メニュー

ERROR

2015.03.25

春季オープン戦 3月8日 沖縄・浦添市民球場

オープン戦初黒星は悔しい逆転負け

TEAM
早大
Honda鈴鹿 ×

 春季オープン戦初戦を見事逆転勝利で飾ったワセダ。迎えた沖縄キャンプ6日目、社会人チームのHonda鈴鹿と対戦した。この日は投打がかみ合い、8回までに2点のリードを奪う。ワセダが試合の主導権を完全に握り、そのまま逃げ切るかと思われた。しかし8回、この回から登板した黄本創星(スポ3=千葉・木更津総合)が崩れまさかの一挙4失点。反撃及ばず2―4でオープン戦初黒星となる逆転負けを喫した。

 前日の試合ではチーム全体でわずか3安打と鳴りを潜めた稲穂打線。この日は長打も含む7安打と奮起した。両者譲らず均衡状態で迎えた4回、二塁打を放った丸子達也(スポ4=広島・広陵)が相手の暴投の間に本塁を踏み先制に成功。8回にも河原右京主将(スポ4=大阪桐蔭)がこの日2安打目となる中前打で出塁すると、続く茂木が右翼線を破る適時三塁打を放ち追加点を挙げる。また道端俊輔(スポ4=智弁和歌山)も二塁打を含む2安打を放つなど、打線の中軸を担う4年生の活躍が光った。

 一方の投手陣、先発を任せられたのは大竹耕太郎(スポ2=熊本・済々黌)。「粘って投げることができました」と、毎回得点圏に走者を背負いながらも4回を無失点で切り抜ける好投を見せた。この後継投した2人も無失点でタスキをつなぎ、2-0とリードしたまま迎えた8回、ワセダのマウンドには4人目の黄本が上がった。前日に引き続き制球に苦しみ、先頭打者から二者連続で四球を与える苦しい展開に。すると続く打者には適時二塁打を打たれ、リードを守り切れない。その後も味方の失策なども絡みさらに2点を奪われ逆転を許してしまった。

好投した今季初先発の大竹

 社会人とのオープン戦2試合を終え、沖縄キャンプはいよいよ終盤へとさしかかった。選手それぞれが久々の実戦で得たであろう課題と収穫を見つめ、残り4日沖縄の地で己の技術にさらなる磨きをかける。連日練習と試合が続くハードスケジュールの中で、新体制のワセダがいかに仕上がっていくか、注目したい。

(記事 芝原健輔、写真 谷田部友香)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※記事中の学年は新年度のものです。

関連記事

攻守『1』にこだわる、高橋イズム/沖縄キャンプ(3/21)

鮮やかな逆転劇!新チームは白星発進/春季オープン戦(3/22)

コメント

高橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――きょうのオープン戦は2―4という敗戦でしたが、どのように捉えていますか

8回まで2―0で勝ってましたからね。あの回を潰したのはピッチャーの責任だと思いますね。特にヒットばかりで打たれているのであれば、ピッチャーの責任も半減しますが、四球ですからね。ストライク率が悪すぎますよね。

――きのうおっしゃられたミスからの失点ということになってしまいましたが

四球が2つ続いて、打たれてその後エラーでしょ。ああいうビッグイニングを作るピッチャーやチームは良くないですよね。2点は仕方ないですが、1イニングに3点はピッチャーの責任であるし、大体はエラーも絡んでいるでしょうからね。野球で点数が大きくなるところは四死球とエラーですよね。ヒットを多く打たれて3点、4点取られるのは少ないですよ。

――試合後、選手たちには何と声をかけましたか

いまみたいなことと2―0で勝っているときもバントが決まっていない。結果的に進塁打を打ててはいるんですが、結果的な問題で、1ストライク、2ストライクまでのバント。9回1、2塁の時のだけですよね。きちっと決まったのは。あとはね、全然決まってないですよ。

――その9回の場面では代打に佐藤晋甫選手(教2=広島・瀬戸内)が起用されましたが

けさ非常に(バットを)振れていましたからね。左ピッチャーだったのでね。左バッターでもよかったかなと思いながら、彼は非常に振れていたので、行かせました。

――練習で熱の入った指導を受けていた立花玲央選手(人3=千葉英和)を起用するのかなと思っていましたが

右ピッチャーだったらわかりませんけど、左ピッチャーでしたからね。左ピッチャーだから左バッターは打てないということはないですが、佐藤は良い打球が出ていたと思ったので、使いました。

――試合後は黄本選手のブルペンでの投球をご覧になっていて、何か感じたことはありますか

気持ちの部分が大きいですよね。敗戦の責任を本人も感じているでしょうし、私が言うまでもないかなと。全体のミーティングでも言っていたので、そこは自分で感じて投げ込んでいたのではないかなと思います。

――黄本創星選手(スポ3=千葉・木更津総合)はきのうに続いてリリーフでの連投でしたが、先発よりもリリーフとして起用していきたいですか

そうですね。そういうポジションですからね。きょうみたいな時はきちっと抑えてくれないといけない。前の二人(北濱、宮本)はきっちり抑えてくれましたからね。ただ社会人のチームは黄本のような球が一番合うんですけどね。それにしても、最初のランナーを2人四球で出したのはだめですよね。