メニュー

ERROR

2015.04.28

春季リーグ戦 4月27日 神宮球場

少ないリードを守り切り、待望の勝ち点を得る/明大3回戦

明大3回戦
明大
慶大 ×
(慶)小原大、三宮、○加藤拓―小笠原
◇(本塁打)横尾2号2ラン

 開幕戦で法大とのカードを連敗で落とし、これ以上の負けは許されない慶大。明大との互いの威信を懸けた戦いは1勝1敗となる。なんとしても勝ち点を奪取すべく、第3戦に挑んだ。先発出場の小原大樹(3年)がたびたび走者を背負うも粘投。すると6回、横尾俊建主将(4年)が豪快な2点本塁打を放つ。継投した加藤拓也(3年)が7回に1点を返されるものの、なんとか逃げ切り、2-1で今季初めての勝ち点を奪取した。

 明大1回戦で見せた打線の勢いは、きょうも鳴りを潜めていた。明大先発の柳裕也(3年)を前に打線がなかなかつながらず、点を奪うことができない。しかし、沈黙を破ったのは頼みの主将の一打だった。6回無死の場面、四球で谷田成吾(4年)が出塁すると打席には4番・横尾主将。2球目、甘く入った球を見逃さなかった。力強く振り抜いた打球は、左翼スタンドの奥まで届く特大の2点本塁打。待望の先制点2点をもたらし、投手陣を援護。試合の主導権を一気に引き寄せた。

今季2本目となる本塁打を放った横尾主将

 先発を任されたのは、おとといの第1戦で中継ぎとして登板した小原大。制球力に欠け、毎回得点圏に走者を背負う状況へと追いつめられるも、要所で空振り三振を奪うなど得点を許さない粘投で3回までを無失点に抑えた。その後は三宮舜(4年)、加藤拓による継投となる。5回途中から登板した加藤拓は、援護を受けた直後の7回、四球と暴投でピンチを広げると、適時打を許し1点を返されてしまう。しかし、8回には好打者・高山俊から始まる上位打線を完璧に抑え、少ないリードを確実に守り切った。

勝利を決め、両腕を挙げて喜ぶ加藤拓

 横尾主将の本塁打が決勝打となったきょう。しかし、投手陣の制球力への不安、そしていまだ本領発揮とはいえない打線の調子など、課題は山積している。なんとか勝ち点は手に入れたものの、頂へ駆け上がるためには今後も気を抜けない状況が続いていく。次戦の相手はここまでリーグワーストの90連敗を喫している東大。死に物狂いで立ち向かってくる相手に、陸の王者はどのような戦いを見せるのか。大きな注目が寄せられている。

(記事 八木美織、写真 三井田雄一)