メニュー

ソフトボール部

2015.08.10

東日本大学選手権 8月9日 長野・箕輪町番場原公園第1運動場

連日のサヨナラ勝利!準決勝進出を決める

TEAM
早 大 13
福島大
(5回コールド)
○豊田、杖子―大嶋、山本、林
◇(三塁打)水本
TEAM
中大
早大 1×
(8回タイブレーク)
松木、○吉田―大嶋
◇(本塁打)水本、大嶋
◇(二塁打)吉野

 初戦をサヨナラ勝利で突破した早大は大会2日目、まずは3回戦で福島大と対戦した。相手投手の制球の乱れに付け込み2回までに10点を奪う。序盤で試合を決め、13-1と5回コールド勝ちを収めた。続く準々決勝では中大相手に苦戦を強いられる。リードを奪っても追い付かれる展開が続き、試合は7回終わっても決着がつかずタイブレークに突入。8回表、1死一、三塁の危機を吉田尚央(人2=長崎・佐世保西)が気迫の投球で切り抜けると、裏の攻撃で2死満塁の好機から水本将文(人3=長崎・佐世保西)が中前に弾き返し、接戦に終止符を打った。連日のサヨナラ勝ちを収めた早大。あす優勝を目指し、準決勝、決勝へと挑むこととなった。

 3回戦の福島大戦では序盤から大きく点差を広げた。初回、4つの四死球と失策が絡み3点を先制すると、塩沼泰成(スポ2=福島・安積)の適時打などでさらに加点し幸先良く6点を奪う。続く2回も制球が定まらない相手の四死球で走者をため、水本の2点適時三塁打などで4得点。2回までに10点を挙げ、主導権を完全に掌握した。投げては先発の豊田誉彦(スポ2=兵庫・滝川)が3回1失点とまずまずの内容。4回からマウンドに上がった杖子量哉(スポ1=岡山・新見)は打者6人に対して4奪三振、被安打0と完璧に抑える好救援で試合を締めた。13―1の5回コールドで快勝し、準々決勝へ進んだ。

中大戦でサヨナラ適時打を放った水本。この日計4安打5打点と大暴れした

 ダブルヘッダーとなったこの日。3回戦に勝利した早大はそのまま、準々決勝の中大戦へと挑んだ。先発のマウンドを任されたのは松木俊皓(スポ3=宮崎・日向)。3回には3者連続三振を奪うなど、快調に進めていく。しかし1点リードで迎えた4回。狙われたスライダーを上手く捉えられ、同点の本塁打を浴びる。その裏、この日好調の水本が右中間スタンドに叩き込み、すぐさまリードを奪うものの、この試合はなかなか流れをものにすることができない。直後に再び同点とされると、その後は両チーム1点ずつを奪い合い、7回終わって3―3の同点。試合はタイブレークへと突入する。8回表、安打を打たれ1死一、三塁の窮地を迎えた。絶対に得点を与えたくないこの場面で吉田が力でねじ伏せる。2者連続三振でこの窮地を切り抜けた。そして8回裏、2死満塁と今度は早大が好機を迎える。打席には絶好調の水本。「最後の1打席は一番集中しました」(水本)とこの日一番の集中力で放った打球は二遊間を破り、サヨナラ勝ち。水本の3安打3打点の大活躍で連日のサヨナラ勝利を挙げ、準決勝へと駒を進めた。

窮地を切り抜け、ガッツポーズを見せた吉田

 「この2日連続サヨナラ勝ちというものも自分たちが強くなれた証拠なのかなと思う」(吉田)と振り返るように、連日のサヨナラで接戦をものにし勢いに乗る早大。準決勝では最大のライバル・日体大と相対する。相手の好投手を打ち崩し、『インカレ4連覇』という大きな目標への通過点として、まずは東日本大学選手権の頂点を奪いにいく。

(記事 東哲也、写真 中丸卓己)

関連記事

因縁の相手に劇的サヨナラ勝ち!東日本制覇へ好発進/東日本大学選手権(8/9)

コメント

松木俊皓(スポ3=宮崎・日向)

――5回2失点という結果でしたがきょうの投球を振り返っていかがですか

点を取った後の回に点を取られてしまったので、そこは課題ですね。個人的にいまあまり調子が良くなくて、調子が悪いときにどうすればいいのかというのがまだよく分かっていなくて、結果2失点につながってしまったと思います。

――体の調子から来るものでしょうか

いや、違いますね。なんというか、いつもの自分じゃないような(笑)。原因がわからないですね。良いときのピッチングの動画とかを見返したりして、フォームをチェックしたりしているのですが、まだ変わらないのできょうもチェックしたいと思います。

――被弾する場面もありましたが

打たれたのはスライダーで、さっき相手の4番バッターと話したら「狙っていた」と言われて、自分も狙い通りのところに投げてしまったので…(笑)。同期なので今後対戦したときは抑えられるようにしたいと思います。

――逆にきょう良かった点はありますか

審判のコースが結構広くて、そこを上手く使って三振を取れたかなと思います。結果、たまたまランナーを出してちょっと打たれて点を取られるという流れがあったので、防げた失点もありますね。審判がどうだとか言う前に、審判をどう利用していくかというのを考えた方が良いと思いますね。

水本将文(人3=長崎・佐世保西)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

暑い中2試合続けてとなったので、集中力を切らさないことをまず第一に考えて、一打席一打席も集中して、あまり結果を考えずに試合に臨みました。

――きょうは2試合通して6打数4安打5打点と好調でしたが、手応えはいかがですか

結果を求めて打った訳ではないんですけど、集中して打席に入っていたので一球一球甘い球を見逃さずに振っていったらヒットゾーンに転がったという感じです。

――第2試合は最後まで接戦となりましたが、集中力が勝利に結び付いたというかたちですか

最後の1打席は一番集中しましたね。

――第2打席は右中間への本塁打でした

外に逃げるスライダーだったんですけどちょっと甘く入ってきたので見逃さずに打てました。

――好投していた松木選手が本塁打を打たれた直後の本塁打でした

相手の本塁打を打ったショートの子が一緒の高校の同期で主将だったので、本塁打を打たれて負けたくないという気持ちもあって、それも本塁打につながったのではないかと思います。

――最後のサヨナラの場面を振り返って、打席に入る前の心境は

前のバッターが故意四球でなんでここで勝負しなかったんだろうと思っていたんですけど、自分と勝負してくれるのかといううれしさもあってそれで勢い付けたという部分もあるし、1打席目、2打席目でヒットを打ててそれが自信にもつながって、自分に打席が回った時は打てるんじゃないかと思いました。

――あしたに向けて意気込みをお願いします

決勝で日体大と、という目標で練習やってきてあしたは準決勝で日体大と当たると思うんですけど、そこでピークを持ってこれるかというのが課題かなと思っていて、決勝よりもまず準決勝をまず意識してあした臨んでいきたいなと思います。

吉田尚央(人2=長崎・佐世保西)

――まず6回に同点に追い付かれる場面がありましたが、そこは振り返っていかがですか

高校の先輩に二塁打を打たれてそこは「仕方ない」と切り替えようと思ったのですが、次の打者にたたきつけて頭を越えるようなヒットを打たれて、自分のせいで試合がのびるというのがショックでした。でもまだ同点だったので、早く切り替えて後の打者を抑えようと自分に言い聞かせていました。

――その後8回には2者連続奪三振もありました

やはりその自分のせいでタイブレークまで延びたという思いがあったので、周りのみんなには点を取ることに集中してほしいと思っていました。そんな中で連続三振を取れたのはでき過ぎかなと思います。翼さん(大嶋、スポ4=群馬・新島学園)の要求してきた通りに投げることしか考えていなかったです。転がされても点が入る場面だったので、当てさせないという延長線上に三振がありました。

――きょうもきのうと同じくガッツポーズがたくさん出ましたね

自分のせいでという思いも強かったので。きのうガッツポーズしたら雰囲気が良くなったというのも知っていたので、わざとしてきょうも良くなればいいなと思ってやりました。

――あすに向けて意気込みをお願いします

きつい戦いになるとは思いますが、この2日連続サヨナラ勝ちというのも自分たちが強くなれた証拠なのかなと思うので、この後の2試合は勝つことだけを考えて、自分はできることをちゃんとできるように頑張りたいと思います。