メニュー

応援部

2015.05.14

早明合同デモンストレーション 5月13日 早稲田キャンパス

今週末、優勝の瞬間を神宮で

 東京六大学野球春季リーグ戦も終盤に差し掛かった。今週末は昨季王者の明大。連勝すれば6季ぶりの優勝となる。「絶対に負けられない相手」と中谷篤人代表委員主将(創理4=静岡・掛川西)。明大応援団をワセダに招き盛大なステージを披露した。

 ことしから3号館前でのステージとなり、大隈講堂をバックにより多くの早大生が集まった。まずはチアリーダーズBIG BEARSの演技で、曲はFUNKY MONKEY BABYS の『ALWAYS』。リーグ戦応援の際も演じるこの曲で会場を沸かせた。そしてワセダの第一応援歌『紺碧の空』、センターリーダーを務めたのは川岸建太副将(教4=三重)。はちまきには打倒明治、気迫のテクで観客を魅了した。

華麗なテクを見せる川岸副将

 対する明大も応援歌『紫紺の歌』がここワセダの地に響き渡る。次に披露したのは両校チャンスパターン、応援曲メドレー。明大と言えば『狙い撃ち』、ワセダはおなじみ『大進撃~スパークリングマーチ~コンバットマーチ』、両校の名曲で観客を盛り上げる。そして最後に『早稲田大学校歌』で合同デモンストレーションを締めくくった。

チャンスパターンメドレーを披露する明大応援団

 「野球部の力で心配するところはない、あとは応援の力で勝利を近づける」と中谷代表委員主将。リーグ戦も残すカードは明大と慶大。とくに明大戦は多くの注目が集まる。今週末、果たして神宮球場に響くのは優勝の『紺碧の空』かーー。

(記事 難波亮誠、写真 三井田雄一)

コメント

中谷篤人代表委員主将(創理4=静岡・掛川西)

――きょうのデモンストレーションの感想をお願いします

観客の方もたくさん集まりましたし、明治と合同のいいステージを作れたかなと思います。

――ことしから場所が3号館前になったということで、観客の方も増えましたか

そうですね、傾斜になっているので、見やすいというところと、自然と人が集まる位置にあるので。そういった意味で、すごくいい場所でできるようになったなと。そういう意味で嬉しいです。

――今週末の早明戦に優勝が懸かっていますが、野球部の状況をどう見ておられますか

打線がいま、すごく良くて。ピッチャーも大竹投手を中心として調子を上げてきているので、野球部の力に関しては全然、こちらが心配するようなことは一切ないなという感じです。後はもう、応援の力でどれだけ勝利をこちらに近づけられるかというところだと思いますので、我々も頑張ろうと思います。

――早明戦に向けての意気込みをお願いします

元々明治とは因縁の関係といいますか、絶対に負けられない相手でもありますし、特にワセダにとっては優勝の懸かった大事な一戦となるので、本当に、今まで以上に気合を入れて応援したいと思います。

――最後に、学生に向けて一言お願いします

間違いなく盛り上がる試合になると思うので、一緒に早明戦を盛り上げるために、ぜひ神宮球場へ来ていただきたいと思います。