メニュー

ERROR

2015.05.04

関東大学春季リーグ戦 5月3日 神奈川・日体大健志台米本体育館

男女で明暗分かれる結果に

 関東大学春季リーグ戦はいよいよ大詰めとなる4日目を迎えた。ここまで2連勝と上々の男子は日体大との対戦。シングルスを一つ落としたものの、4-1で快勝した。一方の女子は無傷の3連勝で首位をひた走る・筑波大との一戦。強豪から白星を挙げることはかなわず、1-4で敗北を喫した。

 優勝への望みをかけ、臨んだ日体大戦。ダブルス1までの通算成績を2-1とし、勝利へ大手をかける。ダブルス2に登場したのは、中里裕貴(スポ2=埼玉栄)・富岡寿将(社2=熊本・八代東)組。試合前に「勝ちに行く気持ちでいこう」と話したと語るように、序盤から攻めの姿勢で得点を重ねていき第1ゲームを先取する。その後相手の勢いが増し、ミスも重なり勝負は続く第3ゲームへ。「最後まで相手より気持ちを押して行けた。自信を持ってプレーできた」(富岡)。気持ちを前面に押し出したプレーでイレブンを奪取。相手の猛攻で一時は1点差まで詰められるも、好返球も光り徐々に差を広げていく。最後は相手のミスを誘い、チームの3連勝に貢献した。

攻めの気持ちを前面に押し出しプレーした中里・富岡(上)ペア

 初白星から一夜、連勝を目指す女子の相手は筑波大。シングルス1でトップを任されたのは松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)。相手に主導権を奪われ、連続ポイントを許し第1ゲームを落とす。インターバル後はライン際を狙ったプレーが何度も決まり、ガッツポーズを繰り出す場面も見られた。「ベンチからの応援が力になった」(松岡)と話すように、応援も後押しとなり力強いスマッシュを放つなど流れに乗る。迎えたファイナルゲームは冷静なラインジャッジと丁寧なラリーで得点を重ね、一進一退の攻防を繰り返した。終盤にミスも目立ち、逆転劇を演じられ悔しい敗戦。後続も強敵・筑波大相手に屈し、通算成績を1勝3敗とした。

粘りを見せた松岡

 「初戦を落としてしまったことは今でも悔しい」(富岡)。敗北からのスタートとなった男子だが、その後は差をつけ連勝を遂げている。「開き直って自分のプレーができるよう頑張りたい」(松岡)。いずれの試合でも接戦を演じてきている女子は総合力で勝ち星を手にしたいところだ。いざリーグ最終戦へ、それぞれの思いを胸に挑んでいく。
 

(記事、写真 佐藤亜利紗)

結果

▽男子団体○4-1日体大
シングルス1 古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-17、21-14)
シングルス2 松本康平(スポ2=埼玉栄)●0-2(14-21、11-21)
ダブルス1 古賀輝(スポ4=埼玉栄)、齋藤太一(スポ4=福島・富岡)○2-1(23-21、20-22、21-10)
ダブルス2 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)○2-0(21―19、18-21、21-15)
シングルス3 古賀○2-0(21―15、21-18)

▽女子団体●1-4筑波大
シングルス1 松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)●1-2(16―21、21-15、15-21)
シングルス2 我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)●1-2(21-18、14―21、11-21)
ダブルス1 清水恵(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ3=青森山田)●0-2(9-21、19-21)
ダブルス2 我妻、中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)○2-0(21-16、21-14)
シングルス3 清水●0-2(15-21、11-21)

関連記事

春季リーグ3日目、総合力で快勝!/関東大学春季リーグ戦(5/3)

男子はうれしい初勝利!女子は悔しい2連敗/関東大学春季リーグ戦(4/28)

男女共に初戦を黒星発進/関東大学春季リーグ戦(4/27)

コメント

富岡寿将(社2=熊本・八代東)

――きょうの試合を振り返って

試合前、パートナーと勝っていく気持ちでいこうと話していました。勢いで勝つことができて良かったと思います。

――3ゲーム目までもつれる試合となりました

最後まで向こうより気持ちを押していけたので、自信を持ってプレーできました。

――ここまでのご自身の戦いぶりはいかがでしょうか

4戦3勝できていて、最初が一番大事な試合だと思うのですがそこを落としてしまいました。どんな試合でも勝てるようなプレーをしていきたいと思います。

――チームとしてはここまでを3勝1敗という成績ですが、どのように受け止めていますか

4年生は全部勝って優勝したいという思いが強くあったと思うので、初戦で落としてしまったことは今でも悔しいですね。

――あすの最終戦に向けて意気込みをお願いします

自分たちができることをやるだけなので、あすも頑張ります

松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)

――きょうの試合を振り返って

出だしは良かったのですが、最後守りに入ってしまって負けてしまいました。

――筑波大の印象はいかがですか

自分たちよりも常に攻める気持ちを持っているという感じでした。

――ベンチにいる選手たちの応援が印象的でしたが、やはり応援は力にはなりましたか

そうですね。盛り上がってくれて助かりました。

――あすの最終戦に向けて意気込みをお願いします

ここまで全部負けているので、あすは開き直って自分のプレーができるよう頑張りたいと思います。