メニュー

ERROR

2015.05.17

関東学生リーグ戦 5月16日 神奈川・日体大健志台プール

リーグ戦白星スタートも課題残る

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大 12
明大
▽得点者
瀧川5、池水3、深田2、吉村、岩井

 今シーズンの初戦となる関東学生リーグ戦(リーグ戦)がついに始まった。悲願である頂点への返り咲きに向けて、瀧川峻也主将(スポ4=京都・鳥羽)率いる早大は明大と対戦。早々に点差を引き離していくが、中盤はミスもあり明大の反撃を許してしまう。瀧川が5得点を挙げる活躍もあり12―8で開幕戦を白星で飾ったが、課題も散見される結果となった。

 例年参加している東日本リーグ戦には参加しなかったため、これが初の公式戦となった早大。試合は池水勇太(スポ2=鹿児島南)の先制点で幸先良くリードを奪う展開に。この1点で勢いづいて点差を広げていきたいところだったが、その後はミスもありなかなかシュートを決め切ることができない。深川幹徳(スポ3=福岡工)のロングパスに前線で深田隼輔(スポ4=鳥取中央)が合わせるなど絶妙な連携を見せる場面もあったが、最後まで波に乗り切ることはできず。第2ピリオドでは4失点を喫し、6-4で前半を終えた。

豪快にシュートを放つ池水

 2点差に迫られ迎えた後半戦。これ以上の追い上げを許したくない早大は、吉村崇(スポ1=大分商)の公式戦初ゴールを皮切りに再び相手を突き放していく。その後は得点が入らない苦しい時間帯が続いたが、最終盤に瀧川がペナルティースローを豪快にネットに沈め勝負あり。終始リードを保った早大がトータルスコア12-8で明大を下した。

チーム最多得点の瀧川主将

 無事リーグ戦白星発進とはなったものの、退水(※)からピンチを招く局面も多く、内容面では納得のいかない試合となった。昨季の得点源であった戸張真寿前主将(平27スポ卒)が抜けたいま、求められているのはさらなるチーム力の向上だろう。リーグ戦で狙うのはもちろん頂点の座。「日体大を倒したい」(中嶋孝行監督、平13教卒=福岡工)。リーグ戦で優勝しその目標を果たすため、まずはあすの慶大戦で一歩前進した姿を見せたいところだ。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

(記事、写真 角田望)

コメント

中嶋孝行監督(平13教卒=福岡工)

――きょうの試合を振り返って

自虐的に言うと、相手がどうこうというのはあまり関係なくて、自分たちの問題なのかなとは思いますね。流れの悪さであったり、それはことしに限ったこと、きょうの試合に限ったことではないのですけれど。良い時は自然と歯車が合って、ずっと良い調子で回っていくのですが、悪くなった時に、プールでやっているのは彼らなので、上からあれこれ言われるんじゃなくてコートの中で、自分たちだけで修正していけるようにやっていかないといけないと思いますね。

――具体的に悪かった部分とは

一つ一つ言ったらキリがないのですけれど、決定力がなくて退水で決め切れなかったり、逆に退水してしまったり。チームとしてもそうなのですが、個人個人としてもやれない、分かっていてもやれてないというのが、練習不足にあるのかな、というところですかね。

――今季のチームのかたちはまだ探っている段階でしょうか

ある程度は決めてはいるのですが、きょねんまでは戸張(真寿前主将、平27スポ卒)という得点を見込めるポイントゲッターがいて、センターフォワードやセンターバックもいて、回りのドライバーもそれなりにいるというチームで。ある程度得点もディフェンス力も見込めるチームでした。左に戸張がいて、右に武田(望、平27スポ卒)というガンガン泳げる選手がいて、そこはだいぶ大きかったのかなと思いますね。もっとチーム力を上げていかないと厳しいのではないかなと思います。

――1年生も試合に多く出場していました

それぞれ緊張している者もいれば、しっかりやれている者もいましたが、きょうのこの流れがワセダなんだと勘違いしないようにやってもらえればと思いますね。

――リーグ戦での目指すところは

やはり優勝、日体大を倒したいですよね。ここで勝てないと、インカレ(日本学生選手権)まで時間はあるようでないので、なんとかリーグ戦で勝ちたいと思います。