メニュー

ERROR

2015.04.27

春季リーグ戦 4月25日 埼玉・早大所沢キャンパスグラウンド

2連勝で、全勝優勝へ望みをつなぐ

TEAM
早 大
日体大
○泉、常盤―大内
◇(三塁打)大内
TEAM
早  大
国士舘大
○常盤―大内
◇(二塁打)武内、芹田、石川、大庭

 春季リーグ戦(リーグ戦)開幕から2連勝と、勢いに乗っているワセダ。この日は日体大、国士舘大を相手に戦った。リーグ戦は総当たりの全5試合のため、この日で優勝の行方が決まるともいえる重要な日だ。日体大戦では初回、大内佳那(スポ3=千葉・木更津総合)が適時三塁打を放って先制し、その後も順調に得点を重ね勝利する。そして国士舘大戦では、1点ビハインドの最終回、2死満塁の好機で芹田泉紀主将(社4=千葉経大附)に2点適時二塁打が飛び出し、逆転勝利。リーグ戦優勝を一気に手繰り寄せる、会心の2連勝となった。

 理想的なかたちをこの試合でも見せつけた。苦戦が予想された日体大戦だったが、初回ワセダにいきなり好機が訪れる。1死一、二塁の場面で打席には四番・大内。その初球を思い切り振り抜く。なかなか好機で結果を出せずにいた四番は、チームメートに助言を求めるなど試行錯誤を繰り返していた。「全員の力を借りて打たせてもらった1本」(大内)。逆方向に飛んだ打球は左翼手の頭上を越え、先制の適時三塁打となる。その後も着実に得点を重ね、相手を突き放した。一方、先発の泉花穂(スポ4=香川・高松南)はチェンジアップを織り交ぜた緩急自在の投球を披露し、5回を投げて被安打0。6回に2点本塁打を浴び常盤紫文(スポ3=千葉・木更津総合)にマウンドを譲ったものの、安定感は抜群だ。6-2でワセダが試合をものにした。

適時三塁打を放った大内

 2試合目の相手は国士舘大。先発の常盤は初回、味方の失策などもあり2死一、二塁の窮地を迎える。ここで相手5番打者に走者一掃の適時三塁打を浴び、その後も追加点を許し3点を失う苦しい立ち上がり。直後の2回、石川沙恵(社4=静岡・常葉菊川)と大庭由乃(スポ2=千葉・木更津総合)の連続適時二塁打で2点を返すも、その後は両チーム譲らず無得点で試合は最終回へ。安打と2つの四球で2死満塁として、打席には芹田主将が入る。ケガの影響もあり、この日がリーグ戦初出場。舞台は完全に整っていた。「私が決めなきゃと思って、とにかく必死で打ちました」(芹田主将)。3球目を捉えると、打球は中前に落ちる逆転の2点適時二塁打。これが決勝点となり、鮮やかに逆転したワセダが勝利した。

逆転の適時打を放った芹田主将

 この2試合をどちらもものにできたことは、チームにとってすごく大きいだろう。打者陣の勝負強さも見事ながら、投手陣の粘りの投球もこの日は冴え渡った。次戦は最終戦、優勝の懸かった東京富士大戦だ。2011年秋以来のリーグ戦優勝を目指して、ワセダは一丸となって戦う。

(記事 中丸卓己、写真 東哲也)

この日の2連勝は、チームにとって大きな価値のあるものとなった

関連記事

リーグ戦2連勝!常盤、圧巻の投球/春季リーグ戦(4/21)

打線が奮起しリーグ戦白星スタート!/春季リーグ戦(4/16)

コメント

芹田泉紀主将(社4=千葉経大附)

――リーグ戦初安打が逆転の適時二塁打となりました。感触はいかがでしたか

みんながつないできてくれたので、私が決めなきゃと思ってとにかかく必死で打ちました。

――きょうがリーグ戦初出場となりましたが、心境はいかがでしたか

いままでチームが全勝という良いかたちで来ていたので、結構緊張していました(笑)。

――その全勝というなかできょうがヤマ場でしたが、そこで2連勝できたというのは

すごく大きいと思います。きょうの日体大戦と国士舘大戦は、最後の東京富士大戦に向けて良い流れをつくれるかという意味でとても重要だったので、そこで連勝できたことはチームにとってすごく良いことだと思います。

――どのような思いでリーグ戦に臨まれていますか

主将としてもそうですが、選手としてこの早大所沢キャンパスグラウンドで戦う公式戦はきょうが最後でした。試合をしている間はあまり感じませんでしたが、試合が始まる前と試合後は、何というか、いろいろな心境が混ざっていました。

――たくさん思い返すことがあったのですか

そうですね。ここでやってきたのがもう終わりなんだなという感じで。感極まりますね。

――投手陣の粘りの投球も見事でした

そうですね。投手陣もこの冬でしっかり投げ込んで、いろいろな球種を覚えて、すごく成長してくれました。きょう2連勝できてまたさらに成長できたと思うので、これからも期待しています。

――最後に、優勝が懸かったあすの東京富士大戦に向けて意気込みをお願いします

4年ぶりの優勝が懸かっているということなので、ここでしっかり優勝して、インカレ(全日本大学選手権)に向けて良い流れを持っていけるようにチーム一丸となって頑張ります!

大内佳那(スポ3=千葉・木更津総合)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

一番は2試合とも勝てて、全勝優勝に向けてあしたにつなげられたということがよかったかなと思います。

――第1試合では初回に適時打を放ちチームにいい流れをつくりましたが、あの場面振り返っていかがですか

ここ2試合ずっと4番を打たせていただいていたんですけど、全然1本が出なくて4番として全然責任を果たせてないなというのはすごく自分の中にあって、2年生の山内(実咲、スポ2=神奈川・向上)だったりにフォーム見てもらったり、宮川(眞子、スポ2=福島・帝京安積)に投げてもらって打ち込みをして日体大戦に準備してきたので、あの1本は自分が流れを引き寄せたというよりは全員の力を借りて打たせてもらった1本かなと感じています。

――第2試合は最終回にヒットを作りチャンスを作りましたが、あの場面の心境は

緊張というよりはずっとチャンスを潰していたので、どうにかしてここで打って潰してしまった分を取り返さないといけないなと感じていたので、後ろにつなげれば絶対にひっくり返せるという雰囲気はあったので、どうにかして後ろにつなげようという気持ちで打ちました。

――その後芹田主将が逆転適時打を打ちましたがあの時はどんなお気持ちでしたか

あの時は2塁ランナーでセンター前でもレフト前でも芹田さんが1本打てば逆転のランナーになる場面だったので、あの場面では絶対芹田さんは打つなと自分では思っていたので、打ち出した瞬間にホームに向けて走ろうと準備はしていたので、結果的に打ってもらって逆転ができたことはバッテリーとしても次守る上ですごく楽になったので、さすがだなという風に思いました。

――きょうは2試合ともに捕手としての出場でしたがリード面を振り返ってみていかがですか

自分のリードよりはピッチャーがいい球を投げてくれたので、すごくリードしやすかったですし、自分がリードしてというよりはピッチャーの力を借りて打ち取ったというのが大きいので、その点は2人に感謝したいと思います。

――捕手の視点から見て投手の2人の調子はどう映りましたか

泉さんもコースをちゃんと突いていましたし、変化球もちゃんと変化していたので敵チームだったらすごく打ちづらいだろうなというのはありましたし、常盤もホームランを打たれて2点取られた場面で変わったんですけど、すごくキレのあるボールを投げていたので、打たれてはしまったんですけどいいつなぎをしてくれましたし、すごくよかったと思います。

――あした勝てば優勝になりますが、優勝するためにはどんなことが必要になると思いますか

特に何かをするというよりは、きょうと同じようにしっかりと振って、守ってというのをやっていけばしっかりと結果はついてくると思うので、まだ入学してから全勝優勝はしたことがないので、どうにか全勝優勝できるようにバッティングも守備を貢献できたらいいなと思います。

――あしたの試合に向けて意気込みをお願いします

全勝優勝すれば入学してからは初なので、このチームで勝てるように頑張ります!

手塚麻菜美(スポ1=北海道・とわの森三愛)

――きょうが公式戦初出場ということでしたが、どういった思いで打席に入られましたか

初球からどんどん積極的に打ちにいこうと考えていました。

――ワセダに入学していまはどういったお気持ちですか

高校までの戦い方と全然違うのでそこにまず慣れることと、どんどん振っていくチームなのでタイミングを合わせて自分のスイングをする、ということを心がけています。

――緊張はされましたか

少しはしましたが、良い意味での緊張だったのですごく集中できたと思います。

――先輩などチームの雰囲気は

とても雰囲気の良いチームなので、自分もやりやすさを感じています。

――これからどういった選手を目指していきたいですか

ポジションが捕手ということで、チームや試合をつくっていく重要なポジションだと思っているので、周りの雰囲気を見るなどして、チームを動かしていける選手になりたいです。

――最後に、あすの東京富士大に向けて意気込みをお願いします

出るチャンスは少ないと思いますが、ベンチからでもチームに貢献できることはあると思うので、自分にできることをするだけです。