メニュー

ERROR

2015.02.22

関東学生新進選手権 2月19日 神奈川・慶大日吉蝮谷コート

巽、木島が決勝の舞台へ!

 本戦6日目を迎えた関東学生新進選手権(新進)。シングルス準決勝には男子2選手、女子2選手の計4選手が出場し、男子シングルスの巽寛人(スポ2=福岡・柳川)、木島駿(スポ2=東京・日野台)が決勝進出を決めた。一方の女子は2選手共に準決勝敗退。最高成績ベスト4というかたちで今大会を終えた。

ファイナルセットを取り切った木島

 ここまで冷静なプレーで勝利を収めてきた巽。亜大の選手との対戦となった準決勝でも、危なげない試合運びを見せた。序盤から深めのストロークでラリーを続け、相手のミスを誘う。サービスゲームはすべてキープし、6-2、6-1で圧勝した。もう一方の準決勝では、木島が第1シードである塚越雄人(法大)と対戦。コートを広く使ったプレーをする相手に対応できず、ファーストセットを落とす。しかし、徐々にライン際を狙ったショットが決まり始め、セカンドセットの0-3から挽回。調子の落ちてきた相手から主導権を奪うと、2セット連取し決勝進出を決めた。

フォアハンドでコースを狙う早野

 順延試合でタイブレークを制し勝利した早野夏希(教2=東京・早実)。準決勝では「早いタイミングのラリーが好きな選手」(早野)と語る坂本明香(専大)と対戦した。緩急あるプレーで相手を崩そうと試みるも、逆に攻め込まれ先にミスをしてしまう展開が続く。コーナーへのハードヒットでポイントを奪う場面も見られたが、調子が上がり切らず3-6、2-6で敗れた。また、ファーストセットを6-1とリードしていた金井綾香(社1=東京・早実)も、セカンドセットで追い上げを見せる相手に苦戦。一進一退の攻防が続く中タイブレークでマッチポイントを握ったが、アウトが続き決め切ることができない。セカンドセットを落とすと、その後もペースを取り戻すことができず逆転負けを喫した。

 シングルスで敗退したことで昨季に続き無冠となった女子部。「本当に優勝を目指してやってきた」(金井)と語るだけに、悔しい結果となった。一方、あすの男子シングルスではワセダ対決が実現。練習を共にすることも多いという二人のどちらが頂点に立つかに注目だ。

(記事、写真 山本葵)

★男子ダブルスに松崎・小倉組が出場!

果敢にボレーに挑んだ松崎(左)・小倉組

 同日行われた男子ダブルスの試合に、松崎勇太郎(スポ2=神奈川・湘南工大付)・小倉孝介(スポ1=神奈川・湘南工大付)組が出場した。準々決勝では相手の隙を突くコースに的確なボレーを放ち、相手を寄せ付けない。「冷静かつ強気にプレーすることができた」(松崎)と、6-1、6-1で快勝した。だが、続く準決勝では慶大の格上ペアに苦戦を強いられることになる。「1戦目とは違って気が引けてしまった部分があった」(小倉)と、思うように相手を攻めることができない。ボレーのミスが見立ち、ファーストセットを2-6で落とした。続くセカンドセットでは長いジュースを制し2-5から2ゲーム連取するも、あと一歩届かず。ベスト4という成績で今大会を終えた。

結果

▽男子シングルス

準決勝

○巽寛人(6-2、6-1)仲村元希(亜大)

○木島駿(3-6、7-5、6-4)塚越雄人(法大)

▽男子ダブルス

準々決勝

○松崎勇太郎・小倉孝介(6-1、6-1)桐生光之介・韓成民(ともに慶大)

準決勝

●松崎勇太郎・小倉孝介(2-6、4-6)渡邉将司・野田哲平(ともに慶大)

▽女子シングルス

4回戦

○早野夏希(6-1、2-6、7-6(5))並木友花(筑波大)

▽女子シングルス

準決勝

●早野夏希(3-6、2-6)坂本明香(専大)

●金井綾香(6-1、6-7(8)、2-6)米原実令(筑波大)

コメント

木島駿(スポ2=東京・日野台)

――ファーストセットの立ち上がりはいかがでしたか

出だしは相手のミスもあってポイントを取れていましたが、リードしたことで途中から緊張してしまって。自分のミスが増えてしまったのがよくなかったなと思います。

――セカンドセットでは0-3から挽回されましたが、どのようなことを意識してプレーされましたか

あの場面では思い切ってプレーしていたのですが、ミスが多くて。でも、やることをやって(ゲームを)落としたのはしょうがないと思っていたので、このまま攻め続けようと思って、ボールを深く打つということに集中していました。

――セカンドセットを取り切ることができた要因は

あの場面では相手が気持ちで引いてくれたという部分が大きかったです。自分が特別何かをしたというよりは、相手の調子が下がってミスが増えたという感じでした。

――ファイナルセットはリードする展開でした

そうですね。相手はシード選手だったので、自分がノンプレッシャーで思いっきり向かっていけたというのが良かったのだと思います。

――塚越選手(雄人、法大)には、実際に対戦されてどのような印象を抱きましたか

本当にボールの使い方がうまい選手でした。きょうは運よくポイントを取ることができましたが、今後もしっかり練習しないと次に対戦した時に勝てるかどうか分からないので、頑張りたいです。

――あすの決勝はワセダ対決となりました。意気込みをお願いします

巽(寛人、スポ2=福岡・柳川)は普段の練習でもよくやる相手なのでお互い熟知していますが、その中でも自分らしさを出して頑張りたいと思います。

松崎勇太郎(スポ2=神奈川・湘南工大付)

――冬場に強化してきた点はありますか

僕はもうシングルスとダブルスどちらもやらないといけないという立場になってきていて。昨年まではシングルスだけでしたが、どちらにも出場してチームに貢献しなければならないということで、ダブルス強化を図ってきました。今回は小倉(孝介、スポ1=神奈川・湘南工大付)とペアを組んで出場しましたが、今まで取り組んできたことを少しずつではありますが出すことができて、ダブルスの感じをつかめたと思います。また春関(関東学生トーナメント)ではペアが変わったりもするので、そこに向けてこの調子で練習していきたいと思います。

――準々決勝の試合はご自身でどのように評価されていますか

慶大のペアということで勝ち進んでくるだろうなと警戒はしていたんですけど、そこで僕たちが冷静かつ強気にプレーすることができて、相手を一切乗せることなく試合を終えることができました。6-1、6-1というスコアで勝てたということで、とてもいい試合だったなと感じています。

――準決勝も慶大ペアとの対戦でした

もちろん手強い相手だというのは分かっていて、応援の人数も多くてやりづらい雰囲気ではあったんですけど、チャンスは何回もありました。そこをものにできなくて相手にうまくやられたという感じだったので、まだまだダブルスでの課題が多く見えた試合だったと思います。

――小倉選手と組むのは今大会が初めてだと伺いましたが、組まれてみていかがでしたか

そうですね。彼がケガをしていたので新進(関東学生新進選手権)が始まる直前まで全然練習ができていなくて、合わせるチャンスはほぼゼロでした。そういった状況の中で彼は試合を積むにつれてすごく成長して、彼なりにやるべきことをやろうとしていました。今回の試合が良い刺激になってくれればいいなと思います。

――春関への意気込みをお願いします

シングルスもダブルスも優勝を目指すべき立場にいると感じています。この冬場の追い込みというのが今後重要になってくると思うので、もう一度春関に向けて一からつくり直していきたいです。

小倉孝介(スポ1=神奈川・湘南工大付)

――きょうの準々決勝を振り返っていかがでしたか

あの試合は今回の大会では一番出来がよかったなと感じた試合で、強気でプレーすることができました。今まで練習してきたことが自信となって、その集大成として表れた試合だったと思います。

――冬場に強化してきた点はありますか

ボレーが本当に苦手だったのですが、ペアの松崎さん(勇太郎、スポ2=神奈川・湘南工大付)に迷惑がかからないように、ボレーミスを減らすことを意識して練習してきました。

――松崎選手とペアを組まれていかがでしたか

試合前もなかなか二人で合わせる時間がなかったんですけど、松崎さんの方が試合経験も多いですし、高校の時からの先輩ということもあって試合中のアドバイスが自分のためになることばかりで。一戦一戦が成長できるものでした。

――準決勝ではミスが連続してしまう場面もありました

1戦目とは違って気が引けてしまった部分があって、あれだけミスをしてしまいました。相手が格上というのもありましたが、そういった選手に対して堂々と自信を持ってプレーができるほどの練習ができていなかったのだと思います。

――ベスト4という結果をご自身でどのように受け止めていますか

今回は松崎さんと組ませていただいて、チャンスだと思っていました。自分がしっかりと強気でプレーできればここまでは勝ち進めると思っていたんですけど、やっぱりもう少し上にいきたかったなと感じています。

――春関に向けて一言お願いします

春関はインカレ(全日本学生選手権)の予選でもありますし、昨年はあまりいい結果が出せなかった分、今回の新進の経験を春関にぶつけて上位を狙いたいと思います。

早野夏希(教2=東京・早実)

――中断試合はファイナルセットの5-5からでした。立ち上がりが重要になったと思いますが、どのようなことを意識して試合に臨みましたか

ここまできたら気持ちの勝負だなと感じていて、最初から思い切って打っていこうとは思っていたんですけど、やっぱり緊張してしまいました。最初のゲームはうまく体を動かすことができず簡単に落としてしまいましたが、そこからは開き直ったというわけではないですが、しっかり(ポイントを)取ることができたと思います。一球でも多く相手のコートに返して、どんな形でもいいから相手に勝ちたいと思っていたので、勝ちに徹することを心掛けました。

――準決勝を振り返っていかかがでしたか

相手の坂本さん(明香、専大)は早いタイミングのラリーが好きな選手で、早い打ち合いが得意だということは分かっていました。緩急をつけて相手のペースを崩せたらいいなと思っていたんですけど、うまく緩急をつけられず、結果として先に攻められる場面が多くなってしまって。相手の好きなパターンでポイント取られる場面が多かったというのが反省点です。

――坂本選手と対戦されたことはあったのでしょうか

はい、中学生の時に対戦したことがあります。

――久しぶりの対戦ということで、坂本選手への印象は変化しましたか

そうですね。初戦から他の試合も見ていたのですが、すごく気合が入っているなというのは感じていました。気持ちでは負けないようしようとは思っていましたが、自分の方が引くかたちになってしまったことが残念です。

――今大会で得た収穫・課題はありますか

この新進での優勝を目指して、冬場にたくさん練習をしてきました。きょうの試合は内容が良くなかったのですが、初戦から3回戦までは自分の中で今までやってきたことを出せて、良い内容の試合ができたと思います。優勝することはできませんでしたが、ここまで毎日試合ができたのはいい経験になりました。ただ、連戦で体の疲労もあってきのうきょうはしっかり体を動かすことができなかったので、連戦を戦い抜けるだけの体力はまだないなと感じました。体づくりが今後の課題です。

金井綾香(社1=東京・早実)

――前日の4回戦についてお聞きします。始終主導権を握っているという印象でしたが

そうですね。ファーストセットでちょっともつれてしまった部分はありましたが、全体的に相手の嫌がるプレーができたと思います。やるべきことをしっかりやって勝てました。

――冬場に重点的に強化した点はありますか

冬は自分の中で意識的にウエイトトレーニングなどを増やして、フィジカル面の強化をしました。筋力もついてきたと思いますし、冬休みに入ってからのボールを打つ量は他大学よりも多いという自信はあります。

――きょうの準決勝は逆転負けとなりましたが、振り返っていかがでしたか

ファーストセットが自分でもびっくりするくらい簡単に取れてしまった分、セカンドセットから相手の調子が上がってきたことに対して自分からもう少し攻めていかなければいけないなと思っていて。3-3のリターンゲームでとても長いゲームがありましたがそこを取り切れなかったということと、タイブレークのマッチポイントが2本あったのに攻め切ることができなかったというのが自分の甘さだと思います。本当に悔しい限りです。ファイナルセットは自分から中に入って、という気持ちを持ってプレーしましたが、結果としてサイドアウトをしてしまったりして。もっとショットの精度を上げていかないといけないなと思います。

――ベスト4という結果をご自身でどのように受け止められていますか

本当に優勝を目指してやってきたので、初戦からのタフな戦いを勝ち切れたことはうれしいですが、もっと頑張らなければならないなと思います。

――春関に向け、意気込みをお願いします

昨年の春関ではあまり良い結果が残せなかったので、ことしはこの新進より上位を目指して、優勝を狙って頑張りたいです。