メニュー

ERROR

2015.08.23

夏季オープン戦 8月7日 早大東伏見グラウンド

投打にさらなる進化の予感!

TEAM
明治安田生命
早 大 ×

 今季、ここまでの夏季オープン戦(オープン戦)は1勝3敗と負け越している早大。この日は気温が高く、非常に体力の消耗の激しいコンディションの中で、社会人チームの明治安田生命と対戦した。その状況下において、先発の竹内諒(スポ3=三重・松阪)が6回無失点の好投をすると、打線もこれを援護。10安打中8安打が長打と、稲穂打線のパンチ力を見せつけた。投打がかみ合った早大が8-1で快勝。収穫の多い試合となった。

 しっかりと指にかかった回転の良い直球。この日の竹内は直球のキレ、制球力ともに抜群だった。5回までは毎回安打を許すものの、大きなピンチを迎えることなく6回無失点の好投を披露。勝負球での右打者へのクロスファイヤー、左打者へのアウトローの直球がさえわたり、連打を許さない。春季リーグ戦での課題であった四死球も1つと安定し、テンポの良い投球で攻撃にも良いリズムをもたらした。7回以降は北濱竣介(人2=石川・金沢桜丘)が3回1失点の好リリーフ。落ち着いたマウンドさばきでチームの勝利に貢献した。

 明治安田生命の先発投手は右のサイドハンド。アウトコースの直球を主体とした投球に対し、稲穂打線は流し打ちで対抗。センターから逆方向への長打や鋭い打球が目立った。打線がつながったのは4回裏。道端俊輔(スポ4=智弁和歌山)が2ボールからの3球目を思い切り前で叩く。ボールは大きな放物線を描き、左翼手の頭上へ。この本塁打を皮切りに、中軸の3連打で一挙に5得点。一気に相手を引き離し、試合を優位に運んだ。4番の丸子達也(スポ4=広島・広陵)は春季リーグ戦からの好調をキープし、この日も左翼越えと中堅越えの二塁打2本。打球の角度も良く、ここまでのオープン戦でも多くの本塁打を放っている大砲が、いよいよ量産体制に入りそうだ。

好調を維持する丸子

 投打で充実した内容となったこの日の試合。特に打線では、逆方向への長打が目立っていることが、チーム内での打撃の意識が統一されていることを証明している。この意識をさらに高めていくことで稲穂打線のつながりはより強固なものになっていくだろう。春季リーグでの強力打線をもう一段階レベルアップすることができる、そんな可能性と意志を感じさせてくれる試合内容だった。

(記事 田島光一郎、写真 上田密華)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。