メニュー

ERROR

2015.03.22

三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント2015 3月20日 早大東伏見三神記念テニスコート

力を尽くし上位進出を果たす

 後半戦に突入した早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント2015。優勝の二文字を目指す選手たちの戦いはますます激しさを増している。本戦5日目のきょうはシングルス準々決勝、ダブルス準決勝が行われ、今井慎太郎(スポ4=神奈川・湘南工大付)がシングルスで4強入りを達成。河野優平(スポ2=福岡・柳川)と共に挑んだダブルスでも、第1シードを破るという快進撃を見せた。

 ここまですべての試合でストレート勝ちを収めている今井。好調を保ち臨んだシングルス準決勝は、2日前のダブルス準々決勝で対戦したLICCIARDI Pietroとの再戦となった。「相手があまりフットワークの良い選手ではないということは分かっていた」と、スライスを織り交ぜたプレーで相手を振りミスを誘う。この作戦が功を奏し、危なげなくファーストセットを奪った。続くセカンドセットでは出だしはキープしたものの、「大事なところで引き地味になってしまった」と、7回に及んだジュースの末第2ゲームを落とす。第3ゲームでもブレークを許したが、相手のショットを粘り強く返しその後の第4ゲームではキープに成功。相手のペースを崩し、6-1、6-2で決勝進出を決めた。

見事4強入りを果たした今井

 一方の男子ダブルス決勝は、第1シードである江原弘泰(日清紡ホールディングス)・小ノ澤新(イカイ)組との対戦。「自分なりにいいプレーができていたと思います」(河野)。このように語ったファーストセットでは、鋭いサーブにより詰まったリターンをボレーで決めるというパターンが型にはまる。積極的なボレーで主導権をつかみ、6-3でこのセットを奪った。だが、続くセカンドセットは6-6まで互いにキープし合う展開となり、タイブレークに突入。5-4まで競り合ったが、「上げて上げてと互いに声掛けをしながらやってきた」(今井)という今井・河野組が勢いで勝り、2ポイントを連取。6-3、7-6(4)で勝利を収めた。

ネットプレーが光った今井・河野(手前)組

 あすのシングルス準決勝では今井が予選から勝ち進んできたChu-Huan  YI選手と対戦する。いよいよ決勝戦を迎えるダブルスでも、「変に力まず、チャレンジャーとして挑んでいきたい」(河野)と、隙あらば勝利を狙う心積もりだ。

 

(記事、写真 山本葵)

※記事中の学年は新年度のものです

結果

▽シングルス

準々決勝

○今井慎太郎(6-1、6-2)LICCIARDI Pietro(イタリア)


▽ダブルス

準決勝

○今井慎太郎・河野優平組(6-3、7-6(4))江原弘泰(日清紡ホールディングス)、小ノ澤新(イカイ)組


コメント

今井慎太郎(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――シングルスを振り返って

相手があまりフットワークの良い選手ではないということは分かっていたので、スライスを多く使って揺さぶってみたりサイドに振ったりというのを作戦を練ってやっていて。それがうまくいったのでスコア的にはああいった形で勝つことが出来ました。ただ、やはり大事なところで引き地味になってしまって。セカンドセットの2ゲーム目からもつれてしまったので、大事な局面こそ思いっきりいくべきだという課題もみつかりました。

――ダブルスではリターンをボレーで決めてポイントを取る場面が多かったですね

そうですね。河野(優平、スポ2=福岡・柳川)も良いサービスを持っていますし、自分もサービスでしっかり押して河野にキャッチさせるというという一つのいいパターンがあって、そこを生かしていきたかったので。少しうまくいかなかった部分もありましたが、サービスをしっかり入れてボレーで決めるという形が全体的には成功したかなと思います。

―――一方のリターンゲームはいかがでしたか

特に小ノ澤選手(新、イカイ)の左利きの独特の曲がるサーブに対してファーストセットではうまく合わせることができなかったんですけど、セカンドセットでは自分の方はうまくリターンを合わせられるようになってきました。河野の方は少し引いてしまった部分もあったのですが、ああいった状況で緊張するのはよく分かるので、そこでしっかり上げて上げてと互いに声掛けをしながらやってきて。最後のタイブレークでしっかり締めることが出来たので良かったです。

―――きょうの試合に点数をつけるとしたら何点くらいでしょうか

正直、60点くらいですね。

――あすのシングルスはどのように戦っていきたいですか

相手選手は何しろサーブが速いので、あのサービスをしっかり返して、ネットプレーで気分を良くさせないようなリターンをしていくべきかなと思います。展開が速くなるとは思いますが、単発のミスを連発するのではなく出来るだけ粘り強くプレーしたいです。

――ダブルスは決勝戦となります。意気込みをお願いします

ここまで来たらもう自分たちの力を出すだけなので、相手はもちろん強敵ですが、相手がどうであれ自分たちのプレーをしっかりするということを意識してやっていこうと思います。

河野優平(スポ2=福岡・柳川)

――決勝進出を決められた今のお気持ちは

セカンドセットは足を引っ張ってしまった部分があって。助けられての勝利でしたが、決勝戦に出場できることが素直にうれしいです。

――きょうの試合を振り返って

ファーストセットは自分なりにいいプレーができていたなと思います。でも、やはりきょうの対戦相手に対し勝ちを意識した時に引いてしまったところがあったので、決勝では変に力まず、チャレンジャーとして挑んでいきたいです。

――タイブレークを取り切れた要因は何だったのでしょうか

向こうの方がプレッシャーがあったということが大きかったと思います。それでこちらにチャンスが回ってきたという感じでした。

――リターンの調子はいかがでしたか

セカンドサーブのリターンが全然コートに入らなかったですね。しっかり修正して明日に臨みたいと思います。