メニュー

ERROR

« 特集に戻る

2023.05.25

【連載】春季早慶戦直前特集『慎始敬終』【第2回】尾瀬雄大

 森田朝陽主将(社4=富山・高岡商)の代役として1番・中堅に入ると、リードオフマンとして大ブレイクを果たした尾瀬雄大(スポ2=東京・帝京)。今季の好調の要因や、早大への思いについて迫った。

※この取材は5月19日にオンラインで行われたものです。

「出たら絶対結果残す自信はあった」

立大1回戦で本塁打を放つ尾瀬

――チームとしての今季を振り返っていかがですか。

 最初の方はいい感じでいっていたのですが、法大、明大に負けて、納得はいっていないかなという感じです。

――尾瀬選手個人について伺います。今の個人成績についてはいかがでしょうか。

 まずまず納得のいく結果ではあるかなと思っています。バッティングも守備もいい感じでいけているなと思っています。

――スタメンが決まった時はどのような心境でしたか。

 去年もずっとベンチにいれさせてもらっていて、いつでも出られる準備というか、いつでも出たら絶対結果残す自信はあったので思い切ってやろうと思っていました。

――去年の秋から今年の春にかけて、意識の面で変わった部分はありましたか。

 去年の秋のリーグ戦が終わった時点から、春は絶対レギュラーで試合に出るという気持ちで毎日練習をしていました。

――尾瀬選手が出塁することでチームに流れができていますが、何か心がけていることはありますか。

 自分が1番を打たせてもらっているので、とにかく1打席目を集中して、試合前から第1打席目の1球目を仕留めるという気持ちをずっとつくっています。

――今の打率について、打撃の好調の要因は何であると考えていますか。

 いつも試合前に1個やっていることがあって…。2年の田和(田和廉、教2=東京・早実)が持っているマッサージ器があるのですが、そのマッサージ器をこめかみに当てるんですよ。そしたら、目が開いて見やすくなるんですよね。それが好調の要因かなと思っています(笑)。

――対して、ここまでで見つかった課題はありますか。

 法大戦や明大戦でピッチャーのレベルが上がってきて、相手のボールも150㌔を超えてきて、そのようなスピードボールに対して振り負けているかなというのは感じています。

――初めてリーグ戦に全試合出場してみて、体の疲労などはいかがですか。

 体もけっこう疲れていて、体力ももっとつけないといけないなと思っています。

――立大1回戦の本塁打を打った時はどのような気持ちでしたか。

 あまり練習でもホームランを打つような選手ではないので、自分でも結構びっくりしています。

――法大3回戦で、抜けていれば失点していた打球でいい守備がありましたが、守備で心がけていることはありますか。

 守備は、どんな打球でも諦めずに全力で走っていくだけですね。絶対捕れると思って追っていけば大体捕れるという自信はあります。

――以前の新体制対談で、山縣秀選手(商3=東京・早大学院)が尾瀬選手のことをいいキャラをしていると話されていたのをご存知ですか。

 はい(笑)。なめていると言われました(笑)。

――尾瀬選手が、試合で「ホームラン狙ってくるわ!」みたいな感じで野球を楽しんでいるようにみえると話されていました。実際のところ、気持ちの面で意識されている部分はありますか。

 そんなにガチガチにならずに気楽にやった方がいい結果がでているので、楽でいることを意識しています。

――ここまでのリーグ戦を通して、緊張された場面はあったのでしょうか。

 一番最初の試合の1打席目はやっぱり緊張しました。それ以外は大体慣れてきて、楽にやれているかなと思います。

――今まで先輩から頂いたアドバイスで印象に残っているものはありますか。

 4番の印出さん(印出太一、スポ3=愛知・中京大中京)に「別にお前が打てなくても俺が全部打ってやるから好きにやってくれ」と開幕する前に言っていただいたことが印象に残っています。このような言葉が、自分が楽にやれている要因かなと思っています。

――目標としている選手はいらっしゃいますか。

 プロ野球選手でしたら、近藤健介選手(福岡ソフトバンクホークス)です。自分とタイプも似ているかなと思っていて、理想のバッティングスタイルだと思っています。

――同い年で活躍されている小澤周平選手(スポ2=群馬・健大高崎)についてどのように感じていますか。

 普段から仲が良くて試合中の会話も多く、2年生コンビで良い感じに貢献できているかなと思っています。

「満員の早慶戦でプレーすることがずっと夢だった」

法大1回戦でガッツポーズをする尾瀬

――入学してから3回目の早慶戦となりますが、早慶戦についてはどのようなイメージをお持ちですか。

 小学生のころから早慶戦は見に行っていて、満員の早慶戦でプレーすることがずっと夢でした。今回はスタメンで出られるということで、思い切ってプレーしたいなと思っています。

――早大に入学する前に、高校受験で一度早実高にチャレンジされていますが、早大への熱い思いはありますか。

 一度入れなかったので高校時代は勉強も頑張って、大学では絶対に入ってやろうと思っていました。

――今季の慶應大学にはどのような印象がありますか。

 粘り強いというか1回戦で負けても次の日勝って3戦目に持ち込むなど、簡単には勝たせてくれない相手だなという印象はあります。

――慶應大学の先発の外丸東眞選手(2年)、谷村然選手(4年)に対して何か対策などはされていますか。

 2人ともコントロールのいいピッチャーだと思うので初球からどんどん振っていければなとは思っています。

――早慶戦に向けたチームの雰囲気はどうでしょうか。

 もう優勝はなくなってしまったのですが、次の早慶戦もそうですし、次の秋のリーグ戦に向けてもう始まっている認識なのでピリッとした雰囲気でいい練習ができていると思います。

――最後に早慶戦に向けて意気込みをお願いします。

 早慶戦男だった蛭間さん(蛭間拓哉、令5スポ卒=埼玉西武ライオンズ)が卒業されたので、自分が早慶戦男になります!

――ありがとうございました!

(取材・編集 本田里音、写真 田中駿祐)

質問に答える尾瀬

◆尾瀬雄大(おせ・ゆうだい)

2003(平15)年8月14日生まれ。170センチ。76キロ。帝京高出身。スポーツ科学部2年。外野手。右投左打。小学生時代から早慶戦、早大への憧れがあったという尾瀬選手。憧れの舞台で躍動する姿に注目です!

« 特集に戻る