メニュー

ERROR

2015.05.17

全日本総合選手権東京都予選 5月16日 東京・市営福生野球場

『全員ソフトボール』で猛攻、初戦を突破

TEAM
睦クラブ
早  大 × 13
(4回コールド)
○豊田、吉田―大嶋、山本
◇(本塁打)田原 ◇(三塁打)金子 ◇(二塁打)金子

 春季リーグ戦(リーグ戦)を終え、いよいよ全日本大学選手権(インカレ)に向けて残す大会は2つとなった。そのうちの1つ、全日本総合選手権東京都予選(全総予選)が開幕。全総は普段対戦する大学だけでなく、社会人やクラブチームも参加する大会だ。睦クラブと対戦した早大は、初回こそ得点を奪えないものの2回、打線が爆発。3回にも代打攻勢が的中し、一気に試合を決めた。投手陣も豊田誉彦(スポ2=兵庫・滝川)、吉田尚央(人2=長崎・佐世保西)がきっちりと相手打線を抑え込み、4回コールドで完勝。続く戦いに駒を進めた。

 息つく暇もない猛攻だった。2回、無死一、三塁の好機をつくり出し打席には山口晋平副将(法4=兵庫・白陵)。リーグ戦は主に代打での出場だったが、ここ最近の打撃の調子を買われてのスタメン起用に、結果で応えた。右前への適時打で早大が先制。その後、1死満塁とすると吉野恵輔(スポ4=福岡・城南)が2点適時打を放ち、さらに突き放す。この回だけで一挙に7点を奪った。続く3回、2死走者なしの場面。試合の大勢は決していたため、早大は普段控えの選手を代打起用する方針に出る。この絶好のアピールの機会に選手たちが奮起。まず小針大輝(教4=東京・早大学院)が安打で出塁すると、その後も同じように代打の選手たちが連打。そして打席には田原大幹(スポ3=早稲田渋谷シンガポール校)が入る。初球を振り抜くと、打球は左翼手の頭上を越えそのままスタンドへ。与えられた機会に、最高の結果で応えた。今回のように控えの選手も成長できれば、インカレ優勝もさらに近付くだろう。

先制の適時打を放った山口

 一方の投手陣。先発の豊田は2回、ライズボールを武器に3者連続三振を奪うなど好投。吉野のダイビングキャッチにも助けられ、3回を被安打1に抑えた。4回にマウンドに上がった吉田は、制球に苦しむ場面も見られたものの無安打で打ち取り、試合終了。順調な調整ぶりをアピールした。

ライズボールを有効に活用した先発の豊田

 クラブチーム相手に、レベルの違いを見せつける結果となったこの試合。多くの選手が経験を積めたことも大きいだろう。次は、リーグ戦で敗れた国士舘大、日体大との対戦が予想される。リーグ戦での借りを返すという意味でも負けられない戦いになるはずだ。まさにチーム一丸となり、決戦に臨む。

(記事 中丸卓己、写真 深瀬真由)

コメント

山口晋平副将(法4=兵庫・白陵)

――きょうの試合を振り返って

久しぶりにスタメンで試合に出たので、気持ちが高まっていました。

――先制の適時打を放たれましたが

いい場面で回してくれたので絶対にランナーをかえそうと思って。先制点が欲しかったのでそれだけを考えて立ちました。

――プレッシャーなどは

結構ベンチが応援してくれたので、気持ち良く打席に入れました。

――バッティングの調子はいかがでしたか

最近振れてきていたので自信はあったのですが、2打席目以降に仕留めきれなかったので反省しています。

――改善点は

2打席目以降にいまいちフルスイングできなかったところです。1打席目はボール球だったのですが、たまたま来た高めの球を打ったらいいところに飛んでくれて良かったです。

――今後の意気込みをお願いします

最優先なのはチームが勝つことです。あす以降出番があるかはわからないですが、出番が回ってきたらチームの勝利のために全力を尽くしたいです。

吉野恵輔(スポ4=福岡・城南)

――きょうの2打席を振り返っていかがですか

春先から、バスターの構えからボールを呼び込むというバッティングを吉村先生(正監督、昭44教卒=京都・平安)にずっと教えてもらっていて、その結果思い通りの打球が打てて非常に良かったと思います。

――どのくらい練習されていたのでしょうか

3月の後半からずっと付きっ切りで指導してもらって、貴志(奎太朗、スポ4=大阪・関西大倉)と笠井(新一朗、スポ3=徳島・城東)、増形(俊輔、社2=千葉敬愛)の4人でバスターのかたちを競い合ってつくってきました。

――春季リーグ戦からずっと2番での起用が続いていますが、その点はいかがですか

1番の貴志と2番の僕で1セットと考えていて、僕らが何としてでも得点圏に出てクリーンナップにつなごうという話は貴志とずっとしています。

――逆方向への打球が多いように感じます

そうですね。逆方向を狙って鋭い打球を飛ばそうと意識して、バスターを練習してきました。

――主務としての仕事もある中でレギュラーとして活躍されていますね

主務になりたての頃は、グラウンドに立ったときの気持ちの切り替えなどが上手くいきませんでしたね。でもいまでは、グラウンド内では練習にしっかり集中して、終わったら主務の仕事もしっかりやるように切り替えられています。

――きょうはリーグ戦時のファーストと違い、ライトでの起用でした

自分が外野も守れるというオプションがあれば首脳陣も起用しやすいと思い、きょう挑戦しました。もともと少しやったことはありましたが、不安でした(笑)。キャッチャーでもファーストでも外野でも、どこでも守れるように準備はしています。

――その中で、邪飛を見事にダイビングキャッチされていましたね

取れるか微妙でしたが、しっかり集中していたので思い切って一歩目を踏み出せて良かったです。

――最後にあしたに向けて意気込みをお願いします

1番の貴志と一緒に出塁するという自分の仕事にしっかり集中して、ただそれだけを考えて頑張りたいと思います。

田原大幹(スポ3=早稲田渋谷シンガポール校)

――特大の本塁打でしたが感触はいかがでしたか

振った瞬間いい感じで飛んでいったので、「入ったのかなぁ」という感じで(ダイヤモンドを)周っていました。

――代打の選手が多い中での起用でした

普段使ってもらうことがあまりないので、使ってもらえたからとりあえず思い切り振ろうと考えていました。運良く出してもらえてラッキーでした(笑)。

――自分の持ち味は何だと思いますか

自分の持ち味は体格とパワーなので、あのような打球が打てて良かったです。

――普段から本塁打は狙われていますか

目指すところはホームランという風に言われているので、狙っています!

――目指す選手像はどのようなものですか

ホームランも打ちたいですが、大振りすることなく鋭い当たりを打ちたいと思います。

――あした以降に向けて意気込みをお願いします

あした以降も使ってもらって、チャンスをもらえるように頑張っていきたいです。