メニュー

ERROR

2015.05.29

早慶合同デモンストレーション 5月27日 早稲田キャンパス

眼前の栄光へ。熱気は十分

 優勝まで、あと1勝。いよいよ早慶戦が今週末に迫ったこの日、早慶合同デモンストレーションが行われた。早大が優勝に王手をかけていることもあってか、会場は例年を超える盛り上がりに。慶大應援指導部や早大野球部の主力選手も駆けつけ、本番モードを印象付ける応援となった。

 最初に披露したのは、ワセダが誇る第一応援歌『紺碧の空』。センターリーダーを務める川岸建太副将(教4=三重)の「主役は観客のみなさん」という言葉に呼応するかのように、駆けつけた学生は大きな盛り上がりを見せた。続いて慶大應指導部が早大に負けじと『若き血』を披露した後、早慶合同で『Blue Sky Waseda/Keio』 のパフォーマンス。両校がお互いに力強い応援で観客を魅了した。

第一応援歌『紺碧の空』を披露

 そして行われた応援合戦。初めに慶大が『ダッシュケイオー』を中心としたチャンスパターンメドレーで気合を示せば、続く早大は『大進撃』、『コンバットマーチ』を中心とした『ワセダ必勝応援曲メドレー』を披露。マイクパフォーマンスでは互いに話題の早慶戦ポスターを引き合いに出し、会場は大いに沸いた。続いて登場したのが野球部の選手たち。重信慎之介副将(教4=東京・早実)、渡辺琢也(教4=東京・早実)、川原孝太(文構4=静岡・掛川西)、吉野和也(社3=新潟・日本文理)が姿を見せ、重信が「野球部と応援部一丸となって必ずや勝利をつかむ」と語るなどそれぞれが決意を述べた。そして最後は中谷篤人代表委員主将(創理4=静岡・掛川西)のリードで校歌を斉唱。早慶戦への期待を抱かせる形でデモンストレーションは幕を閉じた。

慶大チャンスパターンメドレーで盛り上がる会場

 「例年に比べて盛り上がりを感じている」(中谷)という手ごたえが感じられるデモンストレーションとなった。一方で「一戦一戦を大事に」(中谷)、「伝統を守りたい」(堤史門慶大應援指導部主将)と、両校とも一過性にとらわれない平素の応援の大切さを認識している。今週末、明治神宮野球場では脈々と受け継がれてきた伝統の応援を。そして待ち望んだ早大優勝という歓喜の瞬間を目撃することができるだろう。

(記事 鈴木泰介、写真 石川諒)

中谷篤人代表委員主将(創理4=静岡・掛川西)

――デモンストレーションを振り返っていかがでしたか

ケイオーとの合同デモンストレーションということですごく盛り上がりもあって、早慶戦前にいい形でステージができてよかったなと思います。

――優勝が目前に迫っていることについては

優勝というよりは、目の前にある一戦一戦を大事に、ということを春季リーグ戦を通じて全部員の共通認識として持ってきたので、早慶戦でも変わらず一戦必勝でケイオーから勝ち点を取ることを大事にしてやっていきたいと思います。

――早慶戦前の盛り上がりについては例年と比べていかがですか

優勝がかかっているということもありますし、チケットも売り切れているということで、例年に比べて盛り上がりを感じています。

――優勝パレードの用意はされていますか

もちろん絶対にするつもりで準備をしています。

――最後に早慶戦に向けた意気込みをお願いします

やはり応援部としては、早慶戦というとさまざまな企画もあってお祭り的な要素がありますが、それより私たちが重点を置くべきはワセダの選手を勝利に導くための応援を作り上げるというところなので、最初から最後まで全力で神宮球場を盛り上げていきたいと思います。

堤史門主将(慶大)

――ワセダでのデモンストレーションはいかがでしたか

ワセダの学生の熱意はすごくて、そこはやはりケイオーも盛り上がったほうが良いなと感じました。ワセダ生はいつでも熱意があるのではないでしょうか。だから、あれだけ早慶戦も盛り上がりますよね。一方でケイオーも負けてないというところがあります。普段クールなケイオー生でも、慶早戦では盛り上がります。逆にそこは誇りに思っています。

――両校とも優勝のかかった早慶戦、どのような応援にしていきたいですか

それは2つあります。優勝が絡んでるというのは関係なく、ずっと続く慶早戦の伝統を守りたい。(早慶戦)90周年ということで、これだけ注目されることはないですから。期待とプレッシャーがあると思います。期待を上回るような応援をワセダ、ケイオーで見せなくてはいけないという使命を感じています。