メニュー

ERROR

2015.08.19

夏季オープン戦(2軍) 8月4日 東京・東農大グラウンド

立川が1失点完投!序盤の4点を守り切る

TEAM
早 大
東農大

 圧倒的な強さで東京六大学春季リーグ戦を制したワセダ。再び頂点を目指す秋季リーグ戦に向け、実践の場となる夏季オープン戦(オープン戦)が2軍でも始まった。その初戦で東農大と対戦。初回に先制点を奪うとその後も得点を重ね、4—1で勝利を収めた。

 大事な先発を任されたのは立川尚登(社1=東京・早実)。多くの四死球で出塁を許し苦しい場面を迎えることもあったが、走者を背負ってからの粘り強い投球が光った。3回に先頭打者に安打を許すと、味方の失策と2つの暴投で1点を失ってしまう。しかし、その後迎えたピンチでは長身から投げ込む力強い直球で相手をねじ伏せ、簡単に得点を与えない。立川は球数150球を超える熱投で8三振を奪い、完投勝利を挙げた。

9回1失点の好投を見せた立川

 攻撃陣は制球の定まらない相手投手の乱れにつけ込み、小刻みに得点を重ねていく。初回、四球で出塁した江間拳人(教3=東京・早実)が二盗、三盗を決めた後、暴投の間に生還し、1点を先制する。3回には2死一、三塁から西岡寿祥(教1=東京・早実)、長谷川寛(社2=宮城・仙台育英)の連続適時打で2点を追加。5回にも四球で出塁した西岡が相手の暴投で生還し、4点目を挙げた。しかし、6回以降は代わった2番手、3番手の投手を打ちあぐね、追加点を挙げることができなかった。

 終始主導権を握ったままゲームを展開し、初戦を白星で飾ったワセダ。投手の踏ん張りに攻撃陣が応え、幸先のいいスタートを切った。しかし、守備面でのミスが相次ぎ、打線も終盤に追加点を挙げることができなかったことなど課題も残る。一つ一つの試合がチーム、そして個人の成長にとって重要な意味を持つ2軍オープン戦。今後もさまざまな収穫や課題が得られるだろう。覇者ワセダが貪欲に勝利を追い求め、さらなる高みを目指す姿に注目したい。

(記事 郡司幸耀、写真 吉村早莉)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。