メニュー

ERROR

« 特集に戻る

2023.05.25

【連載】春季早慶戦直前特集『慎始敬終』【第1回】小澤周平

 今季開幕直前に三塁手のレギュラーの座をつかむと、攻守において素晴らしい結果を残している小澤周平。今季の活躍の要因や、早慶戦についての意気込みについて伺った。

※この取材は5月19日にオンラインで行われたものです。

「どれだけチームに貢献できたかが大事」

立大2回戦で本塁打を放った小澤

――ここまでのリーグ戦を振り返っていかがですか

小澤 いいところや、走塁ミス守備のミスなどの悪い部分の両方が出ているので、悪い部分を減らしていい部分をもっと増やしていかないといけないなと思います。

――今季の成績はここまで.297、1本塁打、1盗塁という成績ですが、この成績についてはどのように感じていますか

小澤 打率は高ければ高いほどいいのですが、どれだけチームに貢献できたかの方が大事だと思うので、打率やホームラン数をそこまで気にせずに記録に残らない部分での活躍をしていきたいです。

――打撃についてですが、高校時代から一本足からのフルスイングというフォームから変えた部分は何かありますか

小澤 高校野球は金属バットで、当たればある程度飛んでいくのですが、金属から木製になって芯で捉えなければいけなくなったので、よりコンタクト率の上がる構えに変えました。具体的には動きを少なくすることで、バットを立てたまま振り下ろすことを意識しています。

――今季は飛躍のシーズンとなっていると思いますが、昨年の一年間を振り返っていかがですか

小澤 1年生としての雑用や悔しいことも経験しながら、そこで地道に自分の中でトレーニングできたことが評価できる部分かなと思います。

――今年の春は沖縄キャンプに入っていましたが、沖縄キャンプを振り返っていかがですか

小澤 沖縄キャンプが自分の中で一つのターニングポイントかなと思います。そこでしっかりと結果を残せたからこそ、今レギュラーになれていると感じています。

――沖縄キャンプで結果を残せた要因は何ですか

小澤 いつチャンスが訪れるか分からないところで、キャンプではシートバッティングや試合でチャンスを貰えて、その少ないチャンスをモノにする準備が常にできていたことが要因かなと思います。

――今季は開幕直前のオープン戦でスタメン入りだったと思いますが、スタメン入りされた経緯などあれば教えてください

小澤 全体LINEでスタメン表が送られてくるのですが、まずベンチに入っていることがあまりなかったので、ベンチに入れていることにまず驚きました。その次にスタメンを見ると自分の名前があったので、自分でも詳しいことは分かりません(笑)。

――三塁手ということに驚いた部分はありましたか

小澤 それまでずっとセカンドを練習してきてサードは頭にはなかったのでびっくりしました。

――本職は二塁手である中で、三塁手としての守備についてはいかがですか

小澤 セカンドは足を使って動きながら投げることが多いので、セカンドでやっていた動きを応用してサードでも足を使ってスローイングすることを心がけています。

――続いて今季のリーグ戦についてお話を伺います。今季のリーグ戦はどのようなお気持ちで臨まれていますか

小澤 熊田さん(熊田任洋副将、スポ4=愛知・東邦)や印出さん(印出太一、スポ3=愛知・中京大中京)といった絶対的なレギュラーではないので、フレッシュにミスを恐れずにガツガツとやっていこうという気持ちでやっています。

――プレーの中で意識していることはありますか

小澤 「謙虚にプレーすること」を金森さん(金森栄治助監督、昭54教卒=大阪・PL学園)によくお言葉としていただきます。ホームランが出た次の打席でもセンター返しを狙いにいったり、守備でも難しい態勢で取ったらワンバウンドで返球したりすることを意識しています。

――小澤選手は甲子園でもプレーされていますが、甲子園でプレーすることと、六大学でプレーすることの違いはありますか

小澤 全部同じ気持ちでプレーしているので、特にないかなと思います。

――環境面で応援の違いを挙げる選手の方が多いのですが、そこについてはいかがですか

小澤 セカンドとサードの違いで、サードではもろに相手の攻撃の時の応援を受けるので、少し守りづらい部分はありましたが、今は慣れて楽しむぐらいの気持ちでやっています。

――ここまで法政戦までフル出場で、全試合に出場されていますが、疲れを感じる部分はありますか

小澤 疲労はありますが、そこまで試合に影響するような疲労はないです。試合にどんどん慣れて、しっかりと結果を残せる状態に近づいてきています。

――ここまで対戦された投手の中で、印象に残っている投手はいらっしゃいますか

小澤 まずは東大の鈴木選手(鈴木健、4年)です。自分が初出場ということもあって、何度も何度も映像を飽きるぐらいまで見返したので、すごく印象に残っています。あとは、法政大の塙投手(塙雄裕、4年)のフォークボールです。フォークボールがすごく落ちていて、これが六大学の変化球なのだなと感じました。

――現在何か意識して練習されていることはありますか

小澤 金森さんの指導の中でずっとやってきたことではありますが、センター方向に強い打球をライナーで飛ばすということをやっています。

――現在のコンディションはいかがですか

小澤 体の痛い部分もなく、体のキレもいいので、早慶戦に向けていい準備はできています。

「この中でプレーしたらどうなんだろうという想像をかき立てられるような印象」

東大1回戦で攻守を見せる小澤

――続いて早慶戦について伺います。早慶戦の印象について何かありますか

小澤 昨年はライトスタンドで見ていたのですが、応援席が内野と外野で二つあることに驚きました。にぎやかだなという印象です(笑)。

――その部分以外で、何か観客の規模や環境面で感じたことはありますか

小澤 一球一球のプレーに対して球場内が熱気に包まれていて、この中でプレーしたらどうなんだろうという想像をかき立てられるような印象を受けました。

――慶大の1回戦の先発予想は群馬県の決勝で戦った外丸選手(外丸東眞、2年)が予想されますが、その点についてはいかがですか

小澤 気合が入っています。群馬県の決勝で延長12回やってヒットが1本も打てなかったぐらいこてんぱんにやられているので、ここでリベンジを果たしたいです。

――最後に早慶戦への意気込みをお願いします

小澤 力まずに、自分のできることをしっかりとやってチームの勝利に貢献していきたいです。あとは外丸を攻略して、リベンジを果たしたいです。

――ありがとうございました!

(取材・編集 田中駿祐、写真 荒井結月、湊紗希)

質問に答える小澤

◆小澤周平(おざわ・しゅうへい)

2003(平15)年7月26日生まれ。170センチ。69キロ。高崎健康福祉大高崎高出身。スポーツ科学部2年。内野手。右投左打。高校時代の群馬県大会決勝で戦った外丸選手との対戦についてかなり気合が入っていると話してくださった小澤選手。リベンジの一発に期待です!

« 特集に戻る