メニュー

ERROR

2015.04.21

春季関東大学リーグ戦 4月19日 早大戸山キャンパス記念会堂

ミスが目立ち、今季初の敗戦

 春季関東大学リーグ戦で開幕から3連勝を収め、3位につけている早大。この日は国士舘大との一戦に臨んだ。序盤からミスが目立つと、サーブレシーブも不安定でセンターを有効に使うことができない。フルセットまでもつれるとセットカウント2-3(25-22、22-25、25-23、23-25、16-18)で敗れ、連勝が止まった。

 過去3試合ではほとんど見られなかった光景があった。サーブやスパイクを外し、タッチネットをする。ミスによって自ら試合展開を難しくしてしまい、接戦に持ち込まれた。第1セット、19-21の2点ビハインドで終盤を迎える。ここから加藤久典(スポ3=東京・早実)がクイックを決め、喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)が相手の移動攻撃をブロック。5連続ポイントでこのセットを取った。続く第2セットはサーブレシーブが返らず、思うような攻撃ができない。中盤の連続失点が響き、このセットを失った。次の第3セットは序盤にセンターを多用すると、中盤以降はサイドアタッカーを中心に攻撃を組み立てる。22-22の場面でツーアタックを決められてしまうが、その直後にセッターの山口頌平副将(スポ3=長崎・大村工)がブロックポイント。このプレーが相手に傾きかけた流れを引き戻し、このセットを制した。

強気のトスワークを見せる山口

 辛うじて2セットを取ったが、第4セット以降も軌道修正をすることができなかった。第4セット、ブロッカーとレシーバーの連携が良く、粘り強い守備を見せる両チーム。サイドアタッカーがスパイクを決められず、長いラリーが続く。こうした状況で先にしびれを切らしたのは早大だった。中盤にスパイクミスやタッチネットなどが出ると、最後も加藤のサーブミスでこのセットを落とす。迎えたファイナルセット、福山汰一主将(スポ4=熊本・鎮西)と加藤のセンターを起点に攻撃を展開し接戦となる。勝敗の行方を左右したのは終盤でのミスだった。田中健翔(スポ3=熊本・鎮西)と喜入、ピンチサーバーの真鍋佑輔(人3=香川・高松一)の3人が連続でサーブを外してしまう。相手を崩したい場面で強気に攻めたが、結果的に裏目に出た。また、16-17と追い詰められた場面で放ったスパイクは、微妙な判定であったがアウトになる。要所でミスが重なり、フルセットの末に敗れた。

攻撃の中心としてスパイクを放つ加藤

 試合後、福山は「一人一人がちゃんと力を出せず負けてしまった」と話し、理想とは程遠い試合内容になってしまったことを悔やんだ。ミスが目立ち、センターからの攻撃を有効に使うことができなかったこの試合。ミスを減らせるよう万全の調整をし、次週以降に控えている強豪校との対戦に臨みたい。

(記事 渡辺新平、写真 谷口武、渡辺新平)


セットカウント
早大 25-22
22-25
25-23
23-25
16-18

国士舘大
スタメン
レフト 喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)
レフト 藤中優斗(スポ1=山口・宇部商)
センター 福山汰一(スポ4=熊本・鎮西)
センター 加藤久典(スポ3=東京・早実)
ライト 田中健翔(スポ3=熊本・鎮西)
セッター 山口頌平(スポ3=長崎・大村工)
リベロ 後藤光明(社3=東京・早実)
関連記事

隙のないバレーで、慶大に圧勝/春季関東大学リーグ戦(4/19)

攻守共に充実の内容で、開幕2連勝!/春季関東大学リーグ戦(4/14)

新体制で開幕戦勝利/春季関東大学リーグ戦(4/14)

コメント

福山汰一主将(スポ4=熊本・鎮西)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

きのうからメンバーの雰囲気が少しおかしいなと思っていたのですが、きょう全部(悪いところが)出てしまいました。一人一人がちゃんと力を出せず負けてしまったという感じですね。

――相手は早大を研究してきたのではないでしょうか

序盤にセンターラインが効いていて、途中からコミットで跳んできました。B(クイック)とかコンビをいろいろ入れるように言われたのですが、サーブレシーブが返らずそれもできませんでした。終始相手のペースだったと思います。

――きょうはミスが目立ちました

全体的にも個人的にもネットタッチなどが多かったです。最後のセットも(相手は)サーブミス0だったのですがこっちは3本してしまったので、相手よりミスが多かったのでこうなって(敗れて)しまったと思います。

――第3セットは中盤の連続失点の後、連続得点を挙げて流れを引き戻しました

こっちのミスが多いので出だしに2点連続で取られるところが多かったです。連続失点した分取れれば良いのですが、そこまでことしのチームは甘くないので。まだまだ未完成という感じですね。

――特に第5セットは気持ちのこもったスパイクを打っていました

サイドを見てきょうは調子が悪いのは分かっていました。一番決まっていたセンターの自分と加藤(久典、スポ3=東京・早実)でやるしかないと思ったので腹をくくったという感じですね。

――次の試合に向けての意気込みをお聞かせください

これから強いところと当たるのですが、また火曜日からしっかりと調整し、ミスを減らして接戦でも何でも勝てるようなチームを作っていきたいと思います。

山口頌平副将(スポ3=長崎・大村工)

――フルセットでの、悔いが残る試合となってしまいました

絶対に勝たなくてはいけない試合でした。全然自分たちのリズムが作れていなかったし、やることが全然できていなかったです。相手がどうこうというより、本当に自分たちの問題だった試合だと思います。

――ご自身の調子もやはり関係していましたか

そうですね。自分が(配球の)組み立てもそうですし、スパイカーが余裕を持って打てるようなトスを上げられていなかったので、自分の問題かなと思います。

――審判の判定によりリズムを崩してしまった部分というのはあるのでしょうか

そのこと(審判の判定)に関しては、審判どうこうというより、それまでに至る自分たちのプレーがだめだったので、そこは反省すべき点です。

――終盤は焦りからサーブミスが連発してしまいました

第4セットも最後サーブミスで終わって、第5セットもジュースにもつれながらも3連続サーブミスで簡単に点を与えてしまいました。自分たちがビハインドの状態、精神的にもきつい場面を自分たちで作ってしまいました。サーブはチームというより個人の問題ですし、本当にサーブや連携も含め、自分たちのやってきたことが全然出せていなかった試合だと思います。

――チームにサーブミスが多発する中で山口選手にサーブローテが回ってきましたが、どのようなことを心掛けていましたか

自分の前に3連続でサーブミスが出たので、まずはチームとして狙うことを決めていた選手を狙って、攻めはしないとブロッカーに伝えました。狙うだけのサーブにしました。

――それを話し合ったのは第5セットでの2回目のタイムアウトのときですか

確かそうだったと思います。

――国士舘大の応援に対し、アウェーに感じることはありましたか

自分は相手の応援は気になっていないです。ブロックを抑えなくてはいけないところを抑えられなかったし、今回の負けは実際、自分たちのミスだったり力が出せなかったことが敗因です。

――第3セットの終盤は山口選手のブロックを皮切りに勢いが出たように感じましたが

ブロックはあまり得意ではありませんが、あの場面は1点欲しいところだったので良かったです。

――これからの試合ではこういった接戦がさらに増えてくると思いますが、対策などはどのように考えていますか

来週からは勝ちが続いているチームだったり、春季リーグを見ていても強いなと思うチームが残っているので、平日の練習で次回戦う相手をビデオでチェックしたり対策は練っていくつもりです。相手の対策もしますが、きょうみたいに自分たちのバレーが全然できていないようではいけないので、来週からは自分たちの力がしっかり出せるような準備もしっかりしていきたいと思います。

――自分たちのバレーというと、やはりセンター中心のバレーということでしょうか

センターはもちろん、いろいろなバリエーションを増やせるようにして、波のないチームにしていきたいと思います。

――話が変わってしまいますが、戸山記念会堂で行われた最後の試合ということで、この会場で印象深い試合はありますか

自分が大学に入学して、最初の春季リーグ戦、明大戦ですね。この会場で大学デビューしたので、そのデビュー戦ですね。

――来週以降への意気込みをお願いします

あと(試合が)残っているチームが強豪と言われるところなので、きょうみたいな自分たちの力が出せないということがないようにしたいです。自分たちの力が100%しっかり出せるような準備をしていくつもりです。競った試合を落としてしまうことがきょねんからの課題で、きょうもフルセットのジュースで落としてしまったので、そういう1点や2点で勝敗が変わる試合を勝てるように。勝ちにこだわって一試合ずつやっていこうと思います。