メニュー

ERROR

2015.04.08

春季関東学生リーグ 4月5日 埼玉・駿河台大ホッケー場

開幕戦は白星スタート

 ことしもついに春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)が開幕。春季リーグ戦優勝に向けた戦いが始まった。初戦の相手は強敵・駿河台大。序盤からボールを回し試合を有利に進めるワセダは、MF中村拓郎(社4=富山・石動)が痛烈なシュートを放ち先制に成功。さらにMF岸本昌樹(教3=鳥取・八頭)が2得点を奪う活躍を見せる。守備陣も安定したディフェンスで無失点に抑え、3-0で快勝。大事な初戦を勝利で飾った。

 試合開始から主導権を握ったのはワセダだった。自分たちのペースでボールを回し、FW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)を中心に攻撃のリズムをつくる。前半14分にはペナルティーコーナー(PC)を得るが、惜しくもシュートは枠の上。その後も数多くチャンスをつくるも決めきれず。0-0の均衡が続く中で迎えた24分。「思い切って打とうと思った」と語るように中村が豪快にスティックを振りぬくと、相手GKは反応できず先制点を奪う。さらに33分には、岸本がゴール前の混戦を抜け出し追加点を獲得。2-0で前半を折り返す。

先制点を決め喜ぶ中村(左)

 開始早々にPCのチャンス得るなど、後半に入ってもワセダは攻めの姿勢を崩さない。しかし駿河台大も必死の守備を見せ、一進一退の攻防に。危ない場面を何度かつくられるものの、FB木村浩一郎主将(スポ4=栃木・今市)やFB西山健史(政経4=東京・早大学院)、さらにはルーキーのFB渡部大輔(スポ1=島根・横田)を中心にFB陣が安定した守備を披露。ピンチを冷静に対処し相手の反撃を許さない。すると宮崎が左サイドを駆け上がり、幾度となく好機を演出。次第に流れがワセダに傾いていく。そして後半32分、この日2得点目となる岸本がPCを決め3点目を獲得。最後まで攻撃の手を緩めることなく戦い抜き、春季リーグ戦白星発進となった。

この日2得点の活躍を見せた岸本

 「きょうはいいゲームになった」(松本剛毅監督、平6卒)。昨季は納得のいく結果を出せなかったワセダだが、その分ことしはリベンジに燃えている。その姿勢は、前半から積極的に攻め続けたこの試合に表れていた。予選リーグ1位通過を目指して戦う次の相手は東農大。昨季の春季リーグ戦で敗北を喫した相手だ。悲願の優勝のためには絶対に負けられない。気持ちを前面に出すホッケーで、頂点へと突き進んでいく。

(記事 大森葵、写真 中村ちひろ)

春季関東学生リーグ
早大 2-0
1-0
駿河台大
コメント

松本剛毅監督(平6卒)

――開幕に向けて意識していたことは

ことしは4年生が多いということで、部内のコミュニケーションを強くし、さらに気持ちをより全面に押し出すことをシーズンに向けてやって来ました。きょうはいいゲームになりましたね。

――きょねんとことしのチームで異なるところはどこですか

実はそんなに変わっていないですね。戦力的にも1年生が4人入ってくれましたし。ただ、攻撃面ではきょねん引き気味だったのですが、ことしは積極的になるよう指示しています。

――ことしの1年生に関してはいかがですか

きょうは2人が出場しましたが、堂々としてプレーをしてくれました。十分シーズンを通して活躍してくれると期待しています。

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

お互い初戦ということでどうしても探りあうことが多くなる中、それを早く打開できたのが我々のほうが早かったですね。実力的には大きな差はありませんでしたが、そのわずかな部分が勝敗を分けたのだと思います。

――今季はこれからどのように戦いを進めていきたいですか

きょねんから得点不足、そして立ち上がりに失点が多いという課題があるので、それを修復しつつ、気持ちを全面に出すホッケーを目指していきたいです。

FW中村拓郎(社4=富山・石動)

――初戦ということでどのような意気込みで試合に臨みましたか

初戦なのでとりあえずしっかり勝ち、その波に乗って他の試合にも臨めたらいいなと思っていました。なのできょうは勝てて本当に良かったと思います。

――全体的にも攻めている印象でしたが

そうですね。ボールをしっかり回し、自分たちのペースを作って最後はフォワードがしっかり決めるという練習通りのプレーが出来たと思います。

――試合を終えて今の率直な感想を教えてください

何よりも無失点で勝てたことが一番良かったと思います。

――一発目のシュートを決めたことについて

あれはまぐれですね(笑)。でも打てる時は思い切って打とうと思っていたので、それが決まってとても良かったです。

――今季チームとして挙げている目標は

今季は全日本(全日本選手権)出場ということでインカレ(全日本学生選手権)ベスト4ですね。

――ご自身にとってはラストイヤーとなりますが個人的な目標は

個人的には大学でホッケーは辞めてしまうので、悔いのないように最後まで精一杯やりたいと思います。

――今季のチームの雰囲気はいかがですか

去年に比べて皆しっかり声を出したり、足もすごく動いていてとても良い雰囲気だと思います。

――きょうの試合で得た収穫は

いつもは安定していないディフェンスがきょうはすごく安定していたので、これは次回も続けていきたいなと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

このまま東農大にも勝ってリーグ戦を1位通過したいと思います。