メニュー

ラクロス部

2015.03.29

東京六大学交流戦 2月22日~3月25日 神奈川・横浜FC東戸塚フットボールパークほか

新チームで臨んだ六大戦、課題が顕在化

 畑田峻希主将(スポ4=福井・若狭)の下、新チームで挑んだ東京六大学交流戦(六大戦)。初戦の法大戦では相手にリードを許す場面も見られたが、しっかり立て直し1勝を得ると、その後の試合も点差を離し、勝ち星を挙げる。しかし、迎えた最終戦。昨年の学生王者・慶大との試合は辛酸をなめる結果となった。

 2試合目となる東大戦では地力の差を見せつけた。試合開始直後から勢いよく相手ゴールに襲い掛かる早大。ゴール前で巧みなパス回しを見せると、相手DF陣をすり抜けMF平井陽大(人4=東京・成蹊)が先制点を奪取。その後もAT吉永佑大(社4=東京・早実)とAT山口俊(国教4=神奈川・湘南)を中心に相手ゴールを脅かす。第2クオーター(Q)では、東大に連続失点を許すが、決してペースを譲らない。後半も勢いそのままに攻め続け、MF平岩拓也(文構4=東京・錦城)が相手をかわしてシュート。第4Q2分には畑田とMF丸山卓郎(スポ4=埼玉・浦和)が華麗な連携プレーを取るなど、11-2の大差で決着をつけた。

積極的な攻めの姿勢を見せた吉永

 一方で、5戦目の慶大戦は課題が浮き彫りになった。「完璧な実力負け」と畑田は振り返る。開始早々3連続失点を許してしまい、押され気味の展開で始まった試合。早大も果敢に攻めるも、ゴールに嫌われ、なかなか枠内に収めることができない。第2Q11分にようやく1点目を山口が決めるが、第3Qではパスミスが続き、またもや3連続失点。その後AT篠崎大雅(スポ3=栃木)、MF佐藤大(スポ3=東京・調布北)が得点を重ねるも、ミスが続いてしまう。試合はそのまま慶大の猛攻を抑えきれず、タイムアウト。3-8で宿敵・慶大に敗戦を喫した。

慶大のゴールに肩を落とす選手たち

 4勝1敗で六大戦を終えた早大。最終戦まで勝ち続けていただけに、慶大戦での完敗が悔やまれる。メンバーの昨年までの実戦経験が浅いなかで、どこまで個人が実力を伸ばし、チームがまとまれるかが鍵となるだろう。六大戦で見えた課題をもとに成長し、5月の早慶定期戦ではリベンジを果たしたい。畑田組の戦いは始まったばかりだ。熱く、泥臭い『不屈』の精神を胸に、日本一の栄冠へと走り抜ける。

(記事 後藤あやめ、写真 進藤翔太、中丸卓己)

※記事中の学年は新年度のものです。

※掲載が遅くなり、申し訳ありません。

結果

○11-7法大

○11-1立大

○11-2東大

○9-3明大

●3-8慶大

コメント



東大戦

石渡祐介ヘッドコーチ(平18商卒)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

勝てて本当に良かったです。

――六大戦の半ばに入りましたが、チームの調子はいかがですか

練習試合も含めて、序盤に比べれば上がってきているので、そういう意味では安心しています。

――東大戦の点差については満足していますか

満足はしていないです。結構救われた部分もあったので、最終的にはこの点差になりましたが、1Qで停滞している部分もありました。

――第2Qでは東大に押され気味になる場面もありましたが

1点はしょうがないと思いますが、2点はこっちがミスをして取られてしまったので、そこに関してはきつくしました。そこからは立て直せたかなと思います。

――ハーフタイムではどのような話をされましたか

オフェンスについては足が動いていなく、停滞してる部分があったので、1回リセットをして、積極的にエンジンを上げようという話はしました。ディフェンスは継続ですね。クリアが課題であったので、そこの部分がしっかりできるようにと話しました。

――次戦に向けて

六大戦は優勝したいので、絶対に勝ちます。


MF吉永佑大(社4=東京・早実)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

勝ったことは良かったです。でも、課題も見えたなっていうのが正直なところですね。

――その課題というのは

ニュートラルの部分で、各々の技術が低いから結局相手と同じ土俵で戦ってしまっていたので、それをもっと改善しないといけないと思いました。

――この東大戦にはどういった気持ちで臨みましたか

東大はいままで六大戦で戦ってきたチームと違って伝統もあって強いチームなので、ここは一番の山場だなという風に思って臨みました。

――きょうのオフェンスの出来はいかがでしたか

チームとしてやってきたことは間違ってなかったんだなと感じて、素直に安心してます。

――2ゴールを挙げる活躍でしたね

嬉しいです。

――六大戦も中盤ですが、いままでを振り返ってみていかがですか

前回の2試合までは弱い相手に対してあまり圧勝できていなくて、しょっぱい試合だったので、今回東大相手に圧勝できたことはよかったなと思います。

――次戦の相手である明大の印象はどうですか

東大に比べたら強くないと思いますが、その分自分たちの土俵で圧勝しなきゃいけないと思うので、そこは意識してやっていきたいと思います。

――具体的に意識していくことはなんでしょうか

グランドボールの部分を意識したいと思います。ルーズボールへの反応ですかね。

――今季の意気込みをお願いします

今季は絶対に全日で優勝するので、応援よろしくお願いします。





慶大戦

AT畑田峻希主将(スポ4=福井・若狭)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

完璧な実力負けです。負けてしまったことは良くないですが、今の現状を知ることができました。全体として今の自分たちの置かれている立場を再認識できた試合かなと思います。

――オフェンス面を振り返って

3点しか取れなかったので、良いオフェンスではなかったです。一人一人がまだ他の5人を見られていないと言いますか、他がどのようなポジショニングをしているかや、最終的にどこが一番相手しては弱くなるかということが感じられていないです。基礎技術が低いので、そこを改善しなければいけないと思います。学生に負けてしまっているようでは、FALCONSなどには勝てないです。それに比べてケイオーは決めるべきシュートは決めていましたし、その違いがきょうの試合で出たかなという印象です。

――まだうまくチームの連携が取れていないのでしょうか

そうですね。オフェンスは全くといった感じですかね。どんどん詰めていかないといけないのですが、それ以前に個人の技術の低さが露呈してしまいました。練習からミスが多い人もたくさんいるのですが、そういう人が試合でもやってしまい、どんどん悪循環になって、ああいう試合になってしまいます。特に4年生がミスをしていたので、そこは自覚をもって取り組みを変えなければいけないと思います。

――ディフェンスは見ていてどうでしたか

8失点なので、そこまで悪いとは思いませんが、やはりグラウンドボールですかね。ディフェンスは頑張って粘ってやってくれていたとは思いますが、グラウンドボールが拾いきれずに、相手のオフェンスが続いて最終的に決められてしまっていました。そういうところがまだまだ足りないところかなと思います。

――六大戦を総括して

まだまだチームのレベルがおととし、きょねんに比べて低いので、少し焦りがあります。ポジティブに捉えれば毎試合毎試合少しずつでも成長してきているとは思うので、そこはさらに伸ばしながら、毎試合の反省を次の試合に向けて修正していければ良いかなと思っています。

――5月の早慶戦に向けて一言お願いします

きょうの試合で完敗で、今のところ早慶戦は3年連続で引き分けています。さすがに負けるわけにはいきませんし、負けたくないです。最後の早慶戦で思いも強いので、今まで以上にラクロスに打ち込んで、次はリベンジを果たせるように、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。