メニュー

ERROR

2015.04.27

関東大学春季リーグ戦 4月25日 神奈川・日体大健志台米本体育館

男女共に初戦を黒星発進

 関東大学春季リーグ戦が開幕し、男子は中大、女子は法大との対戦。序盤から苦戦を強いられ、最後のシングルス3まで勝敗の分からぬ展開となる。相手に主導権を明け渡し、奮闘むなしく試合終了。白星でスタートを切ることはかなわず手痛い敗北を喫し、初日を終えた。

 「実力者が揃っていて全体的に強い」と古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)が話すように、初戦から強豪・中大との一戦。シングルス2、ダブルス2で登場した古賀輝は主将として危なげなくストレート勝ちを収め、チームに勢いをもたらす。最終シングルス3を託されたのはルーキー古賀穂(スポ1=福島・富岡)。勝負を左右する大一番でのデビューとなった。一進一退の攻防で順調に得点を重ねていくが、ショットでのミスも相次ぎ徐々に点差をつけられる。第1ゲームこそ相手に翻弄(ほんろう)され、自分のペースに持ち込むことができない。ゲームカウント2-0のストレート負けに悔しさをにじませた。

シングルス3での登場となった古賀穂

 一方の女子はシングルス1から白熱した戦いが繰り広げられた。第3ゲームのジュースまでもつれる試合となるが、とあと一歩が及ばない。続くシングルス2では我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)がラリーで持ち前の粘りを見せ、圧勝。ダブルス2では中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)とのペアで出場した。前半は相手に押され、最初のゲームを落としてしまう。「2ゲーム目からは自分たちのプレーができた」と我妻が語るように、徐々にリズムを取り戻し攻めのプレーも光った。見事接戦をものにし、迎えたシングルス3。松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)は第1ゲームを落とし、後がない状況となる。20ー20のジュースとなり松岡も粘りを見せたが、あと1点が遠く涙の敗北。実力ある法大相手に善戦したが、勝ち切ることはできなかった。

息の合ったプレーを見せた我妻(右)・中西ペア

 男女とも苦杯を舐める結果となった。「まだ優勝は狙える」(清水恵女子主将、スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、「主将として最初の大会でもあり、優勝したいという思いも強い」(古賀輝)。男女両主将は戦いぶりを前向きにとらえ、次戦を見据えていた。悲願のリーグ戦制覇へ―。頂点を目指した戦いは幕を開けたばかりだ。

(記事 佐藤亜利紗、写真 井口裕太)

結果

▽男子団体●2-3中大
シングルス1 松本康平(スポ2=埼玉栄)●0-2(14-21、10-21)
シングルス2 古賀輝(スポ4=埼玉栄)○2-0(21-6、21-13)
ダブルス1 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)●0-2(14―21、13-21)
ダブルス2 古賀、齋藤太一(スポ4=福島・富岡)○2-0(21-14、21-15)
シングルス3 古賀穂(スポ1=福島・富岡)●0-2(19―21、14-21)

▽女子団体●2-3法大
シングルス1 中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)●1-2(17―21、22-20、23―25)
シングルス2 我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-0(21-15、9―21、13-21)
ダブルス1 清水恵(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ3=青森山田)●0-2(20-22、18-21)
ダブルス2 我妻、中西○2-1(17-21、21-11、21-13)
シングルス3 松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)●0-2(14-21、23-25)

コメント

古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返って

自分自身の試合はシングルスダブルス共に悪くなかったですね。

――中大との対戦でしたが

1部に所属している大学の中で一番人が集まっていて、全体的に強いなという印象です。2-3で惜しいなという感じですが、逆に言えば悪くなかったのかなと思います。あと一つが取れていないので、そこをなんとかして取らないといけないなという感じです。

――今季は主将という立場ですが

主将になって思うこともいろいろあります。主将として最初の大会でもあり、4年生としては最後の大会でもあるので4年分の気持ちが詰まってます。その分、優勝したいという思いも強いです。

――個人としての今季の目標をお聞かせ下さい

団体戦は全てで(タイトルを)取りたいと思っています。全日本学生選手権では何かしらで優勝したいです。

清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――きょうの試合を振り返って

初日の試合ということで、大事な一戦でした。シングルス1で後輩が惜しい試合をして、シングルス2では勝ってくれました。そこで私たちも勝ちたかったので、悔しいですね。

――法大との対戦でしたが印象はいかがでしょう

強いんですけど、きょねんよりは落ちてた感じだったのでチャンスだと思っていました。

――女子主将という立場ですが

4年生は私1人なんですけど、ぐいぐい引っ張っていける感じではないので。どちらかというとみんなで頑張ろうとしてます。

――あすからのリーグ戦に向けて意気込みをお願いします

きょうは負けてしまったんですけど、みんないい試合をしていると思います。まだ優勝は狙えると思うので、しっかり切り替えてあしたから頑張ります。

我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――シングルス、ダブルスそれぞれを振り返って

シングルスは、それまでダブルスメインでやっていたのであまり自信がありませんでした。自分の持ち味がラリーをすることなので、我慢してラリーをしていたら相手がミスをしてくれて勝てて良かったと思います。ダブルスは、攻めるプレーなので我慢して守って自分たちのかたちにできるよう声を掛けあってできました。

――ダブルスは接戦をものにしたと思います

1セット目は押されてたんですが、2セット目からは自分たちのプレーができました。気持ち的にもプレー的にも攻めることができたのが勝ちにつながったのだと思います。

――チームとしてきょうの結果をどのように受け止めていますか

初戦で全ての試合が接戦でした。あしたから気持ちを切り替えて、みんなが勝てるように頑張っていきたいです。

――リーグ戦での目標をお聞かせください

今まで個人的に勝ち越せていなかったので、全試合勝ち越せるように頑張りたいです。