メニュー

ERROR

2015.06.15

関東学生リーグ戦 6月13日 早大所沢キャンパスアクアアリーナ

1点差勝負を制し、筑波大にリベンジを果たす

TEAM 1P 2P 3P 4P
筑波大 10
早大 11
▽得点者
深川4、瀧川3、山田2、深田2

  白熱した試合が繰り広げられている関東学生リーグ戦(リーグ戦)も最終週を迎えた。現在、上位4チームによる順位決定リーグに臨んでいる早大は、この日筑波大と対戦。前回敗れている相手だけに是が非でも雪辱を果たしたいところだった。ディフェンスの意識を徹底させ、少ない失点で序盤からゲームを進める。4-5で迎えた第3ピリオドで逆転に成功し、最大3点差までリードを広げた。最後ピリオド終盤で一点差まで追い詰められたが、気持ちを切らさず粘り強いプレーを見せ何とか逃げ切る。価値ある一勝となった。

  試合は最後まで一点を争う展開となった。第1ピリオド、深田隼輔(スポ4=鳥取中央)のゴールで幸先よく先制点を獲得。ゴールキーパー高島丈司(社3=東京・明大中野)を中心としたディフェンスが光り、ロースコアでゲームは進む。3-3の同点で迎えた続くピリオドで、一時は2点差をつけられこのままペースを握られてしまうかに思われた。だが、残り時間わずかで深川幹徳(スポ3=福岡工)のパスに山田太一(スポ1=埼玉・秀明英光)がワンタッチで合わせ1点差に戻す。両者の意地がぶつかり合う一戦は後半へと続いた。

堅いディフェンスから攻撃へのリズムを作った

  前回の対戦ではゲーム後半で連続失点を許し試合を決められてしまっただけに、ここからが踏ん張りどころだった。5-6と1点ビハインドの第3ピリオド中盤、深川のプレーが早大に流れをもたらす。右サイドから桜井祐太(人3=東京・城北)からのパスを受けた深川がミドルシュートを放ち、ゴール右隅に突き刺さった。「先週の試合では右サイドから攻撃に持ち込めなかった」(桜井)と話していたが、勝負所で右サイドが機能し同点に追い付く貴重な一点となる。さらに深川は勝ち越しの得点を奪うなど後半だけで4得点の活躍を見せ、勝利に大きく貢献した。

勝利に貢献する得点を決め喜びを表す深川

 「守ってカウンターという僕らの形を出せた」(深川)とチームが目指しているスタイルを体現できたこの一戦。接戦をものにし、前回のリベンジを果たすことができたのはチームにとっても大きな自信になっただろう。最終戦の日大とは、予選リーグでも好勝負を演じてきただけに、一つのプレーが試合の結果に大きく響いてくる。これまでの集大成として、納得のいく勝利を収めてリーグ戦を締めくくりたい。

(記事、写真 井口裕太)

関連記事

王者・日体大に連日の敗戦(6/09)

日体大に実力の差を見せつけられ大敗(6/09)

中大に勝利するも課題が残る結果に(6/03)

コメント

桜井祐太(人3=東京・城北)

――1点を争う試合でしたが、試合全体を振り返ってみて

1巡目で筑波大と対戦した時は前半はロースコアで、後半に点差をつけられて負けてしまいました。そういう部分を改善するつもりでいました。また先週、日体大と対戦してだいぶひどい試合をしてしまっていたので、修正がうまくできた部分と、(きょうの試合でも)最初はうまく乗れなかったといった悪いところと両方ありましたね。

――前半ロースコアに持ち込めたのはプラン通りだったのでしょうか

本来であればもう少しいらない失点がありました。最後、(相手の)4番からのシュートもいらない点数でしたね。

――前回の対戦と比べて、試合後半にペースを引き寄せることができましたね

後半はうまく粘れて、そこでチャンスを作ることができたのでよかったと思います。

――先週の試合から今週に向けて何か修正した点などはありましたか

僕がいる右サイドですが、前回の筑波大戦と先週の日体大との試合で右サイドで全然ボールをつなげられなくて攻めに持っていけず、イージーミスからのカウンターが多かったです。イージーミスを無くすことと右サイドでうまくボールをつなげることを重点的に練習をしてきていたので、うまくいったと思います。ですが、ディフェンスのときのプレスが多少甘くなってしまったので、そこは改善していかないといけないと思っています。

――試合後半は、深川選手の得点に絡む場面も見られましたが、そういった点は収穫となるでしょうか

そうですね。うちのチームはカウンターのチームなので、最後までしっかり泳ぎ続けることが大事になってきますね。

――リーグ戦を1ヵ月ほど戦ってきましたが、チームが成長したところは何かありますか

(リーグ戦の)最初のほうは攻撃があまりかみ合っていませんでしたが、(リーグ戦)後半になってきて少しずつよくなってきました。逆に、ディフェンスがイージーになってきているところもあるので改善していきたいです。

――きょうのゲームはこれまでのベストゲームと呼べるでしょうか

今までの中ではそうかもしれませんが、まだまだな試合だと思います。

――あしたリーグ戦の最終戦になりますが、意気込みをお願いします

インカレ前にチーム全員でできる最後の公式戦となるので、しっかり気合を入れて、チームとしてのディフェンスからカウンターへという攻め方をして勝ちたいと思います。

深川幹徳(スポ3=福岡工)

――試合を終えてみていまの気持ちを聞かせてください

総合的に見ると守備が整って締まりのある試合だったと思います。失点も少なく1ゲーム目はロースコアで運べたので。最後のほうはトントンと(点数を)入れられてしまって流れを持っていかれそうになりました。集中を最後まで切らさず相手がどんなプレーをしてきても、どんな笛が鳴っても僕らが落ち着いて試合運びできるようにやっていきたいですね。

――最後の2失点は気持ちの部分で焦りが出てしまったのでしょうか

焦りが出てくるので3点差あったものを2点差までにとどめて試合を終えられたらもっと余裕があったと思います。

――第3ピリオドからいいプレーが目立ちましたね

向こうがバテてきたので、そこの隙を逃さずやりました。スタミナが持ち味なので、泳ぎで頑張りました。

――ミドルシュートも積極的に打っていましたね

どんなにいいシュートを打っても入らないときはあるので、きょうはたまたまいいところにいってくれてよかったです。

――前回の対戦と比べて、きょうの試合がどこがよかったのでしょうか

最初からディフェンスがそつなくできていて、ロースコアの展開に持っていくことができました。また、決定率がよかったかはわかりませんが、シュートも決まっていたのでそこが勝因かなと思います。

――プラン通りの試合ができたということでしょうか

守ってカウンター、守って攻撃という僕らの形が出せたと思います。

――あしたの最終戦に向けて意気込みをお願いします

前回勝っている相手なので、ディフェンスからカウンターへと僕らの持ち味で最後まで気を抜かず、勝って終われたらなと思います。