メニュー

ERROR

2015.05.27

第68回関東大学リーグ戦 5月23日 東京・後楽園ホール

中大に敗戦、課題が残る結果に

 初戦は3-4で惜敗となった関東大学リーグ戦(リーグ戦)。第二節は昨季まで一部リーグに所属していた強豪、中大を相手に迎えた。開始からライトフライ級・岩田翔吉(スポ2=東京・日出)が判定勝ちを収める。しかし、その後は健闘するもあとが続かず六連敗。1-6で敗戦し、二部優勝に向け大きく遠のく結果となった。

 ライトフライ級にはリーグ戦全勝を目標に掲げる岩田が出場。岩田は虎視眈々(こしたんたん)と相手の隙を伺い、冷静に試合を運んでいく。2ラウンド(R)の1分33秒には強烈な左ストレートを披露するなど終始相手を圧倒。安定したボクシングで判定勝ちを収めた。しかし、続くフライ級・花立修平(文4=東京・早稲田)が1RでTKOをとられてしまう。ここで流れを変えるべくリングに上がったのは、バンダム級・江口礼(スポ3=栃木・作新学院)だ。1、2Rは劣勢。しかし3Rでは一貫して重心を低く保ち、重みのある一打を放っていく。判定は1-2で惜敗となったが、白熱した戦いを繰り広げた。

開幕二連勝となった岩田

 4戦目のライト級・田室慶多(人3=広島・修道)が1Rの2分38秒にTKO負けを喫する。続くライト級・淡海昇太(教3=神奈川・浅野)も相手のペースに飲まれて守りに入り、思うように自身のボクシングができない。判定負けとなり、思いは続くライトウェルター級・赤井雄介(政経4=兵庫・六甲山)、ウェルター級・東真也(基理2=東京・新宿)に託された。しかし、両者ともに力を出し切れず敗戦。早大は、最終スコア1-6で試合を終えた。

ボディを打つ江口

 「(チームとして)スコアは悪かったんですけど、内容的には悪くない」と伊藤未来也主将(スポ4=東京・駿台学園)は試合を振り返る。早大は常にあと一歩のところで白星を逃してしまっている状況だ。残り三戦、この差をどうやって埋めていくか。まさにいま、正念場を迎えている。
 

(記事、写真 寒竹咲月)

 

関東大学リーグ戦第2節
階 級 早 大 スコア 中大
LF 岩田 翔吉 ○3(30-27  30-27  29-28)0● 及川 雅人
花立 修平 ●TKO(1R2分17秒)○ 新井 勝
江口 礼 ●1(27-30  28-29  29-28)2○ 川浦 龍生
田室 慶多 ●TKO(1R2分38秒)○ 三代 大訓
淡海 昇太 ●0(27-30  28-29  27-30)3○ 村田 勝彦
LW ◎赤井 雄介 ●0(27-30  28-29  27-30)3○ 岡澤 セオン
東 真也 ●0(27-30  27-30  27-30)3○ 河口 周悟
※◎はゲームキャプテン、監督は遠藤寛治(昭60商卒=東京・早大学院)
コメント

伊藤未来也主将(スポ4=東京・駿台学園)

――チーム全体として試合を振り返っていかがでしたか

6-1だったんですけど、そんなに相手と離れていないと思います。スコアは悪かったんですけど、内容的には悪くはないのかなという感じです。

――今後、勝ちにいくために必要なことは

これからはもう、気持ちをまた入れ替えて練習一生懸命頑張るしかないですね。

――今年のチームの雰囲気は

きょねんおととしよりも良いと思うので、いい結果が出るんじゃないかと思っています。

――次戦への意気込みをお願いします

絶対負けられない相手だと思うので、勝ちます。

岩田翔吉(スポ2=東京・日出)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

こないだまで一部だった中大が、応援とチームの団結力があるなと思ったので、やっぱり早稲田はそういう部分が欠けているという印象でした。

――1-6というスコアはいかがでしょうか

バンタム級の江口さん(礼、スポ3=栃木・作新学院)が勝って、4-3で勝つイメージでいたんですけどそううまくはいかなかったです。

――今後、チームとして強化していくべき点は

やはり練習頑張ることと試合の勝ち方は違うと思うので、その辺をもう少し研究して、ラウンドの山場とかも考えながらコントロールしていけばもう少しチームとしてもよくなっていくと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

TKOで勝ちます!