メニュー

ERROR

2015.05.04

春季リーグ戦 5月3日 神宮球場

2本の本塁打などで9得点、東大に連勝/東大2回戦

東大1回戦
慶大
東大
(慶)○三宮、小原大、加藤拓―小笠原、須藤
◇(本塁打)谷田1号3ラン、沓掛1号3ラン 

 澄み渡る青空の下、慶大は東大との2回戦に臨んだ。前日に行われた1回戦では強力打線が目を覚まし、大量8点を挙げ快勝。きょうも初回から猛攻を見せ、相手先発を早くも2回でノックアウト。大量リードに守られた先発の三宮舜(4年)が6回2失点と試合をつくり、後を任された2投手も3イニングを無失点に抑えた。9-2で投打共に東大を圧倒。危なげなく連勝し、勝ち点を2とした。

 1、2番がしっかりとその役目を果たし、幾度となく好機を演出した。初回、先頭打者の照屋塁(2年)と続く梅野魁土(4年)が連続四球で塁を埋めると、打席にはリーグ屈指のスラッガー谷田成吾(4年)。相手先発の制球が定まらない中、6球目の甘い球を捉えた。打球は左翼手の頭を越え、スタンド最前段に飛び込む。試合の序盤から球場中を慶大ムードに染め上げる、強烈な一打となった。その勢いは止まらない。2回にも梅野の中前適時打でリードを広げると、4-0で迎えた4回。一死二、三塁とさらなる追加点が期待される場面で、6番・沓掛祥和(3年)が打席に向かう。3球目、内角に入ってきた直球を振り抜き、打球は低い弾道で左翼スタンドへ吸い込まれていった。リーグ戦初本塁打を放った沓掛は、左手を挙げガッツポーズをしながらダイアモンドを一周。ダメ押しとなる追加点を挙げた。慶大打線は7回まで毎回安打を放ち、積み重ねた安打は14本。得点圏にためた走者を確実に返す、堅実な攻撃を見せた。

自身リーグ戦初の本塁打に笑顔を見せる沓掛

 一方、先発左腕の三宮は、球を低めに集め、打たせて取る投球を披露する。外角への制球も冴えわたり、相手打線を手玉に取った。この試合、最大のピンチを迎えたのは4回。先頭打者に内野安打で出塁を許すと、盗塁と四球、そして暴投が重なり、無死一、三塁とされてしまう。迎えるは相手の中軸打線。しかし、三宮は動じることなく強気の投球を続けた。4番の楠田創(2年)から空振り三振を奪うと、続く打者は直球で詰まらせ、二飛に打ち取る。6番打者には中前適時打を許し1点を失うが、この回を最少失点で乗り切った。6回に安打を2本浴び自らの失策が絡んで追加点を献上するなど、集中力を切らす場面も見られたものの、要所で踏ん張り今季初勝利を挙げた。

今季初めて勝利投手となった三宮

 5回までに大量9点を奪った打線。得点機を確実に生かし、攻撃力の高い本来の姿を取り戻した。1、2番の出塁で機動力を見せれば、一方でその後に控える重量打線が一本をお見舞いするという層の厚い攻撃。これからも相手チームの脅威となるだろう。また、投手陣も所々に危ない場面は見られたものの、要所では落ち着いた投球を見せた。次戦の相手はここまで勝ち点なしと苦しんでいる立大。今季ここまで本調子の投球ができていない相手エース澤田圭佑を打ち崩すことができるか。目覚めつつある打線の真価が、次戦、明らかになる。

(記事 井口裕太、写真 中丸卓己、土屋佳織)