まった第3打席は、先制点が入ったあとということで、打席に入るときに気持ちに変化はありましたか

2打席目に打つことができたので、楽に打席に入ることができました。

――東日本大学選手権(東日本)から好調が続いていますが、東日本からインカレの間に気持ちやプレーの面で何か変わったことはありましたか

(東日本では)バッティングの面ではボールに合わせてレフトやライトに打ち分けることを意識してやっていたのですが、外、内、真ん中のどの球でもミートしてセンター返しをすることを意識した練習を行ってインカレ前から調子がよかったので、今回も同じかたちで臨んだらいい結果が出たので良かったです。

――あす以降も厳しい戦いが続きますが、意気込みを聞かせてください

きょうよりは緊張しないと思いますが、相手も最後ということで白熱した緊張した場面が続くと思うので、2年生として思い切ったプレーを心がけてチームに貢献できればいいと思います。

吉田尚央(人2=長崎・佐世保西)

――インカレに懸ける思いをお願いします

自分は2年生なので4年生の先輩に比べると比べものにならないくらいだとは自分で実際に思っているのですが、自分の中では自分の投げた一球で人の人生の一つが終わるという感じはあると思います。ピッチャーなので。そういった思いもあるので一球一球を大切にということをインカレ前に考えて臨みました。

――試合前のチームの雰囲気はいかがでしたか

いままでのこのチームの中で絶対に試合に向かって一つにまとまっているなとは、自分だけかもしれないですけど思っていて。声の出し方だとか、シートノックにはいつも自分は入らないのですが、外で聞いていて1番声がいままででも出ていましたし、時間内でしっかり終わって目立ったエラーもなくて試合の入りとしては完璧でした。初回の1、2番も見てやはりチームのまとまりというのがすごく良いんだなと思いました。

――6回を振り返っていかがですか

実際、ピッチャー返しになった瞬間、グローブ出ないなと思ってサッカー的な感覚で足を出してしまいました。自分サッカー下手なんですけど、いままでにないくらいトラップのようなかたちになって下に落ちて、「あ、これ良かったな」と思ってアウトにできたんですけど、変なところで(打球を)止めてしまって「あ、痛えな」と思っていたら、腰が入らなくなったり腕の回転が弱くなったり精神的な部分も少なからずあって、そういったマイナスの部分が重なってしまってストライクが入る気がしませんでした。タイム欲しいなと思っていたところで高杉さんが、ちょうどタイム取ってくださって、その時にみんなをなごませることをしゃべってくれました。それを、まあ、聞いてなかったわけではないですけど自分の中でなんとかなる、大丈夫だと処理できたのでうまく立ち直れたのではないかなと思います。

――なごませる言葉と言われましたがどのような言葉を掛けていただきましたか

貴志さん(奎太朗、スポ4=大阪・関西大倉)が一発芸をしろと高杉さんに言われて、しそうになったところで「やっぱりいいよ」って(笑)。その高杉さんと貴志さんのやり取りのおかげでみんなの緊張がほぐれて吉野さん(恵輔、スポ4=福岡・城南)の良いプレーとか自分の調子が戻ったことにつながったと思います。

――紺碧の空を口ずさむ場面も見られましたね

なんていうんですかね、バッターに集中しすぎたらこの回は無理やと自分でも思ったので、他のことに集中というか、何となくこなすくらいのほうが良いかなと思って。そういう気持ちの表れですかね。

――逆に7回では三振を二つ取るなど素晴らしいピッチングでした

この回行けるなというか、6回が終わった瞬間に今大会でこれ以上に緊張する場面ないなと思うことができて、立ち直れたじゃないですけど、思い切りよくいつも通りのピッチングが出来ました。

――あすから、また厳しい戦いが予想されますが最後に意気込みをお願いします

きょう、自作自演って言ったらおかしいですけど、6回に苦しい思いがちゃんと出来たので、あんな苦しい場面はなかなかもう無いと思いますし、あしたはきつい場面になってもきのうよりは楽だと思って頑張っていきたいなって思っています。