メニュー

ERROR

2015.05.09

関東学生トーナメント 5月7日 東京・有明テニスの森公園

宮地主将、吉冨の二人が準々決勝へ

 初夏の爽やかな日差しの下、熱戦が繰り広げられている関東学生トーナメント(春関)。この日は本戦4日目を迎え、シングルス4回戦、ダブルス3回戦が行われた。早大の女子部から出場した選手のうち、シングルスは4人中2人が、ダブルスは4組中3組が翌日の準々決勝へと勝ち進む。選手によって明暗の分かれる結果となった。

ベスト8入りはならなかった辻恵

 宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)、吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)の最上級生二人が勝利を収める中、先輩の背中を追って自身も結果を残したい辻恵子(教3=東京・早実)。闘志をあらわに攻めてくる相手に対し、粘りのテニスを展開する。第1セットは4—6で落とすも、第2セットは長いラリーで相手のミスを誘い、6−4で取り返す。しかし、ケガによるブランクが辻恵を苦しめた。「体力や、毎日試合をやっていく精神力が落ちていた」。ラリーの応酬となった最終セットでは、ここぞという場面で踏ん張ることができず、差を広げられてしまう。ゲームカウント2−6で最終セットを落とし、悔しい敗戦となった。前日に快進撃を見せたルーキー上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)も、慶大のエース西本恵に及ばず敗れた。

スーパータイブレークを制した宮地(左)・大矢組

 一方のダブルスでは、3組が白星を挙げた。中でも激闘を制したのは宮地・大矢希(スポ1=愛知・名経大高倉)組。昨年度の優勝ペアである池田玲・西本恵組(ともに慶大)に、序盤から大きなリードを奪われる。5−2とされ、第1セットをこのまま落としてしまうかと思われた――しかし、二人は決して諦めなかった。ここから3ゲームを連取し、5-5に。惜しくもこのセットは落としたものの、その勢いは止まらない。タイブレークにもつれ込んだ第2セットを奪取すると、試合の結果はスーパータイブレークに委ねられる。ここでも集中力を切らさなかった宮地・大矢組は、角度のついた鋭いショットで相手を翻弄(ほんろう)。強敵を撃破し、勝利を手にした。

 トーナメント制の今大会では、日ごとにレベルのより高い戦いが行われている。王者・早大といえども、混戦を勝ち上がってきた好選手を相手に、少しも気の抜けない戦いが繰り広げられた。チームとしてさらに力を付けるためにも、個人の奮起は欠かせない。頂を目指し、選手たちはさらに進化を続けていく。

(記事 芦沢仁美、写真 谷田部友香)

結果

▽女子シングルス4回戦

○宮地真知香6-4、6-4村瀬早香(慶大)

○吉冨愛子6-2、6-1森崎可南子(筑波大)

⚫上唯希0-6、3-6西本恵(慶大)

⚫辻恵子4-6、6-4、2-6吉野あゆ美(東洋英和大)

▽女子ダブルス2回戦

○早野夏希・辻紘子W.O. 河野瞳・浅野友貴子(駒大)

▽女子ダブルス3回戦

○日比沙織・金井綾香6-2、6-3古川鈴夏・牛島里咲(筑波大)

⚫早野夏希・辻紘子2-6、6-7(3)安形玲耶・村瀬早香(慶大)

○辻恵子・林恵里奈6-1、6-0川島知枝・林彩子(法大)

○宮真知香・大矢希5-7、7-6(1)、10-5池田玲・西本恵(慶大)

コメント

辻恵子(教3=東京・早実)

――今大会にはどのような気持ちで臨みましたか

冬の間にケガをしてしまって、長い間テニスをできない期間がありました。大会としてもインカレインドア(全日本室内選手権)以来と、かなり久々となりました。シングルスでは負けてしまいましたが、体力や毎日試合をやっていく精神力が落ちていることも感じました。これから夏に向けてやっていきたいのと、まだダブルスでは残っているので、頑張ります。

――シングルスでは粘った末の悔しい敗戦でしたが

相手も粘ってくるタイプだったので、もっと自分から攻めていかないといけなかったのですが。行くのか行かないのかという駆け引きが、ブランクの影響もあって、判断できずにやられてしまいました。

――ダブルスではストレートで勝利を収めました。手応えはいかがでしょうか

昨年度のインカレ(全日本大学選手権)チャンピオンなので、役割分担が2人の間でしっかりできています。勝ちのパターンは安定しているかなと思います。

――今大会には妹の辻紘子選手(教1=東京・早実)も出場されましたが、お姉さんから見ていかがでしょうか

シングルスでは昨日吉冨さん(愛子、スポ4=愛知・椙山女学園)と良い試合をしていて、頑張っているなと(笑)。きょうダブルスでは負けてしまったのですが。

――あすへの意気込みをお願いします。

明日の相手は山梨学院大ということで、リーグでも顔を合わせる選手で。競っている場面でも、緊張せず二人で力を合わせていきたいと思います。

大矢希(スポ1=愛知・名経大高倉)

――今大会が大学に入って初めての大会ですが、どのような目標で臨んでいますか

まだコンソレーションはあるのですがシングルスは早い段階で負けてしまって、ダブルスは4年生でキャプテンの宮地さん(真知香、社4=福岡・折尾愛真)と組ませていただいたので、絶対に負けたくないという気持ちが出ていました。

――ダブルスで第1シードを倒して、いまのお気持ちは

本当に緊張していたのであまり実感は湧かないのですがうれしいですし、第1シードを倒したということで優勝を狙っていきたいと思います。

――このような結果は予想していましたか

全然できなかったです(笑)。

――勝因はどういった点だと思われますか

競った場面でも自分たちのプレーをしようと攻めていけたところで差が付いたかなと思います。

――第1セットを落としてからどのように気持ちを切り替えましたか

1セット目を落とした時も2-5から5-5に追い付いてからだったので、流れ自体は悪くないと思っていたのでもう1段階上げていこうと真知香さん(宮地主将、社4=福岡・折尾愛真)とも話していて。それがいい結果につながったかなと思います。

――2セット目のタイブレークではどのような気持ちでプレーしていましたか

引かないでどんどん攻めていこうというふうに思ってプレーしていました。

――スーパータイブレークでも流れは良かったと思いますがいかがでしたか

最初に6-2となって、差が付いて勝ちを意識してしまってから6-5になって。追い付かれ気味になってしまったのですが、そこで思い切ったプレーができたので、そのポイントで7-5にできたのが大きかったです。そこから自分たちに流れが来たと思います。

――宮地選手とは試合中どんな話をしましたか

もちろん次はこうしようという作戦も話したのですが、全く関係ない「お腹空いたね」というような話で緊張をなごませてもらったので本当に良かったです(笑)。

――ワセダの一員として今後どんな戦いをしたいですか

ワセダのテニス部は王者という立場にいるので、その一員として貢献できるような選手になりたいです。

――今大会の今後に向けての意気込みをお願いします

シングルスのコンソレーションで勝って岐阜で行われるインカレ(全日本学生選手権)に出場すること、そしてダブルスでは優勝を狙って、インカレでも上位を狙っていけるようにしたいです。