メニュー

ERROR

2015.08.19

夏季オープン戦 8月5日 早大東伏見グラウンド

三倉の勝ち越し打も実らず 逆転サヨナラ負けを喫する

TEAM
早 大
青学大 3x

 まさしく魔の9回裏だった。夏季オープン戦4試合目は青学大と対戦。先発の小島和哉(スポ1=埼玉・浦和学院)が8回を1点に抑えると、同点の9回、三倉進(スポ2=愛知・東邦)の三塁打で勝ち越しに成功。しかしその裏、救援陣が崩れ、まさかの逆転サヨナラ負けを喫した。

 春季リーグ戦(リーグ戦)では絶好調だった打線がこの日鳴りを潜める。3回に1点を先制するが、7回には無死満塁の好機を演出しながら後が続かず無得点に終わるなど、決定打に欠けた。その後同点に追いつかれ1―1で迎えた最終回、ついに強力打線が目を覚ます。内野安打と四球で2死一、二塁とすると、打席には代打・三倉。振り抜いた3球目は中越えの勝ち越し三塁打に。2点を追加し勝利を引き寄せたと思われたその直後、まさかの展開が待ち受けていた。

今夏オープン戦初先発の小島は好投を見せた

 先発はルーキーながらリーグ戦優勝、そして日本一に大きく貢献した小島。6回に被弾したものの、得意の鋭い内角への直球を武器に8回までで10奪三振の好投を見せた。2点の援護を受けた9回、マウンドには1軍戦初登板の奈須怜斗(社2=宮崎・延岡学園)。リードを守りたい場面だったが制球が定まらない。四球と連打、二度の暴投が重なり瞬く間に同点に追いつかれてしまう。奈須はここで無念の降板、上野雄平(教4=東京・早実)後を受けた。だが、1死三塁から連続の四球で満塁とし迎えた打者が放った打球は無情にも左翼手の頭上を大きく越える。三塁走者が生還し、早大の逆転サヨナラ負けが決定した。

 小島の粘投になかなか応えられなかった打線、そして最後の最後で崩れ、目前にあった勝利を取りこぼしてしまった救援陣。少ないチャンスをものにし、もぎ取った1点を守り切る。春秋連覇にはその力が必要不可欠だ。下を向いている暇はない。秋季リーグ戦で再び頂点に立つために、このオープン戦で課題を確実に克服していくことが求められる。

(記事 藤川友実子、写真 豊田光司)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。