メニュー

ERROR

2015.05.31

関東学生リーグ戦 5月30日 神奈川・日体大健志台プール

筑波大に手痛い黒星を喫する

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大
筑波大
▽得点者
山田、池水、瀧川、深田、深川

 強い日差しが照り付ける中行われた関東学生リーグ戦(リーグ戦)。中盤に差し掛かったこの日はリーグ戦を4連勝している筑波大との全勝対決となった。第1ピリオドから熱い戦いが繰り広げられる。両チーム強固なディフェンスが機能しロースコアとなった。前半終了時のスコアは2-2。第3ピリオドで主導権を筑波大に握られた早大は、そのまま流れを取り戻すことができず、5-8で初黒星を喫した。

 試合開始から両チームの意地がぶつかり合った。「真ん中を中心にしっかりとディフェンスを固めた」(瀧川峻也主将、スポ4=京都・鳥羽)。桜井祐太(人3=東京・城北)がサイドからの攻撃に厳しいプレスをかけるなど、各選手が必死の守備を見せ、相手に決定的な場面を生ませなかった。両チーム長いラリーが続いたゲーム前半。攻撃陣は得点を生み出しチームに弾みをつけたいところだったが、ゴール前でシュートを放つまでなかなかつなげられず。第2ピリオドが終わった時点でのスコアは2-2と、1点が大きな意味を持つ試合となっていった。

サイドでの守備に大きく貢献した桜井

 勝負の明暗を分けたのは第3ピリオドだった。徐々にディフェンスにほころびが見え始めた早大。最後の詰めの甘さにつけこんだ筑波大にゴールを許し、リードを広げられてしまう。瀧川主将は「しんどいところで踏ん張り切ることができなかった」と、悔しさの表情をにじませた。最終ピリオド、山田太一(スポ1=埼玉・秀明英光)らの得点で追い上げを見せたが、前のピリオドでの失点が大きく響き、逆転までには至らず。互角の力を持つ相手に、手痛い敗戦となってしまった。

必死の姿勢で一点を防ぐ瀧川主将

 この試合の勝敗の差となったのは決定力だった。ゴール前で決定的な場面もあったが、それを得点につなげられなかった早大。一方、少ないチャンスを確実に生かした筑波大。上位相手に勝ち星を得ていくためには、得点力を上げていくことが求められる。「また切り替えてチーム一丸とやっていく」(瀧川主将)。次の中大戦では一戦必勝の姿勢で臨んでいきたい。

(記事 井口裕太 写真 寺脇知佳)

関連記事

池水の6得点で日大を撃破!(5/28)

終盤で専大を突き放し、リーグ戦3連勝(5/26)

リーグ戦白星スタートも課題残る(5/17)

 

コメント

瀧川峻也主将(スポ4=京都・鳥羽)

――第3ピリオドが明暗を分けてしまいましたね

1、2ピリオド目と同点で長いラリーが続いて、すごくしんどい展開が続いていました。そこで3ピリオド、何回かチャンスはありましたが最後のディフェンスの詰めであったり、シュートミスであったり、しんどいところで踏ん張りができなかったかなと思います。逆に筑波大はそれができたから点が決まっているということで、しんどいところでの踏ん張りという部分ですね。

――決定力の部分でも差が見えました

決定率の悪さというのもいまのワセダの課題であります。

――前半はディフェンスがうまく機能していたと思います

全員でしっかり守れて、点数に関しては1-1、2-2とかなりロースコアでした。僕たちのチームのスタンスとしてはディフェンスが第一で次にオフェンスという考えなので同点に持ち込めたという点においてはよかったですが、もう少し得点力を上げたいですね。

――チームとして徹底したこともディフェンスでしょうか

筑波大はすごく攻め方がオーソドックスで、カウンターからセットを組んでパス回しから中でシュートという感じです。真ん中にすごい有力な選手がいるので、そこを中心にしっかりディフェンスで固めていくということでした。

――あした以降も試合は続きますが、最後に意気込みをお願いします

きょうは筑波大に負けましたが、あしたもリーグ戦の大事な試合ですので、気持ちを切り替えてチーム一丸となって頑張ります。