メニュー

ERROR

2015.06.10

関東学生リーグ戦 6月7日 千葉・秀明大ウォーターポロアリーナ

全員の力を結集するも最終戦は粘り負け

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大
秀明大 13
▽得点者
小路2、大竹2、齋藤2、徳用

 ついに関東学生リーグ戦(リーグ戦)の最終日を迎えた。対戦相手は一巡目に5点差で黒星を喫した秀明大。主将の小西晃代(社4=埼玉・秀明栄光)が不在ではあったが、前半は好調な滑り出しを見せた。しかし後半、相手の猛攻により一気に点差を離されてしまい、7-13で試合は終了。リーグ戦は1勝も奪うことができないまま幕を閉じた。

 ゲーム前半は一点を争う好展開であった。大竹いこい(教2=東京・藤村女)の先制点から始まり、その後互いに点をとり合い2-2で第2ピリオドを迎える。立て続けに3点を失ったあと、早大は反撃を開始した。パスを連携させたのちに齋藤有寿(スポ2=山形工)がロングシュートを決める。残り1分30秒には小路安希(スポ3=埼玉・秀明英光)から徳用万里奈(社2=埼玉・秀明英光)、そして最後は大竹へとつなぎ、ゴール右側へ豪快に叩きつけて5-5の同点に。直後、大竹が永久退水(※)となり再び得点を決められてしまうも、このピリオド残り5秒で起きたプレーに歓声が沸き起こる。田中寧葉(スポ4=埼玉・秀明英光)のロングシュートを相手キーパーがはじくと、こぼれ球にすかさず反応しゴールに押し込んだのは齋藤だった。終了直前に起こったまさにビッグプレー。再び試合を振り出しに戻し、前半を折り返した。

同点となる得点を決め笑顔を見せる齋藤

 第3ピリオドではゴールキーパー松岡美有(スポ1=埼玉・秀明英光)の好セーブが光る。1年生ながら積極的なプレーで相手の攻撃をしのぎ、チームに大きく貢献した。一方でスタミナ不足からかパスミスやシュートを外すなど精彩を欠く場面が目立ち始める。一点も奪うことができず、6-8と2点ビハインドで最終ピリオドを迎えた。「集中力も切れ、退水になる選手が増えてきたのもあって焦りがありました」(小路)。一度狂った歯車は止められず、残りの2分で一気に4点を失う。逆転の願いはかなわず、無念の敗北となった。

1年生の小泉はリーグ戦を通じて大きな成長を見せた一人だ

 最終戦について地平達郎監督(昭46政卒=東京・早大学院)は、「今までで一番いい試合運びだった」と振り返る。結果は振るわなかったものの、確実な成長を見せた。日本学生選手権まで残り3ヶ月。選手たちは「一人ひとりの力を伸ばしていくことが課題」(松岡)、「もっと全員が同じレベルまで上がっていかないといけない」(小路)と表情を引き締める。全員水球という団結力を武器に、この夏、女子部の勢いはさらに加速していくだろう。

※退水が累積3回となった選手は、残り時間出場できない。

(記事 寺脇知佳、写真 谷田部友香、井口裕太)

関連記事

接戦繰り広げるも、終盤に突き放され力尽く(6/09)

最終ピリオドで猛追を見せるも、日体大に惜敗(6/03)

秀明大に敗戦、ディフェンス面での強化が課題に(6/02)

コメント

地平達郎監督(昭46政卒=東京・早大学院)

――最終ピリオドで相手に突き放されてしまいましたがその原因はどこにあったでしょうか

きょうはキャプテンが不在で、さらにもう1人のコンディションも万全ではなく、試合全てで使うことはできなかったんですね。ですから今まで試合に出ていない2人を使っていました。そういった中で第3ピリオドまではよくやったと思いますよ。今までで一番いい試合運びになったと思います。ですが第4ピリオドでスタミナ不足というか少し疲れてきて差が開いてしまいましたね。

――出場機会が少なかった選手が試合に多く出られたのはきょうの収穫になりますか

4年生の2人が抜けて来年のメンバーに近い形でやっていたので、底上げになったと思いますね。いい経験になったのではないでしょうか。

――リーグ戦は1勝もできずに終わってしまいましたが、この事についてはどのように捉えていますでしょうか

現状ではこのくらいかなという気がします。ディフェンスがあまりよくないので、ディフェンスを考えないとダメですね。攻めることは一生懸命やるんだけれども、ディフェンスになると甘くなるというかやり方が少しまずい部分がありますね。その辺が試合の後半に出て、退水が出たり相手のカウンターを受けたりだとかいうことにもつながっている気がします。結果は結果として当然受け止めないといけませんが、インカレ(日本学生選手権)に向けての課題は我々も分かったし選手もわかっていると思います。4チームとも絶対的な差があるわけではないので、どこが勝ってもおかしくないような力関係なのでこれからどうやっていくかですね。

――このリーグ戦の中で成長を見せた選手はいましたでしょうか

一番いいのはゴールキーパーですね。うまくなったと思いますよ。積極的に出ているし、非常にゴールキーパーは成長したと思います。

――インカレまでの3ヶ月間どのようにチームを仕上げていきたいでしょうか

ディフェンスのチームにします。0-0で引き分けてもいいチームを作りたいと思います。

小路安希(スポ3=埼玉・秀明英光)

――きょうを振り返って

きょうは主将の晃代さん(小西主将、社4=埼玉・秀明英光)がいなくてサブメンバーということもあったのですが、一生懸命できたと思います。

――田中寧葉選手(スポ4=埼玉・秀明英光)が試合に出ていないときはどのようなことを意識されていましたか

来年のことも考えて、私が一番上というのもあって地平さんに(小路が)一番上だから頑張れと言われて意識したのですが、ちゃんとできたかどうかはわからないです。

――作戦はありましたか

向こうがカウンター重視だったので、無理に攻めはせずカウンターされないようなオフェンスを意識しました。

――前回の対秀明大戦と比べ、ボールのまわり具合は

今回のほうがボールはまわっていたかなと思います。

――ディフェンスは

一対一の強化ができていませんでした。カウンターされることもありますが、一対一ではやられてはいけないなと思いました。

――同点となってからの変更点は

変えてはいませんが、やっぱりこっちの集中力も切れ、退水になる選手が増えてきたのもあって焦りがありました。

――もっと得点できたのではないかという点は

カウンターがあまり出せなかったので、向こうに一対一で抑えられ、あまりシュートが効かなかったのは感じました。

――今後強化しなくてはならない点は

やっぱり一対一で負けてはいけないのと、あともっと全員が同じレベルまで上がっていかないといけないな、と思いました。

松岡美有(スポ1=埼玉・秀明英光)

――ここまで5連敗ですが、この最終戦はどのような意気込みで挑まれましたか

最後だからというわけではなくて、毎試合毎試合勝つという勢いでやろうという風に最初にみんなで言っていて。絶対勝つという気持ちでいったんですけど、負けてしまいました。

――敗因は何だと思いますか

自分たちのミスから相手のチャンスになってしまったところです。自分も止められるシュートを止められていなかったり、そういった小さいミスから負けてしまったと思います。

――後半で点差を広げられましたが

最後のピリオドで4点差ついたときに負けだと決めてしまったところがよくなかったと思います。

――リーグ戦を通じて見えた課題はありますか

きょうスタメンの先輩の選手が一人いなくて代わりに他の人が入ったんですけど、誰が入っても同じことをできるようにすることです。自分もですが、もっとミスを減らすことができるように一人ひとりを伸ばしていくことが課題だと思います

――キーパーとしてリーグ戦に出場してきて感じたことはありますか

やはり自分がもっと成長しないといけないなと思いました。(キーパーが)一人ですし、もっと頼ってもらえるキーパーにならなきゃいけないなと感じています。

――次の大会に向けて一言お願いします

次は絶対に勝てるように頑張ります。