メニュー

ERROR

2015.08.02

第88回関東学生選手権 8月2日 神奈川・横浜国際水泳場

エース不在もメドレーリレーで表彰台に

 関東学生選手権2日目。会場が盛り上がりを見せた花形種目

400メートルメドレーリレーでは3位に入賞を果たした。また、個人種目でも伊藤愛実

(社1=東京・早実)が表彰台へと乗る。しかし、女子100メートルバタフライでは田

村美紅(スポ3=埼玉栄)と志賀珠理奈(スポ1=埼玉・武南)はともに順位を落とし、悔

しい結果に。ワセダは女子総合4位と大会初日と同じ順位で2日目を終えた。

 大きな声援で盛り上がり、注目された女子400メートルメドレーリ

レー。第1泳者背泳ぎの山口真旺(スポ2=兵庫・須磨学園)はスタートから良い位置に

つけ、2位で第2泳者の田村へ。積極的に飛び出した田村は、前半の折り返しの時点で1

位に躍り出る。「後半もテンポよく泳ごう」という宣言通り、ターン後もレースを先導し

後続へと引き継いだ。しかし、その後志賀、伊藤と1年生でバトンを繋ぐも筑波大と日女

体大に追い越され3位に。今大会は平泳ぎのエース渡部香生子(スポ1=東京・武蔵野)

が不在のため四人全員の得意種目で組んだメンバーではない。そんな中、上級生と下級生

が力を合わせて表彰台へ上ったことはチームの収穫となった。

専門外の平泳ぎで力泳を披露した田村

 一方、個人種目では女子200メートル自由形にルーキー伊藤が出場

。予選を1位で通過し、迎えた決勝では前半を3位で折り返す。後半に入り先頭をうかが

うもなかなか前に出ることができない。ゴールタッチ間際の接戦の中3位に食い込んだが

、予選からは順位を落としてしまった。「ターン後からのラップタイムがすごく遅かった

」と後半に力が及ばなかったことを反省点とする。あすの女子100メートル自由形は

「200メートルに繋がるレースをしたい」と1カ月後の日本学生選手権を見据え、強化

し直すことを誓った。また、女子100メートルバタフライでは田村と志賀が登場。初日

の女子200メートルバタフライに引き続いての活躍に期待がかかったが、それぞれ4位

と7位に沈む結果となった。

女子部の自由形中距離を支える伊藤

 「やるしかないという気持ちで点数を取りたい」と上級生ならではの

責任感の強さを語った田村。その言葉通り、あすも得点源となるであろう背泳ぎや自由形

、女子800メートルフリーリレーが控える。1か月後の大舞台へ向け、チームが少しで

も良い状態で臨めるように最終日も全員で一丸となって挑む。

(記事 笹澤桜、写真 杉野利恵)

結果

◇決勝

女子200メートル自由形

伊藤 2分03秒48【3位】

女子100メートルバタフライ

田村 1分01秒25【4位】

志賀 1分02秒09【7位】

女子200メートル個人メドレー

滝本純子(教3=東京・早実) 2分19秒66【5位】

三浦奈波(社1=東京・早実) 2分23秒32【9位】

女子800メートル自由形※タイム決勝

友行由子(教3=東京・早実) 9分09秒39【7位】

男子1500メートル自由形※タイム決勝※オープン参加

寺崎拓海(スポ2=茨城・並木中教校) 16分15秒43

女子400メートルメドレーリレー※タイム決勝

山口、田村、志賀、伊藤 4分14秒26【3位】

◇予選

女子200メートル自由形

伊藤 2分04秒13【1位】

女子100メートルバタフライ

志賀 1分01秒47【4位】

田村 1分01秒72【5位】

女子200メートル個人メドレー

滝本 2分21秒42【5位】

三浦 2分23秒02【8位】

溝上壽乃(国教2=東京・早実) 2分25秒42【14位】

コメント

田村美紅(スポ3=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうは本命の個人種目の100メートルバタフライとスタイルではないメドレーリ

レーがありました。きのうの疲れが残っている中で頑張ろうと思いました。

――得意の100メートルバタフライでの1分01秒25というタイムにつ

いてははどう思いますか

きのうはすごく調子が良かったので、1分を切ることを目標としていました。このタ

イムには満足していませんし、インカレにむけてどこが悪かったのか、どこを改善すべき

なのかを見直していきたいと思います。

――4位という結果についてはどう思いますか

確かに強い選手も出ていましたが、自分のベストタイムでなくても1位をとれたので

、満足していません。

――平泳ぎでメドレーリレーに出場されていましたが、なにかチームで目標

はありましたか

筑波大学と日本女子体育大学が強いと分かっている中で、チームで戦っているので表

彰台に登らないといけないと思っていました。背泳ぎの山口選手以外きょう個人種目があ

ったので、試合前に一人ずつ具体的な目標を言って、それを達成できるように頑張りまし

た。

――田村選手の具体的な目標はなんでしたか

平泳ぎは3番目の専門種目なのですが、ターンごとにドルフィンキックをしっかり打

つことと、平泳ぎはテンポが落ちやすいので、後半でもテンポ良く泳ごうと思いました

――どのような思いでメドレーリレーを泳ぎましたか

インカレでは、ブレストのスペシャリストである1年の渡部選手(香生子、スポ1=

東京・武蔵野)が泳ぐと思います。今回は1年、2年、3年でチームが構成されていて、

自分が1番上だったので、1番で帰ってこなければいけないと思っていました。

――3位という結果についてはどう思いますか

インカレでは筑波大学と日本女子体育大学には負けません。1年生2人が初めての舞

台の中で、3位に届いて良かったと思います。

――2日目を終えて、ワセダは4位ですがチームとしてどう思いますか

きのうの時点できょうが勝負どころだと話していました。2年の三浦選手が9位で残

ってくれたりと、まあまあな感じでしたが、やはり3位に届いてほしかったと思います

――あしたはどのように戦っていきたいですか

あしたは背泳ぎと自由形が中心になると思います。最後の800メートルフリーリレ

ーでは、やるしかないという気持ちで点数を取りたいと思います。

伊藤愛実(社1=東京・早実)

――1位通過となった予選はどのような感覚で泳ぎましたか。

いつもばちゃばちゃ泳いでしまうので、前半突っ込むというよりも焦らずに前半と後

半(のタイム)を揃えるようなレース展開をできるように落ち着いて泳ぎました。

――決勝ではタイムは上がったものの、順位は落としてしまいました。振り返

っていかがですか

前半は予選よりも速いタイムで入れたのに100メートルのターン後からラップタイ

ムがすごく遅かったです。インカレでは最後周りとも勝負にもなってくると思いますし、

後半勝負になってくると思います。そこをもう少し強化する練習をしていきたいです

――リレーでは前を追う展開になりました。どのような気持ちで挑みましたか

周りとの接戦というような状況でしたが、周りはあまり見ないようにしました。集中

して、自分のレースをしようと思いました。

――あすの100メートル自由形はどのように泳ぎたいですか

インカレは200メートル(自由形)と400メートル(自由形)に出るので、イン

カレ出場種目ではないのですが、メインである200メートルに繋がるようなレースをし

たいです。