メニュー

レスリング部

2015.05.20

東日本学生リーグ戦 5月20日 東京・駒沢体育館

目標への道は途絶えたが、確かな一歩

 『団体3冠』への夢ははまたしても散った――。今季最初の団体戦である東日本学生リーグ戦(リーグ戦)が開幕。早大にとって、運命の一歩が懸かっていた。1戦目の対大東大戦は難なく突破するも、続く対国士館大戦では苦戦を強いられる。互角の戦いではあったが、相手を崩すにはやはりあと一歩が足りなかった。

 今回のリーグ戦は、フリースタイル7階級で最軽量級から順に試合を行っていく形式だ。大東大との試合、まずは57キロ級の黒澤翔(スポ4=茨城・鹿島学園)がテクニカルフォール勝ちを決め、良い流れをつくる。その後も70キロ級の斎藤隼佑(スポ1=群馬・館林)、続く74キロ級の多胡島伸佳(スポ3=秋田・明桜)がバックポイントやローリングでのポイントを連取。2人は第1ピリオド(P)でゲームを終了させ、一気に早大のペースへと持っていった。ヤマ場となったのは、昨年、一昨年と優勝を果たしている国士館大との試合。昨年まで重量級として活躍していた保坂健(平27スポ卒=現自衛隊)や前川勝利(現ワセダクラブ)が抜けたいま、多胡島や新人の米澤圭(スポ1=秋田商)らのけん引に期待がかかった。米澤は1Pこそ苦戦するも、2Pで連続得点。7-2で白星を獲得した。

米澤は鮮やかなローリングで得点

 米澤がつくった流れに乗りたい多胡島。ここまで3勝1敗。あともう一つ白星を獲得できれば、1位決定戦へと駒を進めることができるはずだった。しかし、強豪相手に現実は甘くはなかった。1Pではバックポイント、そしてそのままローリングを食らってしまう。あっけなく6ポイントを失い、焦りの表情を垣間見せた。しかしさすがの多胡島、落ち着いて攻めに行き、数十秒後に逆転を決める。しかし油断は大敵であった。「気持ちの部分で守りに入ってしまった」と山方隆之監督(平4人卒=福岡・築上西)が評するように、一寸の安堵(あんど)が敗北を招く。逃げ切りたい、そう思った終了間際だった。瞬間的に相手に足を取られ、体を回されてしまう。8-10で痛手を負った。その後も相手に流れを許してしまい、とうとう勝ち切ることはできなかった。きょうの時点で予選リーグ2位が確定。あすの5位〜8位決定戦を控えることとなった。

逆転直後、足を取られてしまった多胡島

 「勝てる試合だった」(山方監督)。それだけに、非常に惜しく、もったいない試合ではあった。しかしここで消失せずに、残りの2日間も全力でぶつかりたいところだ。果たしてどんな展開を見せてくれるのだろうか。優勝がかなわないのなら、限界まで――。いまこそ早大の底力を発揮するときだ。

(記事、写真 寺脇知佳)

結果

予選リーグB組

1回戦 ○早大6−1大東大

2回戦 ●早大3−4国士館大

コメント

山方隆之監督(平4人卒=福岡・築上西)

――負けてしまった対国士館大戦を振り返っていかがですか

やる前から厳しい試合になる、ということでした。確かに厳しい試合で、結果的に負けはしたんですけど、一人一人気持ちの入った勝つんだという試合をしてくれたのは良かったです。主将の洞口(幸雄主将、スポ4=岐阜・岐南工)がケガによって欠場したということで、洞口がいたとしても厳しい、というようなことを考えていた中で、ここまでやり切れたというのはすごいな、という思いです。勝てる試合だったので、もう一歩足りなかったというのは悔しいですね。

――メンバー変更をほとんどしなかったというのは意図がありますか

正直、太田拓弥コーチと国士館大戦については、メンバーを入れ替えよう、というような話もしたのですが、大東大との試合の流れや中身を考えると、このままでいこう、と。斎藤(隼佑、スポ1=群馬・館林)を伊藤(駿、スポ1=京都・網野)に替えただけで挑みました。

――奮わなかった重量級が課題となりますか

そうですね。結果としては奮わなかったのですが、今村(聖、スポ4=群馬・太田商)も74キロ級の選手ですし、堀江(一馬、社3=富山・高岡商)も86キロ級の選手なので、メンバー的にもエントリーせざるを得なかったです。中身的には満足はしてないのですが、やっぱりリーグ戦に懸ける思いというのが試合の中で出ていました。ただ勝ちきれない、というのは体重差というのもありますが、基礎体力的な部分が足りなく、抑えるポイントが甘かったというのもあります。

――大接戦だった多胡島(伸佳、スポ3=秋田・明桜)選手の試合を振り返って

多胡島の相手もひとつ階級が上の学生チャンピオンなので、当然楽に勝てるとは思ってなかったのですが、体力的には決して負けていないと思います。最後は気持ちの部分で守りに入ってしまい、足を取られて結果的にはポイントを取られてしまった。守りに入ってしまったのが一番の敗因だと思います。

――あす以降に向けて一言お願いします

きょう負けたことは非常に悔しい思いをしているので、どうあすへ切り替えられるか。悔しいで終わってそのままあした以降の試合につながってしまうと奮わないので、しっかりみんな切り替えてくれると良いですね。あす以降も楽しみにしています。