メニュー

ERROR

2015.04.19

春季関東大学リーグ戦 4月18日 早大戸山キャンパス記念会堂

隙のないバレーで、慶大に圧勝

 春季関東大学リーグ戦開幕2連勝中と、波に乗っている早大。今季初の早慶戦でも、その勢いが途切れることはなかった。課題の立ち上がりを難なく切り抜けると、相手のミスにも助けられ慶大を圧倒。セットカウント3-0(25-18、25-14、25-16)と2戦連続でストレート勝ちを収めた。

 これまでの2試合、順調に勝ち星は積み重ねている一方で、課題としているのが立ち上がりだ。「試合前のミーティングで戦術をはっきりと決めていた」(福山汰一主将、スポ4=熊本・鎮西)。サーブで相手レシーブを崩し、攻撃コースを限定。早大が得意とするセンターも有効に使い、的を絞らせない。相手に合わせてプレーするのではなく、自分たちのスタイルを貫いたことが功を奏した。第2セットでも、喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)のバックアタックを皮切りに一挙7連続ポイントを奪う。そのまま大量リードで逃げ切り、相手に反撃の余地を与えない。第3セットに入っても選手たちの集中力は途切れなかった。喜入や藤中優斗(スポ1=山口・宇部商)が効果的に得点を決めていく。このセットも大量リードを守り切り、ホームで3連勝を飾った。

レフトからスパイクを打つ藤中

 大差で勝ったこの試合。その裏には、レギュラーのみならずリザーブの選手の活躍も光った。初出場となった先週の東京学芸大戦に続いての登場となった加賀優太(商2=東京・早実)。きょうの試合でもコートに立った時間こそ短かったが、セッターの山口頌平副将(スポ3=長崎・大村工)から多くのトスを託される。ムードメーカーとしても欠かせない存在なだけに、これからも加賀の力が必要なときはやってくるに違いない。そして、藤中だけでなくもう2人のルーキーからも目が離せない。長身を生かしたパワフルなスパイクが持ち味の鵜野幸也(スポ1=東京・早実)。第2セット終盤にピンチサーバーとして起用されると、サービスエースを奪う。「思い切ってやろうと思ってプレーした」(鵜野)。第3セット終盤では喜入のポジションで再びコートに。マッチポイントの場面でスパイクを決める活躍で、指揮官の期待に応えてみせた。もう一人が、高校時代に主将として全国ベスト8に導いた小林光輝(スポ1=長野・創造学園)だ。松井泰二監督(平3人卒=千葉・八千代)も「相手との駆け引きがうまい」と一目置くトスワーク。第3セット終盤に山口に代わりセッターを務め、試合を勝利に導いた。

途中出場し、サーブを放つ小林

 多くのことを試しながら戦ったこれまでの3試合。ただ勝つのではなく、いかにして勝つか。控えの選手も試合での経験を積めたことは、これからの強豪との試合でも生きてくるはずだ。次戦の相手は国士舘大。きょねんのメンバーが多く残っており、決して油断はならない相手だ。また、ホームの戸山記念会堂で行われるリーグ戦はこの試合が最後となる。多くの観衆に、ことしの早大バレーボール部の勇姿が目に焼き付くような試合をしたい。

(記事 谷口武、写真 吉原もとこ)


セットカウント
早大 25-18
25-14
25-16

慶大
スタメン
レフト 喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)
レフト 藤中優斗(スポ1=山口・宇部商)
センター 福山汰一(スポ4=熊本・鎮西)
センター 加藤久典(スポ3=東京・早実)
ライト 田中健翔(スポ3=熊本・鎮西)
セッター 山口頌平(スポ3=長崎・大村工)
リベロ 後藤光明(社3=東京・早実)
コメント

松井泰二監督(平3人卒=千葉・八千代)

――危なげなく3勝目を挙げられましたがいかがでしたか

春は毎回、自分たちが目標としていることがどれだけ試合で出せるかということなので、きょうはミスも少なく自分たちのかたちが一試合一試合作れてきているのかなという感じがしています。

――これまでの2試合では立ち上がりに苦しみましたが、きょうはどのように試合に臨まれましたか

(立ち上がりに弱いことは)選手たちも自覚していて、第1セットに自分たちの良さが出ないと。相手に対応することばかり考えていたけれど、そうではなくて自分たちの良さを出していこうと。そう心掛けたら自分たちのバレーができたので、対応というより自分たちのやるべきバレーを通した結果が、勝ちにつながったと思います。

――点差も開き中盤からは余裕のある試合展開で、リザーブの選手もたくさん出られましたが、予め考えていたのですか

そうですね。きょうとあしたでメンバーを全員使うつもりでいます。試合に出て初めてうまくなるものなので、少しでも機会があれば出してやりたいと思っています。

――鵜野幸也選手(スポ1=東京・早実)はサービスエースを決める活躍でした

元々いいものを持っている選手なので、これを機にもっと自信を持ってもらいたいと思います。

――小林光輝選手(スポ1=長野・創造学園)も前の東京学芸大戦に引き続きの出場でした

高校時代から注目されていたセッターだったので、評判通りのスキルを持っています。これからは大学のバレーボールというのをわかっていかなければいけないので、その経験値を高くしていけたら、さらにいいセッターになると思います。

――どのようなタイプのセッターなのでしょうか

山口(頌平副将、スポ3=長崎・大村工)はどちらかというと正確にトスを上げるタイプのセッターですが、小林は相手との駆け引きがうまいですね。

――攻撃的なセッターという印象ですが

高さもあるセッターなので、それは一つの武器だと思います。

――加賀優太選手(商2=東京・早実)も前回に引き続き、ガッツあふれるプレーで見方を勢い付けました

彼は1年生の面倒をよく見ていたりと、コート以外のところでも非常に細かい配慮ができる人間です。やはりそういうプレー面でも、いい意味で細かさや豪快さというのが出てきたので、とてもうれしく思います。

――ピンチサーバーとして真鍋佑輔選手(人3=香川・高松一)の出場頻度が増えていますが、ピンチサーバーの構想は固まってきたのでしょうか

はい。真鍋はファーストピンチサーバーということで考えているので、彼の良さをチームが引き出せるように、そういう環境を作っていけたらいいかなと思います。

福山汰一主将(スポ4=熊本・鎮西)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

先週の2試合と比べて出だしのセットが全然良かったので、(試合の)入りはうまくいきました。2、3セットもリズムよくできたので、しっかりとやることができたと思います。

――第1セットが良かった要因についてどのようにお考えでしょうか

試合前にミーティングをしてブロックでどこを閉める、サーブで誰を狙うというのをはっきりと決めていました。効果的に相手にはまったので、それが勝因だと思います。

――第2セットは序盤からリードを広げる展開でしたが、振り返ってみていかがですか

とりあえずマンツーマンでやってみようという話になって、各自のポジションの前にいる相手の得意なコースだけをしっかりと抑えたら、藤中(優斗、スポ1=山口・宇部商)が止めて、そこからリズム良くいけたので展開的には楽でした。

――第3セットを振り返ってみていかがですか

点差が開いたところで、疲れか何かわかりませんが静かになってしまいました。そこは反省点で、最後までしっかりみんな力を出せるように練習していきたいと思います。

――きょうはご自身のBクイックが要所で光っていました

(慶大が)中大と試合している試合を映像で見たのですが、そのときBクイックのターンに対してのブロックが甘いので、そこはついていこうという話をしていました。(相手の)ブロックがそれほど良くなかったので、そこは良かったと思います。

――次の試合に向けての意気込みをお聞かせ下さい

国士舘大はきょねんよりも全然強いと思うので、しっかり対策を練ってあしたも勝ちたいと思います。

後藤光明(社3=東京・早実)

――きょうの試合を振り返って

自分たちの形ができていました。うちはやれることができていて、相手はできていなかったことが結果に表れたのだと思います。ですが、まだまだ十分ではないので準備をしっかりしてやっていきたいですね。

――相手の慶大の印象はいかがでしたか

レシーブがセッターのところに返ったら速攻を使っていて、それ以外はサイドサイドなのでブロックして上げていこうとチームで話していました。

――これで3連勝となりました

まだ東海大や中大といった強豪ではなく互角のチームとの対戦ですので連勝できて良かったです。

――今春に向けて強化してきた点などはありますか

チームとしてサーブレシーブの1本目のキャッチとブロックをしっかりやれるように強化してきました。

――4年生は福山汰一主将(スポ4=熊本・鎮西)のみですが、3年生はどのようにサポートされていますか

汰一さん一人に頼らず、みんなで頑張っていこうという話をしています。

――今季の抱負をお願いします

優勝を目指して頑張ります。

――あすに向けての意気込みをお願いします

この記念会堂でできる最後の試合なので勝ちで終われるよう頑張りたいと思います。

鵜野幸也(スポ1=東京・早実)

――きょうのリーグ戦は早慶の戦いとなりましたが、試合を終えてのお気持ちは

自分はまだ入学したばかりで、『早慶』という伝統的なイメージはそこまでなかったので、まずは試合の中で自分が出られるか出られないかということだけを意識してやりました。

――早大のバレーボール部に入部してみていかがですか

先輩方は厳しい面もあるのですが皆さん優しいので、なじみやすくて伸び伸びとできますし、すごくいい環境だと思います。

――高校時との違いを感じることはありますか

高校の時よりメンバー的にもすごくレベルが高くて、ここでは自分が下の下で。やはり(高校で)上で頑張っていた自分としては、この環境でやっていくということでまだまだ上を目指して本当に頑張らなくては、という気持ちの違いがあります。

――第2セットではピンチサーバーとしてサービスエースも決めていました

先輩方もいいサービスが入っていたりして、そこの中で自分も思い切ってやれ、とは言われていたので、せっかく出られるのなら思い切ってやろうと思ってプレーしました。

――第3セット終盤にはチームの中でプレーしてみていかがでしたか

練習試合などにも出させていただいていたので、1年生として活躍したり声を出したり雰囲気作りのようなことを意識してやっていました。(意識していたことは)できたかなと思っています。

――最後に今後への意気込みをお願いします

今後も先輩方に活躍していただきたいです。自分が出られる機会が増えて、そこで結果を出せたらいいなと思っています。