メニュー

野球部

2015.08.23

夏季オープン戦(2軍) 8月7日 神奈川・関東学院大グラウンド

9回裏、守り切れずに痛い黒星

TEAM
早 大
関東学院大 2x

 熱い日差しが照りつける中、この夏3試合目となる2軍オープン戦が行われた。試合は互いに譲らないシーソーゲームとなる。打撃力のある関東学院大相手に出塁を許しつつも、先発の黄本創星(スポ3=千葉・木更津総合)が粘りの投球で7回まで1失点。攻撃では、川原孝太(文構4=静岡・掛川西)が好機を生かし、適時打で一時逆転に結び付けたが、終盤守備の乱れで逆転され、悔しい敗戦を喫した。

 1点ビハインドの7回表。この回から代わった相手投手の立ち上がりを早大打線がとらえた。大森雄介(社3=東京・早実)の中前打を皮切りに同点に追い付くと、直後の守備では攻撃の流れを保ち、黄本が奪三振を重ねた。8回表、2死から安打と相手の失策が重なり走者を二塁に進めると、打席にはこの日ここまで無安打の川原。その5球目、鋭い打球を左前へ運び、早大はこの日初めてのリードを奪う。しかし、関東学院大も意地を見せる。すでに100球以上を投げ、疲れが見えてきていた黄本の甘い球が打ち込まれ、すかさず同点に追い付かれた。

 両者譲らず2-2で迎えた9回。代打で登場した熊田睦(教2=東京・早実)が右翼後方への二塁打を放ち、早大ベンチが大歓声に包まれる。早大はこの好機も逃さず、犠打、そして安打とつなぎ、この日2度目の勝ち越しを決めた。1点のリードを守り切りたい9回裏。1死で黄本はこの日10本目の安打を許す。続く打者にも右前打を浴び、さらに右翼手の失策が重なり同点に追い付かれる。なおも1死三塁。悪い雰囲気が早大ナインを包む。そして次の打者への黄本の2球目が暴投となり、その間に三塁走者が生還。あっさりと逆転サヨナラ負けを喫してしまった。

サヨナラとなる得点を目の前で許した黄本

 攻撃面では下位打線の活躍で小刻みに加点したが、守備に関しては、詰めの甘さが試合の敗因となってしまった。この課題を修正しつつ、残りのオープン戦を勝利の流れに持っていけるのか――。早大野球部の覚悟が試される。

(記事 中村朋子、写真 廣田妃蘭)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。