メニュー

ERROR

2015.08.08

夏季オープン戦 8月2日 早大東伏見グラウンド

接戦を落とし、夏季オープン戦2連敗

TEAM
早大
亜大 ×

 夏季オープン戦(オープン戦)は2試合目、この日早大は亜大と対戦した。序盤から投手戦が繰り広げられ、ロースコアの展開。終盤に試合は動いた。1-1で迎えた7回裏、先発の竹内諒(スポ3=三重・松阪)が2点本塁打を浴び勝ち越しを許す。続く8回に丸子達也(スポ4=広島・広陵)の本塁打ですぐさま1点を返すも、あとがつながらず反撃はここまで。2-3で敗れ、オープン戦は連敗スタートとなってしまった。

 あと一本が足りなかった。初回、茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)、丸子が連続出塁し、5番・石井一成(スポ3=栃木・作新学院)が中前適時打を放ち幸先よく先制点を奪う。クリーンアップの3人が持ち味をしっかり発揮した。しかし、2回以降は相手投手を攻めあぐね、なかなか得点につながらない。それでも1-3で迎えた8回、丸子の本塁打が飛び出して1点差となり、さらに1死一、二塁とチャンスを作り亜大を追い詰める。これ以上ない好機であったが、後続は併殺に倒れ、追加点を挙げられない。最後まであと1点が遠かった。

 終盤の2失点が重く響いた。先発のマウンドに上がったのは竹内。威力のある直球でフライアウトを多く稼いだ。味方の好守にも助けられ、6回までの失点は3回のソロ本塁打による1点のみ。先発投手としてしっかりと試合をつくる。粘り強い投球を続けていたが、7回、相手打線につかまった。先頭打者に安打を浴びると、続く打者に痛恨の逆転2点本塁打を許し、ここでマウンドを後にする。この日は6回を投げ被安打は4と全体的には好投を見せていただけに、2本の手痛い一発は悔いが残った。

逆転本塁打を浴び、立ち尽くす竹内

 クリーンアップは好調を維持しているが、下位打線はこの日無安打と元気がなかった。得点力強化のためには、打線全体の勝負強さが求められる。オープン戦は始まってまだ2戦目。今後も実力のあるチームとの試合が予定されている。数多くの実戦を通して、早大自慢の攻撃力にさらに磨きをかけていきたい。

(記事 井口裕太、写真 吉原もとこ)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。