メニュー

水泳部

2015.05.26

関東学生リーグ戦 5月23日 神奈川・日体大健志台プール

終盤で同点に追い付き、開幕戦は引き分けスタート

TEAM 1P 2P 3P 4P
日体大 11
早大 11
▽得点者
田中4、齋藤3、小西2、小路、大竹

 じりじりとする暑さを感じた初夏の陽気の下、女子部の関東学生リーグ戦(リーグ戦)が幕を開けた。先週の東日本リーグ戦で準優勝と上々のスタートを切った勢いに乗って開幕戦を白星で飾りたいところ。日体大とのこの一戦は、ゲーム序盤から得点の奪い合いとなった。第1ピリオドだけで両チーム合わせて9点とハイペースのスタートとなる。その後は逆になかなか得点を積み重ねられず、第3ピリオド終了時点で3点のリードを許す。最終ピリオドでこの劣勢を跳ね返し、初戦を引き分けで終えた。

 試合の出だしから両チーム積極的に攻撃を仕掛けた。自陣の退水(※)から先制点を奪われると、さらにカウンターからの追加点を許す。ゲームはこのまま日体大ペースで進んでいくかに思えたが、その後、反撃ののろしを上げた。早大のポイントゲッターである田中寧葉(スポ4=埼玉・秀明英光)の得点などで5-4と盛り返す。1点リードで迎えた第2ピリオド。「第1ピリオドがハイペースだったので、少しペースを落とそうと話した」(田中)というように、試合の流れを早大ペースに引き寄せようと試みた。パスカットからカウンター攻撃を展開し、ゴール前で決定機を迎える場面もあったが、得点になかなか結びつけられない。リードを広げられず、6-6の同点で前半を折り返した。

攻撃の起点となった小西主将

 第3ピリオドで5点を奪われ、相手に主導権を握られたまま試合が終わるかに思えた。しかし最終ピリオド、驚異の粘りを見せる。ショートパスを確実につなぎ、齋藤有寿(スポ2=山形工)がシュートを決め8-11に。この得点から一気に早大の追い上げムードとなった。10-11と1点差まで詰め寄った残り1分30秒。小西晃代主将(社4=埼玉・秀明英光)、齋藤とパスをつなぎ最後は田中がシュートを放ち、ついに同点に追い付いた。11-11でそのままゲームは終了。最大4点のビハインドを跳ね返した価値ある一戦となった。

果敢に相手ゴールに迫る田中

 決定的な場面を得点につなげられないなど課題も見つかった初戦となるも、簡単に相手に屈しない粘り強さが見られたことは今後につながっていくだろう。リーグ戦を日本学生選手権(インカレ)、日本選手権へのステップアップと位置付けている早大。この一戦を引き分けに持ち込めたことは、確実にチームが成長している証であるといえるだろう。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

(記事 井口裕太、写真 網代祐希)

コメント

田中寧葉(スポ4=埼玉・秀明英光)

――第1ピリオド以降、なかなか点を重ねることができませんでした

第1ピリオドで早大と日体大の合計得点が9点で、1ピリオドで9点入るのはハイペースだと思い、1ピリオド目が終わった後に相手に合わせるというかスロースタートとかではなくワセダらしい水球をするために少しペースを落とそうという話をしました。こちらもバンバン(シュートを)打たないわけではないのですが失点が多かったので減らそうと言って、後半がまだあったので前半は、久しぶりの外プールということもあり抑えていきました。

――一時4点差をつけられましたが、同点に追いついたことはどのように捉えていますか

第2、3ピリオドは意図的(に抑えていた)ので良かったですが、思ったよりも点を取られてしまったのでそれは良くなかったと思います。自分自身も、シュートを打った本数と得点の数が離れていたので、しっかり決めていれば勝てたのではないかと思いました。

――この試合で4得点を挙げましたが、田中選手ご自身の調子はいかがでしたか

あまり良くないですね。シュートを打った本数と得点の数が離れていたので、しっかり決めていれば勝てたのではないかと思いました。

――今後のリーグ戦をどのように戦っていきたいですか

これからの5戦、負けないようにしたいと思います。