メニュー

ERROR

2015.05.27

春季関東学生リーグ 5月24日 神奈川・慶大日吉グラウンド

リベンジ果たせず4位に終わる

 4月から長きに渡って熱い戦いが繰り広げられた春季関東大学リーグ(春季リーグ戦)も、ついに最終戦を迎えた。3位決定戦の相手は予選リーグで敗北を喫した(●1-3)駿河台大。リベンジマッチとなったこの試合は、終始攻め込まれる苦しい展開となった。守備陣の奮起も見られたが、4点を奪われ完敗。春季リーグ戦は4位という結果で幕を閉じた。

 課題としていた立ち上がりの5分間。ここで痛恨の失点をしてしまう。「マークが甘くなってしまった」とFB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)が語るように、開始直後に先制点を許す。その後も正確なパス回しをされ、幾度となくサークル内でゴールに迫られる。GK南有紗(スポ2=埼玉・飯能)が必死のセーブを見せるも、前半だけで3点ビハインドという状況に。反撃の糸口をつかむことができないまま、ハーフタイムを迎える。

リベンジを誓い試合に臨んだ

 後半も相手に主導権を握られる展開となる。なんとか1点を返したいワセダは、縦パスから好機を演出するもののネットを揺らすことができない。すると12分に、フィールドゴールで失点。その後も駿河台大の猛攻に耐える我慢の時間帯が続く。それでも試合終了間際、連続してペナルティーコーナー(PC)を獲得。しかし八木澤やFW瀧澤育未(スポ3=滋賀・伊吹)のシュートは惜しくも決まらなかった。MF小澤眞帆(教3=埼玉・飯能)が左サイドを駆け上がるも、FW陣へのパスが合わない。結局1点も奪うことができないまま、0-4で完封負け。試合終了後、選手たちの表情は悔しさであふれていた。

攻撃の起点となった小澤

 ワセダはこの結果、春季リーグ戦を4位で終えることに。通算成績は2勝3敗。強豪校相手に、白星を飾ることはできなかった。「1部リーグは全体的にレベルが上がってきているので、私たちもレベルを上げたい」(八木澤)。次なる舞台は、全国から強者たちが集う全日本王座決定戦だ。「自分たちのレベルが試される場」と八木澤が語るように、今大会の悔しさをバネにチーム一丸となって上位を目指していく。

(記事 大森葵、写真 佐藤諒)

★南がGK王を受賞!

ワセダのゴールを守る南

 幾度となくワセダのピンチを救ってきた南が今大会のGK王に選出された。南は春季リーグ戦中にU-21日本代表として遠征にも参加しており、今後も守備の要としての活躍が期待される。また、ベストイレブンには八木澤、小澤、瀧澤育、南の4名が選ばれた。


春季関東学生リーグ
早大 0-3
0-1
駿河台大
関連記事

惜敗するも善戦/春季関東学生リーグ(5/19)

圧勝するも、次への課題が見つかる/春季関東学生リーグ(5/06)

大量10得点で快勝も、目標達成ならず/春季関東学生リーグ(4/21)

コメント

FB八木澤江里主将(スポ4=栃木・今市)

――3位決定戦ということでどのような意気込みで試合に臨みましたか

駿河台大とリベンジができるということで、こっちもすごく強い気持ちで戦ったのですが、結果は結果なので残念です。

――試合を振り返っていかがですか

戦術を考えていたのですが、やはり駿河台大の方が(ワセダに対する)研究がすごくて抑えられてしまったので、ワセダの研究不足だったかなと思いました。また技術の差が出てしまったと思います。

――早い段階での失点となってしまいました

開始5分以内に相手に攻撃をされないというのが私たちの課題でもあったのですが、マークが甘くなってしまったので、そこは改善点だと思うのでそこを直していきたいと思います。

――春季関東学生リーグは4位という結果となりました

1部は全体的にレベルが上がってきているので、私たちもレベルを上げたいと思っています。4位という結果はすごく悔しいですが、まだ終わったわけではないので王座(全日本大学王座決定戦)やインカレ(全日本学生選手権)、秋リーグ(秋季関東大学リーグ)に向けてチーム一丸となって、また一から頑張りたいです。

――王座に向けての意気込みと目標をお願いします

王座は強豪がくると思いますが、自分たちのレベルが試される場だと思います。そこでいかに自分たちのワセダらしいプレーができるかを挑戦する気持ちで、上位を目指して頑張っていきたいと思います。

FB瀧澤璃菜(スポ1=岩手・沼宮内)

――きょうはどのような意気で試合に臨みましたか

駿河台大戦は2回目だったので、リベンジという意味でチームでミーティングして共有意識を持っていきました。

――試合を振り返って

自分の動きが中途半端になっていたところが多かったと思うし、ディフェンスにしてもオフェンスにしても、もっと指示の声を後ろから出していかなければならないのに、見ていることが多かったと思うので、そこを反省しています。

――春季関東学生リーグに初戦から出場していますね

初めてなので大学の戦い方がまだよく分からないのですが、先輩方と一緒に試合させていただける大事な機会だと思っていますし、4年生さんとはことしで最後なので、自分なりに周りと一生懸命コミュニケーションを取ってやっているつもりです。

――大学と高校のホッケーの違いは何ですか

高校は走って足で勝負って感じだと思うのですが、大学に来たらいつも速攻、速攻ではなくて、緩急つけてパスでゲームを回す、走るっていうよりパスゲームだなと思います。

――全日本大学王座決定戦(王座)に向けての意気込みを教えてください

王座も初めてなので、先輩方に教えてもらったことに一生懸命取り組んで、先輩方についていきたいと思います。