メニュー

ERROR

2015.08.19

夏季オープン戦 8月4日 早大東伏見グラウンド

主砲の強打と主将の意地で、今夏初勝利を飾る

TEAM
東農大
早 大 1x

 前の試合から中1日を置いて行われた今夏のオープン戦の第3戦。ワセダはこの日、東農大と対戦した。試合は初回からワセダが誇る強力打線が爆発。いきなり相手のエースに襲い掛かり、幸先よく3点を先制する。3回には主砲・丸子達也(スポ4=広島・広陵)に一発が飛び出し、投げても先発の北濱竣介(人2=石川・金沢桜丘)が5回まで東農大打線をわずか2安打に抑える力投を披露。しかし6回に2点を奪われると、8回には後続の投手が捕まりついに同点とされてしまう。それでも春の大学日本一の意地を見せたいワセダは9回に好機を作ると、河原右京主将(スポ4=大阪桐蔭)がサヨナラ打を放ち辛勝。この夏の初勝利を苦しみながらもつかんだ。

 自慢の強力打線をこの日は4番がけん引する。初回に安打と四球で一死一、二塁と早速好機を演出。ここで打席に入ったのは、この春4年目にしてついに覚醒のときを迎えた大砲・丸子だ。2ストライクと追い込まれながらも、巧みに流し打った打球はぐんぐんと伸びて左翼手の頭上を越える2点二塁打に。2打席目となる3回は対照的に初球を振りぬく。長い滞空時間を経て打球が右翼席に到達すると、丸子は小さくガッツポーズを作った。

サヨナラ打を放った河原主将

 一方の投手陣。先発を任されたのは、春の新人戦決勝で好投を見せた北濱だ。期待が寄せられる若き右腕は、その持ち味を存分に発揮する。速球、変化球ともにキレのいい球を丁寧にコースに投げわけ、相手打線を翻弄(ほんろう)。内野ゴロの山を築き5回までに許した安打はわずかに2本。二塁を踏ませぬ完璧な投球で、反撃の余地すら与えない。しかし疲れが出るとともに、打順が3順目に入った6回に3本の安打を集められ2失点。8回からは継投に入るも中継ぎが追いすがる東農大を振り切れず同点とされ、今後の建て直しが求められる。

 リーグ戦に、全日本大学野球選手権。春のシーズンではどこよりも長く戦い、どこよりも多くの白星を積み上げた。確かに取り戻した栄冠、だがそれはもはや過去のこと。新たな戦いへのカウントダウンは既に始まっている。ここまで2敗と苦戦を強いられ、この日も決して快勝とはいかなかった。それでもまず1勝をあげたこと、この事実が選手達を確かに一歩前進させる。満開の笑顔が実る収穫の秋へ――ワセダの夏はまだまだ幕を開けたばかりだ。

(記事 三井田雄一、写真 山本葵)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。