メニュー

ERROR

2015.06.30

第68回関東大学リーグ戦 6月27日 東京・後楽園ホール

2部残留に向け、明大に手痛い敗戦

 これまでリーグ戦3連敗と、2部残留に向け後がない早大。第4節は、明大を相手に迎えた。ライトフライ級・岩田翔吉(スポ2=東京・日出)がケガに見舞われながらも2-1で判定勝ちをもぎ取ると、ライト級・淡海昇太(教3=神奈川・浅野)も善戦を繰り広げ3-0の判定勝ち。しかし、今試合でもチームとして力を発揮できず、敗戦が続いた。最終スコア2-5で試合終了。リーグ戦初勝利のカベは、高く厚かった。

 この日、ケガを抱えていたことに加え、体調が優れず「コンディションが良くなかった」という岩田。それでも1ラウンド(R)では、相手の隙を突くように慎重に試合を運び、優勢を保った。しかし、ペースが乱れたのは2R。相手の的確なストレートに翻弄(ほんろう)され、主導権を握られる時間が続く。今までのリーグ戦4戦を通して初めて劣勢となるが、その後は息を吹き返して2-1でなんとか判定勝ちを収めた。続くフライ級・花立修平(文4=東京・早稲田)。2Rで申告されたのは、まさかの出血による負傷判定だった。試合は敗戦となったが、白熱した戦いを繰り広げた花立に対し会場は大きな拍手で包まれた。

試合開始前に円陣を組む早大

 3戦目に出場したバンダム級・江口礼(スポ3=栃木・作新学院)が判定負けを喫してしまうと、この悪い流れを断ち切ったのが淡海。冷静にゲームを支配し、終始相手を圧倒して3-0で早大に2勝目をもたらした。この勢いに乗るべくライト級・土田大輔(教1=富山・呉羽)は試合に臨んだ。「固くなって積極的にいけなかった」と土田は試合を振り返るものの、公式戦初出場の1年生ルーキーながら堂々としたボクシングを披露する。判定負けを喫したが次につながる試合となった。しかし、早大はその後立て続けに2選手が敗戦。2-5で、またもや悲願の初勝利には手が届かなかった。

落ち着いたボクシングで勝利を挙げた淡海

開幕から4連敗となった早大。選手が口をそろえて言うように、気持ちの部分で負けてしまっていると言えるのかもしれない。次戦の日体大戦は、泣いても笑ってもリーグ最終戦。有終の美を飾れるか――。チーム一丸となり、勝利に向け突き進んでいく。

(記事 寒竹咲月、写真 寒竹咲月、中村ちひろ)

 

関東大学リーグ戦第4節
階 級 早 大 スコア 明大
LF 岩田 翔吉 ○2(30-27 28-29 29-28)1●  工藤 洸弥
花立 修平 ●0(17-20  17-20  17-20)3○ 東島 健
江口 礼 ●0(27-30  27-30  28-29)3○ 内野 造史
淡海 昇太 ○3(30-27  30-27  29-28)0● 犬島 峻平
土田 大輔 ●0(28-30  27-30  27-30)3○ 小山内 幹
LW ◎赤井 雄介 ●0(27-30  27-30  27-30)3○ 米澤 直人
東 真也 ●0(27-30  28-29  28-29)3○ 玉山 勝也
※◎はゲームキャプテン、監督は遠藤寛治(昭60商卒=東京・早大学院)
コメント

岩田翔吉(スポ2=東京・日出)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

ケガをしてしまい万全な状態ではなかったですが、自分の当てたいパンチも当たったし個人としては満足しています。でも、チームとして今回は勝ちたかったので少し残念です。

――いままでの試合よりは苦戦している印象でしたが、ケガの影響が大きかったのですか

そうですね。コンディションは良くなかったです。ライトフライ級は一人だけで僕が出れないとまずいので気合いを入れて頑張りました。

――1年生の土田選手(大輔、教1=富山・呉羽)が初出場でしたが印象は

よく頑張ってくれました。もっと勝ち方を僕を含め上級生が教えていけば良くなると思うので期待しています。

――次の最終戦までの2週間の間に強化していきたいところは

とりあえずケガを直すことが必要だと思います。

――最終戦への意気込みをお願いします

次も圧倒的に勝ちます。

土田大輔(教1=富山・呉羽)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

大学に入って初めての試合だったので、固くなって積極的にいけなかったのが少し残念です。

――高校のボクシングとの違いなど感じられましたか

特に感じませんでした。

――早大の雰囲気はいかがでしょうか

とても良いです。自分もやりやすいです。

――最終戦への意気込みをお願いします

自分が勝って、少しでもムード良くできるように頑張りたいです。