メニュー

ERROR

2015.04.10

第91回日本選手権 4月9日 東京辰巳国際水泳場

早大戦士、世界選手権へ 3年生の活躍も光る

 連日白熱した戦いが繰り広げられる日本選手権も折り返し地点を迎えた。大会3日目は渡部香生子(スポ1=東京・武蔵野)が女子100メートル平泳ぎで連覇を達成。また、瀬戸大也(スポ3=埼玉栄)が800メートルフリーリレーでの世界選手権代表入りを決めた。3年生の活躍が多く見られるなど明るい材料が多い日となった。

★2冠を達成し、大きな自信に

連覇を達成した渡部

 目標の4冠へ、歩みは止まらない。渡部香生子(スポ1=東京・武蔵野)は、自身の持つ日本記録の更新を目指し女子100メートル平泳ぎ決勝に挑んだ。50メートルを折り返した段階では三つどもえの状態。レース終盤、頭一つ抜け出し頂点に立った。タイムは1分06秒45。「(1分)05秒台を目標にしていただけに、少し悔しい」と納得のいく泳ぎとはならなかった。敵は相手ではなく自分。若き女王の己への厳しさが垣間見えた。女子200メートル個人メドレー準決勝では、余力を残し全体4位のタイムで決勝進出へ。「背泳ぎが少し大きな泳ぎになってしまった」と課題を口にした。あすの決勝では満足のいくレースを展開し、周囲に強さを見せつけたい。

(記事 井口裕太、写真 谷田部友香)

★5本のレースを泳ぎ切り、勝負はあすへ

表彰台での瀬戸(左)

 5本のレースに挑んだ瀬戸大也(スポ3=埼玉栄)にとって、きょうはタフな一日となった。男子200メートルバタフライ準決勝では、終盤、隣を泳ぐ坂井聖人(スポ2=福岡・柳川)を見る余裕も。全体1位のタイムをたたき出した。「イメージ通りに進んでいる」と本人も納得のいく泳ぎが続いている。自己ベストの更新を目指し、あすの決勝に挑む。本日の最終レースとなった男子200メートル自由形決勝では、男子800メートルフリーリレーでの世界選手権代表入りを確定させた。「(きょうの5レース目で)すごくきつかった」というように、150メートルを折り返した時点で5位と苦しい展開に。しかし、最後の50メートルで驚異の追い上げを見せる。前を泳ぐ3人を追い抜き、2位でフィニッシュ。世界選手権でのメダル獲得を見据え、「夏までに自由形をもっと強化したい」と決意を述べた。

(記事 井口裕太、写真 谷田部友香)

★同じ種目を4レース!?実り多き大会に

スイムオフを制し、ガッツポーズをする安田

 男子50メートル背泳ぎに出場した安田純輝(スポ3=千葉商大付)。予選では自己ベストを更新し7位につけた。同タイムの選手が3人いたため、決勝への2枠を懸けてスイムオフへ。安田はここでもベストを上回る力泳を披露。しかしここで会場にざわめきが走る。電光掲示板には『25.81』という数字が2つ。2位タイとなり、勝負は異例の2度目のスイムオフに持ち越された。安田は疲れを感じる中、力を振り絞る。先行を許す苦しい展開。それでも中盤追い抜き、0秒21差でついに自身初の決勝進出を果たした。決勝では「疲れが痛みとして出てきた」と納得のいくタイムを出すことはできなかったが、この大舞台での経験は必ず力となるはずだ。「スイムオフ2回は一生思い出に残ると思います」。たくさんの初めてを味わった今大会は、成長の糧として安田の胸に刻まれただろう。

(記事 谷田部友香、写真 井口裕太)

★上野、堂々の5位

好成績を残した上野

 課題である体力不足を改善するため、シーズン前に地道な基礎練習を積んできた上野聖人(社3=神奈川・法政二)。その成果もあり、男子100メートル平泳ぎに続きこの日の男子50メートル平泳ぎ予選でも自己新記録を打ち出した。しかし、目指していた27秒代には届かず、「物足りない」と不満げな様子。その中でも予選6位という好成績で日本選手権初の決勝へと駒を進めた。決勝は、選手の名前のコールや音楽など予選と大きく様相を変える。このような状況下、「初めての決勝ということで気持ちに焦りがあった」というが、堂々の5位でフィニッシュ。タイムも27秒84と予選からさらに上げてきた。「もう少し改善できた」と好成績にも満足はしていない。高い向上心を武器に、豊富な早大平泳ぎ陣の中で存在感を示したい。

(記事 谷田部友香、写真 井口裕太)

★成長続けるスプリンター

好調を維持する荒木

 最速のスイマーを決する男子50メートル自由形。この種目に、中村克副将(スポ4=東京・武蔵野)が臨んだ。自由形2種目で2位を目指しながら、両種目共に3位に終わった昨年の今大会。リベンジを果たしたい中村は、予選、準決勝を2位で通過し、順当に決勝へと進んだ。また、好調をキープし続ける荒木優介(人3=三重・暁)も参戦。競技生活で初めて挑む最高峰の舞台だが、予選ではそのことを感じさせない泳ぎを見せた。22秒96という自身も驚きの好記録で準決勝進出。準決勝では思うようなタイムが出ず、日本選手権初種目は14位で幕を閉じた。喜び、悔しさの両方を体感したこの日。大会5日目の男子100メートル自由形への出場も予定しており、そこではどんなレースを見せてくれるのか。チーム一の成長株から目が離せない。

(記事 谷田部友香、写真 井口裕太)

結果

◇決勝

男子50メートル背泳ぎ

安田 26秒10【7位】

男子50メートル平泳ぎ

上野 27秒84【5位】

男子200メートル自由形

瀬戸 1分47秒71【2位】

女子100メートル平泳ぎ

渡部 1分06秒45【優勝】

◇準決勝

男子200メートルバタフライ

瀬戸 1分55秒72【1位】

坂井聖人(スポ2=福岡・柳川) 1分56秒31【3位】

女子50メートル自由形

赤尾 26秒20【15位】

男子50メートル自由形

中村 22秒36【2位】

荒木 23秒15【14位】

女子200メートル個人メドレー

渡部 2分12秒57【4位】

男子200メートル個人メドレー

瀬戸 1分59秒48【3位】

◇予選

男子200メートルバタフライ

坂井 1分56秒39【2位】

瀬戸 1分56秒99【4位】

女子50メートル自由形

赤尾 26秒27【12位タイ】

男子50メートル自由形

中村 22秒60【2位】

荒木 22秒96【11位】

女子200メートル個人メドレー

渡部 2分13秒68【2位】

田村美紅(スポ3=埼玉栄) 2分17秒26【19位】

男子200メートル個人メドレー

瀬戸 2分00秒35【3位】

渡辺一平(スポ1=大分・佐伯鶴城) 2分04秒29【18位】

男子50メートル背泳ぎ

安田 25秒94【7位タイ】

※スイムオフ1回目 25秒81【2位タイ】

※スイムオフ2回目 26秒25【1位】

男子50メートル平泳ぎ

上野 28秒17【6位】

雨谷拓矢(スポ4=神奈川・桐蔭学園) 28秒52【14位タイ】

渡辺 29秒01【30位】

コメント
決勝進出者

上野聖人(社3=神奈川・法政二)

――予選では100メートルに続いての自己ベスト更新ですが、好調ですか

そうですね、好調です。もうちょっとタイムを出したかったというのが本音で、シーズン前鍛錬を積んできたので、もうちょっとタイムが出ることを期待していたのですが、結果はちょっとだけベスト更新ということで、物足りないというのが正直な感想ですね。

――目標タイムはどれくらいでしたか

7秒代(27秒代)を出したかったのですが、力及ばずでした。

――日本選手権でご自身初の決勝レースでしたがレースを振り返っていかがですか

結果は自己ベストで良かったと思いますが、初の決勝ということで気持ちに少し焦りがあったというか、スタートや最後のタッチのところでちょっとした焦りが出てしまいました。もう少し改善できたかなというのはあります。

――それでも自己ベストを出されましたね

自己ベストを出せたという点に関してはすごく嬉しいですね。

――準決勝から決勝までどのように気持ちを向けていきましたか

時間がたくさんあったので、1回気持ちを落ち着けてリラックスをする時間をつくって、あとはアップをして気持ちを徐々に高ぶらせていきました。

――どのような点を冬場強化してきましたか

僕は基礎体力が無いので、周りの選手に追い付けるように地道に基礎練習を積んでいたのと、最後は奥野監督(景介監督、昭63教卒=広島・瀬戸内のアドバイスを聞いて調子を上げてきたという感じです。

――奥野監督からはどのようなアドバイスをもらったのですか

ピッチを上げた時に動きがバラバラになっていたので、そこは丁寧にやるようにというアドバイスをもらいました。

――早大に平泳ぎの選手は多いですが、その中でどのように戦っていきたいですか

今回加納キャプテン(雅也主将、スポ4=県岐阜商)が絶好調で、下の渡辺(一平、スポ1=大分・佐伯鶴城)もトップアスリートで入ってきてすごく速い選手なので、3枚目の僕だったりが活躍できるように頑張っていきたいと思います。

――今大会での収穫と課題を教えてください

やはりまだ経験が足りないのと、基本的な体力の面が課題です。この50メートル平泳ぎはインカレ(日本学生選手権)種目にないのですが、メインの100メートルのほうが(今大会は)あまりよくなかったので、50メートルの伸びたタイムを生かして基礎体力をつけていきたいと思います。

――次に向けての意気込みをお願いします

次の大会は来週ですが、その時はチームでの戦いなので1点でも多くとってチームに貢献したいと思います。

瀬戸大也(スポ3=埼玉栄)

――率直にレースを振り返ってみていかがですか

きつかったです。最後の5レース目でベストを出して、2位で(世界選手権)代表をしっかり決められたのですごくよかったと思います。

――全体的にすごく速いペースのレースでしたがいかがですか

自分の自己ベストを出していかないと代表は入れないと思っていました。きょうの5レース目ですごくきつかったですが、自分から積極的にいってラストは気持ちの強い人が(代表に)入ると思いました。小堀(勇氣、日大)君と競っていましたが、負けないように頑張って最後は競り勝てたのでよかったです。

――タイム的にはいかがですか

(自己)ベストが更新できたのでよかったですが、これではまた公介(萩野、東洋大)に頼りっぱなしになってしまうので夏までに自由形をもっと強化して、公介やリレーに入ったメンバーと一緒にメダルをとって帰ってきたいと思います。

――200メートルバタフライを振り返ってみていかがですか

最後はチャド(レクロー、南アフリカ)の真似をして、聖人(坂井、スポ2=福岡・柳川)とかを見ていました。意外とラップが早くて、あれって感じでした。最後、2回に1回の呼吸より全部呼吸してチャドみたいに見たほうが早いのかなと思いました。あすの200メートルバタフライではしっかり自己ベストくらいで泳いで去年入れていないので、200メートル個人メドレーでもしっかり代表権を勝ち取りたいと思います。

――バタフライでのタイムと自分の感覚はいかがでしたか

感覚よりも早いのでいい感じです。200メートルの個人メドレーも決勝のポジションで3番手が欲しくて、太将さん(藤森、ミキハウス)を見て思いっきりブレーキをかけました。こうしてイメージ通りにコマが進んでいるのですごく自分の中ではいい試合になってきていると思います。

――最後、藤森選手を見ていたのは自分で順位と残りのことを考えた上でのことですか

そうですね。あしたはラストレースになります。きょねんは見えなくて、勝てるだろうなという気持ちで泳いでいました。今回は3コースで公介と太将さんも見れるのでしっかり勝負をしていきたいと思います。

――200メートル個人メドレーを振り返ってみて4種目の中でいかがですか

今大会では平泳ぎがすごくよくなっているので、今回はおもしろいかなと思います。ダメな部分の背泳ぎが感覚より遅いので、決勝ではしっかり泳いで平泳ぎにつなげば、200メートルでも自分のベスト(タイム)が出せるのではと思っています。あすも一本一本集中してレースに臨みたいと思います。

――きょうは5本泳いで一番ハードな日だったと思いますが振り返ってみていかがですか

意外にさくっと終われたのでしっかり休んで、あしたは午前中ゆっくりできるので午後に向けて備えたいです。あすも一本一本集中して代表権を勝ち取りたいと思います。

安田純輝(スポ3=千葉商大付)

――初めての日本選手権決勝は戦ってみていかがでしたか

やはり重みというのを感じましたね。あがらないようにあがらないようにと意識していたのですが、結局ちょっとあがってしまいました。タイムは正直満足のいくようなものではなかったのですが、この経験は絶対に今後の糧となると思うので、もっともっと練習して、次の大きい舞台がジャパンオープン(50メートル)なので、そこでもう1回決勝の舞台まで這い上がっていきたいと思います。

――入場してきたときはどのような気持ちでしたか

ゲートをくぐるのも、名前を呼ばれるのも初めてだったので、とりあえず何かおもしろいことをやっていこうかなという感じで、そこまでは気持ち的にリラックスしていたのですが…。やっぱり難しかったですね。

――疲れもありましたか

そうですね。いままで感じたことのない疲れというか、疲れが痛みとして出てきたので。多分慢性的なものではなく一時的なものだと思うので、この後またケアをして次またいい練習ができるようにしたいです。

――予選後楽しみたいとおっしゃっていましたが、楽しむことはできましたか

そうですね。本当にわくわくドキドキで(笑)。楽しんで泳ぐことができました。

――多田邦徳選手(平27スポ卒)が抜けて、背泳ぎのエースということになりますが、そこの意識というのはいかがですか

ずっと多田さんの、身長も大きいですが大きな背中を見てきて、それがぽっかり抜けてしまったわけなので、そこはしっかり自覚を持っていきたいです。自分個人の競技力だけでなく、ワセダ全体のチーム力にも関わってくるので、ことしも絶対にリレー(男子400メートルメドレーリレー)は優勝したいと思っているので、もうちょっと成長していきたいと思います。

――今大会を終えて自身にはなりましたか

そうですね。こういった大舞台をインカレ(日本学生選手権)前に経験できたので、次はリラックスして自分の力を出したいと思います。

――来週のアリーナ杯東京六大学春季対抗戦に向けて一言お願いします

1週間後になりますが、この調子を維持して、背泳ぎ3つと半バタ(男子50メートルバタフライ)にもエントリーしているので、少しでも多くの得点になれるように、そして六大学でワセダが優勝できるようにもっともっと頑張っていきたいと思います。

渡部香生子(スポ1=東京・武蔵野)

――レースを振り返ってみていかがでしょうか

(1分)05秒台を目標にしていました。代表に入れたことはすごくほっとしていますが、少し悔しい部分もあります。それは200メートル個人メドレーと平泳ぎで(悔しさを)また晴らしたいと思いました。

――具体的にレースの中でどのような部分に課題を感じましたか

前半はあともう0.1秒くらい早く入りたかったです。後半で少し浮いてしまった部分があったので、そこがきょうの課題だと思いました。

――ターン、タッチの部分ではいかがでしょうか

最後タッチを合わせようとして少し急いだ感じになってしまったのが、よくなかったなと思います。

――これで2冠となり、自身4冠を目指すにあたり大きな自信になるのではないですか

そうですね。またきょうもこうして2冠を達成できたので、しっかり自信をもってあすにつなげたいと思います。

――200メートル個人メドレーを振り返ってみて自身のレース展開としてはいかがでしたか

バタフライはよかったですが、背泳ぎが少し大きな泳ぎになってしまいました。決勝では背泳ぎ次第でタイムもだいぶ変わってくると思います。

――背泳ぎではどのような部分を修正していきたいですか

テンポをあげる泳ぎに修正したいです。

――改めてあすの200メートル個人メドレー決勝に向けて展開をどのようにしていきたいですか

準決勝では最後、だいぶ余裕をもって自由形で泳ぐことができました。最後はすべての力を振り絞っていいレースができるようにしていきたいです。

準決勝進出者

中村克副将(スポ4=東京・武蔵野)

――目標タイムはどれくらいに設定されていましたか

決勝では22秒1くらいが出ればいいなと思っていますが、準決勝は結構余力が残っていたので(決勝に)期待できるかなと思います。

――決勝に向けて修正点などはありますか

やはりスタートで出遅れてしまうので、そこをもう1回見直して修正していきたいです。

――今大会での目標は

やはり最終日の100メートル自由形の決勝で塩浦さん(慎理、イトマン東進)に挑戦していきたいです。

――自分の感覚としてスピードが出てる感覚はありますか

大会前に少し体調を崩してしまったのですが、それを感じさせないような泳ぎはできたと思います。

赤尾愉歩(社4=東京・早実)

――26秒20というタイムでしたが準決勝のレースを振り返って

まず目標タイムが25秒台だったのですが、26秒20ということで、全然ダメだったなと思います。最悪でも自己ベストの26秒09を越えるようにと思っていたのですが、それも越えられなかったので課題の残るレースになりました。

――予選の際におっしゃっていたスピード感についてはいかがでしたか

スピード感はあったと思いますが、自分が思っていたスピード感よりももっと上をいかないと25秒台は出せなかったのだろうという反省ですね。

――日本選手権では初の種目となる100メートル自由形への意気込みをお願いします

(日本選手権では)初の100メートル自由形ですが、きょう50メートルを2本泳いでみて試合の雰囲気や自分の体の調子がある程度わかったと思うので、きょうの50メートルのスピードを100メートルでは前半から突っ込んでまずは自己ベストの57秒30を越えたいと思います。

荒木優介(人3=三重・暁)

――初めての日本選手権で、初めての準決勝はいかがでしたか

予選よりは緊張しなかったのですが…。タイムは出なかったですね。

――悔しいという思いなのでしょうか

予選はそんなにバッチリ決まったという感じではなくタイムが出たので、(決勝では)タイムは上がると思っていたのですが、落としてしまったというのは悔しいですね。

――自分らしい泳ぎというのが決勝ではできなかったのですか

そうですね。フォームは乱れたわけではないと思うので、タイムにつながらなかったのは何か良くなかった点があるのだと思います。

――準決勝まで進んで、14位という結果についての自己評価というのはいかがですか

大学生として大事なのはインカレ(日本学生選手権)だと思っているので、そこにつながるような調子の大会で、予選だけですがタイムが出せたのは良かったと思います。

――インカレ後は中村克副将(スポ4=東京・武蔵野)に次ぐ次期エースなるとと思いますが

それはとんでもないというか、恐れ多いのですが(笑)、その穴を少しでも埋められるように頑張りたいと思います。

――男子100メートル自由形にも出場されますが、そこにつながる泳ぎにはなりましたか

50(メートル)の感じでいくわけにはいかないのですが、スピードが上がっているというのはいいことだと思うので、100もタイムが出ると思います。

――最後に男子100メートル自由形に向けての意気込みをお願いします

49秒代をまだ出したことがないので出したいと思います。

坂井聖人(スポ2=福岡・柳川)

――準決勝での手応えはいかがですか

ラスト50メートルはまだ余裕があったので、ラスト50メートルを上げれば(1分)54秒代も出せると思います。

――決勝では1分54秒前半がほしいですね

そうですね。丈志さん(松田、セガサミー)が上がってくると思いますし、54秒前半じゃないと世界選手権代表には入れないと思うので、しっかりそこを意識していこうと思います。

――前半は55秒09でしたが、そこについてはいかがですか

前半抑えて入りすぎてしまったので、決勝は積極的に前半もいければいいかなと思います。

――どのくらいを目指しますか

前半は4秒5(54秒50)くらいで入って後半を1分割ってくるくらいのペースで入ればいい泳ぎができるのではないかと思います。

予選終了後

安田純輝(スポ3=千葉商大付)

――3本目のレースはどのようなことを意識していました

さすがに疲れましたが、とにかく欲を出さずに自分の泳ぎをしようと思っていました。

――100メートル平泳ぎでも自己ベストを更新していましたが好調ですか

そうですね。100のほうは1年半ぶりのベスト更新で、自分の泳ぎを大切にしようと思って泳いでいました。

――好調の要因は

合宿を3月に行っていて、そこからちょっと泳ぎを変えてみてそれがしっくりきて、練習の中でも自分の求めている泳ぎを突き詰めていてそれが好調につながったのかなと思います。

――具体的に変えたところはどこですか

いままではタッチからプッシュにかけてあまり押せていなかったので、パワー系の練習をやっていた時に、最後の掻ききる時にももに触るぐらいまでという意識を変えて、できていなかった部分の修正をやってきました。

――このチャンスをどう生かしますか

同じ種目を4本泳ぐ人なんてそうそういないと思うので、これも1つのチャンスだと思ってきつい状況ですが、初の決勝の舞台なので楽しんでやっていきたいと思います。

――思い出に残る試合となりますね

そうですね。スイムオフ2回は一生思い出に残ると思います(笑)。