メニュー

ERROR

2015.05.12

関東学生トーナメント 5月9日 東京・有明テニスの森公園

宮地主将がワセダ対決を制す!

 関東学生トーナメント(春関)の本選6日目を迎えたこの日、準決勝が行われた。宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)と吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)の同士打ちとなった女子シングルス。セットカウント2-0で宮地が制し、決勝進出を果たした。また、女子ダブルスには宮地・大矢希(スポ1=兵庫・園田学園)ペアが出場。スーパータイブレークに及ぶ接戦となったが一歩及ばず、悔しい準決勝敗退となった。

安定したストロークで勝利をつかんだ宮地

 決勝進出をかけた大一番。第1セット前半から吉冨のミスが目立ち、宮地のペースで試合が進んでいく。ライン上への正確なショットも決まり、このセットを奪った。だが、昨年度覇者の吉冨も反撃の手を緩めない。2-2で迎えた第2セットの5ゲーム目は白熱した戦いが繰り広げられた。アドバンテージを握った吉冨だったが、粘り強い宮地を相手に決めきることができない。7度にわたるジュースの末、ようやくこのゲームを獲得し3-2とした。この勢いのまま流れに乗りたい吉冨だったが、またしても主導権を握ったのは宮地。クロスやストレートを丁寧に使い分け、吉冨を翻弄(ほんろう)していく。ゲームカウント6-4で宮地に軍配が上がり、吉冨の2連覇達成は夢と散った。

最後まで諦めずプレーした宮地(左)・大矢組

 ダブルスに出場した宮地・大矢組は、早大ペアを2組破って勝ち進んできた安形玲耶・村瀬早香(ともに慶大)組と対戦。サービスエースやボレーといった多彩なショットで徐々に相手を引き離す。6-2と大差で第1セットを奪い、続く第2セットへ。相手のミスを誘う攻撃で順調にポイントを重ねていったが、後がない相手も必死に食らいついてくる。5-4とし、勝利まであと1ゲームと迫った宮地・大矢組だったが、ここにきてリターンやボレーでのミスが目立ち始めた。大声援に後押しされるかのごとく勢いを取り戻してきた慶大ペアから、最後の1ゲームが取れない。ゲームカウントを5-7とされ、勝敗の行方はスーパータイブレークに持ち越された。要所でのサーブやスマッシュが光るも、相手の猛攻にあい点差が開いていく。終盤で逆転劇を演じられ、くしくも決勝の舞台へ駒を進めることはできなかった。

 トーナメントを勝ち進む中で、避けては通れない同士打ち。ここで涙の敗北を喫した吉冨は「優勝を目標にやってきた。今回の結果に満足はしていない」と悔しさをにじませた。次なる戦いでの吉冨の活躍に期待したい。一方の宮地はダブルスでは敗れたものの、シングルスでは優勝への可能性を残した。最後の春関でいざ頂点へ―。女王の座を懸けた熱き戦いから目が離せない。

(記事 佐藤亜利紗、写真 井口裕太、佐藤亜利紗)

結果

▽女子シングルス準決勝

○宮地真知香(6-4、6-4)吉冨愛子

▽女子ダブルス準決勝

●宮地真知香・大矢希(6-2、5-7、4-10)安形玲耶・村瀬早香(慶大)

コメント

吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)

――きょうの試合を振り返って

勝ちたいという気持ちが強くて、自分が何をしなければいけなかったかという冷静な判断がうまくできなかったかなと思います。

――宮地(真知香、社4=福岡・折尾愛真)主将との一戦でした

同士打ちだったので、勝ちたかったですね。

――春関の総括をお願いします

優勝することが目標だったので、今回の結果に納得していません。今大会までに調整できなかったことがいろいろあり、そういったところは自分の準備不足であり結果に表れてしまったのかなと思います。

――見えてきた課題などはありますか

気持ちの面でもっと冷静に判断できるようになりたいです。

――早慶戦への意気込みをお願いします

あと1ヶ月あるので、今回見えた課題や今取り組んでいることを確実に仕上げて、早慶戦で絶対勝てるように頑張りたいと思います。