メニュー

ERROR

2015.05.05

関東大学春季リーグ戦 5月4日 神奈川・日体大健志台キャンパス米本記念体育館

リーグ戦最終日を男女共に良いかたちで締めくくる

 5日間にわたる関東大学春季リーグ戦(春季リーグ)は最終日を迎えた。優勝の可能性を残し、男子は日大と対戦。古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)のシングルスとダブルスにわたる活躍が光り、マッチカウント3-2で日大を下した。一方の女子は青学大と熱戦を繰り広げる。2-2で迎えたシングルス3を制し、うれしい白星で通算成績を2勝3敗として4位でリーグ戦を終えた。

 優勝のためには勝つことが最低条件という状況の中、シングルス1には満を持して古賀輝が出場した。頼れる主将が、広角に正確なショットを打ち分け、相手を圧倒していく。終始安定した試合運びで立て続けに2ゲームを連取した。この獅子奮迅の戦いぶりがチームの起爆剤となり、後続の古賀穂(スポ1=福島・富岡)のシングル2、さらに古賀輝・齋藤太一(スポ4=福島・富岡)ペアのダブルス1で連勝を収める。ダブルス2、シングルス3は相手に押されて敗北したが、マッチカウントで日大を上回った。首位の中大が全勝したため惜しくも優勝は逃したものの、4勝1敗という好成績で2位。さらに古賀穂が最優秀新人賞に輝くなど、新戦力の加入もチームにとって良い刺激となった大会であった。

最優秀選手賞を獲得した古賀輝

 青学大と対戦した女子は、手に汗握るポイントの取り合いとなった。シングル1を落としたものの、シングルス2、そして続くダブルス1と連続でストレート勝ち。一気に試合を決定付けたい場面で、ここまで4戦全勝と波に乗る我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)・中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)ペアがコートに姿を見せた。揺さぶられても食らいつくプレースタイルで粘り強くラリーを継続させるも、ミスが目立ち先手を取られてしまう。続く第2ゲームでもビハインドを許し、苦しい展開となる。その後底力を発揮し追い上げるも、リーグ戦全勝とはならなかった。チームの勝敗がかかったシングル3には松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)が登場。3ゲーム目までもつれ込んだが、思い切ったプレーで得点を重ねていく。待望の今季初勝利で、早大に軍配が上がった。

全勝とはならなかった我妻・中西ペア

 
男女共に勝利し、シーズンの幕開けとなる春季リーグを締めくくった。「一致団結して戦えた」(古賀輝)と振り返るように、チーム全員でつかみ取った快勝こそが今季の早大を象徴しているのかもしれない。団体戦優勝は持ち越しとなったが、先の戦いに向け、男子は確かな手応えをつかんだ。女子はなかなか接戦をものにできずにいたが、最後に不調だった松岡が値千金の活躍。春季リーグで上々の滑り出しができたことは、今後の大会に向けての好材料となったに違いない。実りある一年にするべく、早大は奮闘を続けていく。

 

(記事 高橋豪、写真 三田侑実、佐藤亜利紗)

春季リーグ戦を2位で終えた男子部

結果

▽男子団体○3-2日大
シングルス1 古賀輝(スポ4=埼玉栄)○2-1(21-12、19-21、21-13)
シングルス2 古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-13、21-12)
ダブルス1 古賀、齋藤太一(スポ4=福島・富岡)○2-1(21-13、22-20)
ダブルス2 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)●1-2(16―21、28-26、8-21)
シングルス3 菅原栄史(スポ1=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(8―21、7-21)

▽女子団体○3-2青学大
シングルス1 中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)●1-2(21―17、10-21、12-21)
シングルス2 我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-0(21-16、21-11)
ダブルス1 清水恵(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ3=青森山田)○2-0(21-16、21-17)
ダブルス2 我妻、中西 ●0-2(16-21、16-21)
シングルス3 松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)○2-1(21-18、10-21、21-14)

関連記事

男女で明暗分かれる結果に/関東大学春季リーグ戦(5/4)

春季リーグ3日目、総合力で快勝!/関東大学春季リーグ戦(5/3)

男子はうれしい初勝利!女子は悔しい2連敗/関東大学春季リーグ戦(4/28)

男女共に初戦を黒星発進/関東大学春季リーグ戦(4/27)

コメント

古賀輝(スポ4=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返って

きょう勝てば優勝が見えてくるので、とりあえずきょうは勝つことを考えてやっていました。1位になった中大が負けなかったので仕方ないのですが、結果的にきょう勝てたのはいいと思います。

――2日目から4日連続での勝利で2位となりました。リーグ戦全体の総括をお願いします

初戦の相手が、結果的に1位になった中大で、実力的にも上(の選手)がそろっていたので、そこをどう崩すかでオーダーも少し考えていかなければいけませんでした。2戦目以降は圧勝した試合もありましたし、3ー2だった試合もありました。とりあえず勝てたのは良かったと思います。

――ご自身の戦いぶりはいかがでしたか

僕はそこまで良くはなかったですが、悪くもなかったので結果的にそれが全勝というかたちになって良かったです。気が抜けたというか、ふとしたときに1ゲーム落としてファイナルにもつれ込んでしまうと、単複兼ねているときにもう1試合に響くのでそれは気を付けていこうかなと思います。

――リーグ戦を通してチーム内で良かったことはありますか

初日に中大にやられたときは応援とかもあまりできていなかったのですが、回を重ねるごとにみんな応援もできてきました。一致団結して戦っているような気がして、良かったかなと思います。

――何か課題は見つかりましたか

自分が今回(1日に)2勝しているので、それ以外のメンバーがあと一個勝てば勝ちという状況でした。とりあえず(課題は)残り3試合かなという感じです。

――きょうのシングルス3に1年生の菅原選手を起用した点については

経験を積ませたかったので起用しました。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

ランキングサーキットという日本でやる大会に出る予定です。大学生には勝っているのですが、社会人とかも出場する大会なので、そういうところで勝てるようにしたいです。目標は優勝です。