メニュー

ERROR

2015.05.08

関東学生トーナメント 5月6日 東京・有明テニスの森公園

ルーキー躍動!一方で波乱も

 ことしも関東学生トーナメント(春関)の季節がやってきた。本戦3日目を迎えた春関には、早大からも多くの選手が出場。女子シングルスでは注目のルーキー上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)が勝利し、ベスト16に名を連ねる。女子ダブルスも3組が3回戦へ駒を進め、学生王者・早大の実力を見せつける結果となった。

逆転勝利を飾った上

 春関が早大でのデビュー戦となった上。ベスト16入りを懸け、佐野真代(明大)との一戦に臨んだ。第1セットは3-3と拮抗(きっこう)した展開となるも、そこから3ゲームを連取されこのセットを落とす。それでも第2セットは5ゲーム連取を見せるなど6-1で取り、迎えた最終セット。ここでも両者譲らない接戦が続く。しかし、上の強烈なフォアハンドショットが決まり、佐野を追い詰めた。最後は3-4から3ゲーム連取し逆転勝利。ルーキーらしからぬ落ち着いた試合運びで勝利を勝ち取った。一方、今大会でも上位進出が期待された第6シードの細沼千紗(スポ2=東京・富士見丘)が2-6、0-6で敗れるなど、波乱もあった。

タイブレークで粘る吉冨(右)・細沼組

 女子ダブルスでは宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)・大矢希(スポ1=愛知・名経大高蔵)組が6-2、6-2で快勝。ペアを組んで間もない中でも、しっかりと息を合わせた。その他にも2組が勝利する一方で、吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)・細沼組は筑波大のペアに0-6、6(7)7で敗北。梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・上組は、梶谷のケガの影響で無念のリタイアとなった。

 全日本学生選手権(インカレ)に向けて重要な試合となる春関。ルーキーの上、大矢の活躍は今後へ向けても大きなプラス材料となるだろう。学生王者の名に懸けて、ここで早大が負けるわけにはいかない。ことしも熱い戦いが繰り広げられそうだ。

(記事 中丸卓己、写真 佐藤亜利紗)

結果

▽女子シングルス3回戦

○宮地真知香(2-6、6-2、6-0)橘梨子(日大)

●細沼千紗(2-6、0-6)吉野あゆ美(東洋英和大)

○辻恵子(6-2、6-1)金井綾香

○上唯希(3-6、6-1、6-4)佐野真代(明大)

○吉冨愛子(0-6、6-0、7-6(1))辻紘子

▽女子ダブルス1回戦

○木村優子・廣川真由(7-5、7-5)臼井佑奈・川上梨緒(明大)

○早野夏希・辻紘子(6-3、6-2)谷口遥・廣田真帆

▽女子ダブルス2回戦

○辻恵子・林恵里奈(6-2、6-2)並木友花・大坪慧美(筑波大)

○日比沙織・金井綾香(6-4、6-0)前野夢佳・野田凪葉(日大)

●梶谷桜舞・上唯希(0-1、ret)今橋真優・西田奈生(慶大)

●木村優子・廣川真由(6-3、3-6、4-10)佐野真代・森美咲(明大)

○宮地真知香・大矢希(6-2、6-2)戸村綾菜・杉浦佳代(専大)

●吉冨愛子・細沼千紗(0-6、6-7(7))米原実令・森崎可南子(筑波大)