【速報】博報堂 電通が買収

  メディア事業大手の電通が、海外本社の電通・イージスグループを通じて、同国内2位の博報堂DYホールディングスを買収すると21日発表した。買収額は非公表だが数千億円規模と見られる。これにより電通は国内1位の座をさらに強化し、世界でも第4位の米・インターパブリック・グループに並ぶ見通し。

 加えて電通はこの買収により、かねてより就職活動でネックとなっていた「電博違いがよく分からない問題」に終止符を打ちたい模様。就活生の間では「もう両社の違いを考えずに済む」と歓迎の声が広がる。一方、博報堂DYホールディングスの関係者は「電通に買収されてもウチはウチだから」と述べており、自社の持つスタイリッシュなイメージを死守したい思惑が見える。さらに今回の買収により、博報堂は博報堂dentsuに改称する見込みで、国内企業からは「ややこしい」、「結局何が違うんだ」、「名刺は100色になるのか」との声が上がっている。

※この記事はフィクションです。実在の企業との関係性はありません。

(記事 高柳 龍太郎)

高柳 龍太郎のその他の情報はコチラ!

早稲田スポーツ新聞会って何?

『怪物』宮本、見せた! 劇的弾で優勝へ前進

【広告】ワセダ×『天皇の料理番』!?