メニュー

ERROR

2015.05.17

春季リーグ戦 5月16日 神宮球場

優勝戦線生き残りを懸けて、チームの大黒柱が奮起!/立大1回戦

立大1回戦
立大
慶大 ×
(慶)三宮、加嶋、○加藤—小笠原
◇(本塁打)加藤拓1号ソロ(三塁打)山本泰(二塁打)横尾、山本泰

 開幕カードでまさかの2連敗を喫したものの、その後は2週連続で勝ち点を獲得した慶大。しかし、春季リーグ戦(リーグ戦)の優勝戦線に残るためには1つの試合も落とせない状況だ。この試合、慶大はスタメンを大幅に変更。4番打者の座を守り続けていた横尾俊建主将(4年)が3番打者へ、エースの加藤拓也(3年)も今季初めて第1先発を回避した。新たな体制で立大に臨んだ慶大であったが、序盤に3点を先制されるなど苦しい立ち上がり。しかし、直後に新たな打線が見事に機能。逆転に成功し、6-5で辛くも勝利を収めた。

 エースが意地の投球を披露した。試合中盤の4回、電光掲示板に表示されたのは加藤拓也(3年)の名前。昨年から慶大の大黒柱として活躍を続けていたが、この日第1回戦では久々に中継ぎとしてマウンドに上がった。先発の三宮舜(4年)が序盤から制球が定まらずに打ち込まれ、2回3失点で降板。それでも味方打線がじわじわとその差を縮め、試合を振り出しに戻した直後の登板であった。先頭打者に四球を許すも、そこからは本来のテンポの良い投球で立大打線を圧倒。最終回に連打で2点を失ったものの、しっかりと試合をまとめあげた。今季は絶好調とまでは言えず、いまだ完投はない加藤拓。それでもこの試合でリーグ最多の4つ目の勝ち星を挙げた。ここから佳境を迎えるリーグ戦。慶大の躍進にこの男の活躍は必要不可欠だ。

好リリーフでチームを支えた加藤拓

 慶大の眠れる獅子が目を覚ましつつある。谷田成吾(4年)。主軸としての活躍が期待されているが、今季はここまで打率1割台と低迷。長い不振の真っただ中にいる。その谷田がこの日は横尾に代わり、今季初の4番打者として出場。先週の試合で本塁打を放った勢いそのままに、この試合もパワフルなスイングで会場を沸かせた。3回無死一、二塁の場面では右前安打で好機を広げて同点の契機を演出。続く4回にも一塁手を襲う痛烈な打球を放ち、2試合連続の打点をマークした。また、沓掛祥和(3年)はチーム最多の2打点。今季好調の選手も勢いそのまま、存在感を発揮した。不調にあえぐ主軸が徐々にその状態を上げ、打線に厚みが増してきた慶大。得点力の向上は、チームの飛躍の追い風になることに違いない。

今季初めて4番に座った谷田。復調の兆しを見せている

 ここまで本来の力を発揮できずにいるエースと主軸。この2人の完全復活が徐々に現実味を帯びてきた。残りわずかな優勝への可能性をつなぐため、あすも絶対に負けられない試合に臨む。ここで確実に勝利を収め、現在首位を走るライバル早大との戦いに挑めるのか――。いよいよ慶大の逆襲が始まる。

(記事 杉田陵也、写真 上田密華、三井田雄一)