メニュー

バドミントン部

2015.04.28

関東大学春季リーグ戦 4月26日 神奈川・日体大健志台米本体育館

男子はうれしい初勝利!女子は悔しい2連敗

 関東大学春季リーグ戦は2日目を迎えた。男子は前日とはオーダーの順序を入れ替えての明大戦。ダブルス2までストレート勝ちを収めるなど終始相手を圧倒し、今季初白星を挙げた。一方初戦で惜敗した女子は専大との対戦。この日も最終シングルス3までもつれる接戦となるも、僅かに及ばず。悔しさの残る2連敗を喫した。

 ここで1勝をあげたい男子はシングルス1に古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)が登場。立ち上がりはやや不安定さも見られたものの、第2ゲームでは主導権を明け渡すことなく勝利でチームに流れを引き寄せた。その後のダブルス1には古賀輝・齋藤太一(スポ4=福島・富岡)組が出場。多彩なショットを用い連続ポイントで点差を広げながらも、猛撃でじわじわと点差を縮めてくる相手とシーソーゲームを展開する。終盤での勝負強さを発揮し、早大の白星を決定づけた。シングルス3では徐々に調子を取り戻し勢いづいた相手に逆転を許し、惜敗。初戦の悔しさをばねに4-1と大差で明大を下し、後半戦に向け良い手ごたえを掴んだ。

勝利を手繰り寄せた古賀輝(上)・齋藤ペア

 何としてでも連敗は避けたい女子は前日と同じオーダーで挑んだ。シングルス1には法大戦で再三にわたるジュースで激闘を演じた中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)。前半から力強い積極的なプレーでイレブンを先取し主導権を握るも、相手の反撃もあり2点差で第1ゲームを落とす。後がない第2ゲームは両者一歩も譲らぬ攻防戦が繰り広げられた。中西も負けじと食らいつき、ラリーでは粘りを見せる。終盤でのミスも響き、またもや僅差での敗北。続くシングルス2とダブルス1ではファイナルゲームまで激闘を演じながらも取りこぼしが多く、痛恨の2連敗で前半戦を折り返した。

悔しさをにじませた中西

 前日の惜敗から一転、男女で明暗が分かれる結果となった。男子は好調を維持し連勝を目指したい。女子は連敗脱出へ気持ちを切り替えて臨みたいところだ。団体王座への望みをかけ、チーム一丸となり後半戦へと突き進む。

(記事、写真 佐藤亜利紗)

結果

▽男子団体○4-1明大
シングルス1 古賀輝(スポ4=埼玉栄)○2-0(22-20、21-16)
シングルス2 古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-9、21-14)
ダブルス1 古賀、齋藤太一(スポ4=福島・富岡)○2-0(21-19、21-19)
ダブルス2 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)○2-0(22―20、21-12)
シングルス3 松本康平(スポ2=埼玉栄)●1-2(21―10、14-21、20-22)

▽女子団体●1-4専大
シングルス1 中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)●0-2(20―22、18-21)
シングルス2 我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)●1-2(13-21、21―13、14-21)
ダブルス1 清水恵(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ3=青森山田)●1-2(16-21、23-21、13-21)
ダブルス2 我妻、中西○2-1(16-21、21-16、21-17)
シングルス3 松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)●1-2(21-14、20-22、18-21)